ガジェット好きの戯れ言 L-05D(Optimus it))
サンプル
~金なし携帯好きが好き放題語ります~

ドコモオンラインショップでL-05D(Optimus it)に機種変更

 こんにちは。今回は前回の記事で、


 『故あってパケ・ホーダイフラットに加入することになった』


 という理由をご説明しようと思います。
 
その理由

 その理由はドコモオンラインショップで「GALAXY NOTE(SC-05D)」を「L-05D(Optimus it)」に機種変更したからです。

 
 昨日(2014年3月23日)で一通り出尽くしましがドコモオンラインショップで格安機種変更キャンペーンをやっていました。私としては本当は「GALAXY SⅢ」が欲しかったのですが、冗談抜きで競争率が激しそうなので無難な「L-05D(Optimas it)」にしておきました。


 実際瞬く間に売り切れていましたし・・・。


 まだ「L-05D(Optimus it)」と「 F-03E(Arrows kiss)」は在庫があるようです(2014年3月24日現在)。「 F-03E(Arrows kiss)」は1,050円ですよ。ただしパケットフラット契約必須ですが。


 ドコモオンラインショップスプリングバーゲン


 どうせフラット強制だろうと思っていたら案の定です。ただパケホーダイライトとパケホーダイフラットの両者から選択可能でした。私がパケホーダイフラットを選択したのは完全な勘違い。だって日割りになるって話出てたから。


 NTTドコモ、2014年4月1日よりパケット定額サービスなどの定額料を日割り計算に変更


 4月からだったか・・・orz。しかも『MNP・新規に限る』とのおまけつき。


 というわけで3月いっぱいは『7GBまで使い放題ドコモ純正XiSIM』が手に入ってしまったのです。それならばISPセット割りを駆使してでも試したかったことを試していきましょう。


 少し話がそれますが今回のドコモの改訂は結構重要な所かもしれません。今回の改訂でドコモさんはauさんのパケット定額サービスの適用関係とあわせたということですから。


 このあたりの適用関係は各キャリアで微妙に異なっていて、しかも異常にややこしいので、機会があったら別に稿をたてたいところです。
 
L-05D(Optimus it)に機種変更した理由

 さて「L-05D(Optimus it)」自体の使い心地はまだ日が浅いので少し置いておいて、なぜ「NEXUS 5」・「iPhone5(au版)」を持っているのに、わざわざ2012年発売の「L-05D(Optimus it)」なのか。もちろん3,150円だったということが90%なのですが、それだけでなく実はスマホで「おサイフサービス」を使いたかったからなのです。


 私がもっているAndroid4.0以降の端末で「おサイフサービス」に対応している端末はなし。Android2.x系列を含めてもau「IS14SH」しかありません。後は全部非対応なんですね。まあ機種変激安端末や白ロム、MNP一括0円とかに落ちてきた端末しか手を出さないからなのですが。


 私はスマホにワンセグ(フルセグ)も、赤外線も、キャリアメールも、キャリア独自サービス(ドコモのdマーケット等々)も求めていないのですが、唯一おサイフ機能は欲しいなぁと思っていたのです。やはりカードに比べて電波が届いていさえいればチャージできるので便利です。


 またポイントの2重取りが出来るのもなかなかお得感があります。T-POINTやPONTAはEdyやsuicaと併用できますから。またEdyは時々チャージでもポイントがたまるキャンペーンをやっていることがことがあるので、この場合3重取りになるんですね。こうなってくるとポイント加算分も馬鹿にならなくなってきます。


 今もやっています。 

 
 https://www.rakuten-card.co.jp/e-navi/p/enavi/include/campaign/detail/111775/detail.html


 さて、今まではおサイフ機能は「G'zONE TYPE-X」を使っていたのですが「au WiFi WIN」サービス終了が間近に迫ってきた今、さすがに替わりの端末が欲しいというのが正直なところ。


 「au WiFi WIN」のサービスが終了すると「G'zONE TYPE-X」でチャージするにはパケット使うか、店頭でチャージするしかなくなりますから。


 機種変したのはそんなわけです。
 
外観

 では、早速外観から見ていきましょう。L-05D(Optimus it)自体の前に、ドコモオンラインショップで購入するとついてくるという「ドコモダケマグカップ」から


 dokomodake.jpg


 最初見たときにどこがドコモダケなのかさっぱりわからなかったのですが、熱い飲み物を注ぐとドコモダケが現れるんだそうです。試してみました。


 dokomodake1.jpg


 みるみる変っていくので結構楽しい(^_^)


 さて、今度はL-05D本体です。まずは同封されている内容物から。


 L-05Dbattery.jpg


 LGさん太っ腹なことにバッテリーが二つ、更になんとバッテリーチャージャーまでつけてくれました。・・・バッテリー二つ!?それは自ら「電池持ち悪いっすよ」って認めているようなものですよね。
 
携帯電話がバッテリー切れを起こした場合のおサイフ機能

 おサイフサービスって使いたいときに使えないと困るサービスです。例えばモバイルsuicaの場合。


 モバイルsuica良くあるご質問


 このページの中段の質問(以下上記サイト様から転載しています)


 

 Q:携帯電話機が電池切れとなっても使えますか?


 A:通話や画面表示ができなくなってしばらくの間(電池の劣化度合いや使用環境などで異なります)は、電池残量により自動改札機の通過が可能な場合もあります。しかし、電池の残量が完全になくなると全てのサービスが利用できなくなります。なお、改札から入場後にこのような状態になった場合は、SF、定期券およびモバイルSuica特急券のいずれの利用であっても、利用区間の運賃(必要により料金)を全額現金でお支払いいただきます。電池の残量には十分ご注意のうえ、きちんと充電された状態でのご利用をお願いします。



 ・・・結構シビアなんですね。もっともモバイルsuica(Felica)に必要な電力というのはごくわずかなので、バッテリー切れ起こしてもしばらくは改札ぐらいは通れるそうなのですが・・・。とはいえ電車乗っている間、気になってしまって気が散ることは間違いないです。長距離や遅延していたらなおのこと。


 もしかして電気大食らいのスマホとおサイフサービスって非常に相性の悪いものではないんか?ユーザーさんがおサイフ機能を放棄してiPhoneやグロスマ(世界的に販売されているスマホ)に流れた一因はこのあたりもありそうです。


 とはいえ近頃のAndroidスマホ(2013年あたりから販売されたもの)は、バッテリーの持ちがかなり改善されているようなので、もしかしたらiPhoneやグロスマからおサイフ機能付スマホ(ガラスマ?)への回帰があるかもしれません。


 んで、実際L-05Dのバッテリー持ちを調べてみたら本当に悪いです。使い方にもよりますがみるみる減っていきます。「G'zONE TYPE-X」は2,3日は平気で持ちますのでこのあたりは非常に残念。
 
L-05D本体の仕様
 
 では、ようやく本体に移ります。


 L-05C(Optimus it)の仕様を簡単に見ていきましょう。例によって興味ないところは省いちゃいますので、より詳細なスペックを知りたい方はドコモの公式サイトをご覧になってください


 
OSAndroid4.0.4(初期状態)→4.1.2初期状態では4.0.4でした。アップデートで4.1.2まで上がります。ドコモの電波を受信していないとアップデートできないので(SIM抜きではアップデート出来ない)、試しに「DTI Servers Man LTE」のSIMを挿してアップデートかけたところなんなく成功しました。
CPUMSM89601.5GHz(Dual Core)NEXUS 5が「MSM8974 2.26GHz(クアッドコア)」であることを考えると少し型落ち感はありますね。
メモリRAM:1GB / ROM:8GB「NEXUS 5」のRAMは2GBですから多いとはいえません。とはいえWX06K(ハニービースマホ)のRAMは512MBしかありませんでしたから、十分な量を積んでいるのではないのでしょうか。
ディスプレイ約4インチWVGA(800×480)
iこれまた今時のスマホとしては小さいと思います。もっともiPhone5と比べると大して違いはありません
アウトカメラ約820万画素CMOS近頃今更ながらにiPhone5のカメラの性能の良さと、iCloudの便利さに気がつきまして、撮影はほとんどiPhone5です。L-05D(Oputimus it)のカメラは・・・う~んよくわからん。素人なので。
インカメラ約32万画素CMOSおっさんには使い道がないです。
防水対応しています防水対応はうれしいですね。Android4.X系列では初の防水端末です。
バッテリー容量1650mAh今時のスマホと比べるとかなり少ない容量だと思います。なのでバッテリー持ちはかなり悪い印象。ヘビーに使うならばあっという間にバッテリー切れを起こすでしょう。だからこそ予備バッテリーとバッテリーチャージャーが付属しているのでしょうから。
WiFiIEEE 802.11 b/g/nちかごろ対応端末が多くなっているIEEE 802.11a/b/g/n/acには対応していません。よって5GHz帯を使った無線LAN通信はできません。残念
通信方式Xi(2100MHz帯)
3G(800MHz帯/2100MHz帯)
Xiは800MHz帯(プラチナバンド)には対応していません。恐らく近頃運用が始まった1700MHz帯にも対応していないでしょう。1500MHz帯は確たるソースを見つけられませんでした。
 3Gは800MHz帯に対応していますから、FOMAプラスエリアでの運用ができますね。まあドコモ純正端末なのだから出来てもらわなくては困るのですが。
ワンセグ
対応していますなくてもいいけど
おサイフ(Felica)対応していますこれは重要。ただしFelicaのみの対応で、NFCには対応していません。現段階では全く困らないですが。L-05D(Optimus it)でのおサイフの使い勝手については別に稿を立てる予定。
連続待受時間3G(330時間)
LTE(260時間)
LTE時の待受260時間はやはり長いとはいえないでしょう。しかも何のかんので使っていたらもっとバッテリー切れは早まりそうです。
外部メモリMicroSDHC32GBまで外部メモリ使えると気持ちに余裕が出来ますね。
SIMカードサイズmicroSIMFOMAのSIMでは通信できません。
テザリングWiFiテザリング
USBテザリング
Bluetoothテザリングには非対応です。受け手(PANU)にもなれません。
BluetoothBluetooth4.0使用できるプロファイルは以下の通り。
HSP、HFP、OPP、A2DP、AVRCP、SPP、HID、PBAP、FTP、GATT
NOTTV対応していませんしてなくていっこうに構わないです。
赤外線対応しています対応しているんだ!?韓国のメーカーなのに。
その他特記事項LG  ON -SCREEN対応LG端末といえば「LG  ON -SCREEN  PHONE」!!なのかどうかは正直不明ですが、LG端末おなじみの「LG  ON -SCREEN  PHONE」に対応しています。これどんなものかというと以前の記事が詳しいです。

 コンデジ携帯「L-03C」【その2:レビュー】

 今回も久しぶりに「LG  ON-SCREEN  PHONE」を使ってみましたが、正直、ファイルのやりとりなどは今となっては「DROPBOX」などのクラウドストレージ使った方が楽だと思います。

 使用方法などは時間があったらやってみようかと思っています。



 おサイフ機能については試してみたいことがたくさんあるので別に稿ををたてようとは思いますが、「LG ON-SCREEN PHONE」については時間がない可能性が高いです。


 正直「LG ON-SCREEN PHONE」というサービス、2014年となった今では長文のメールを送るときぐらいしか使い道思いうかばないもんなぁ。それならパソコンから送ってしまった方が楽だし。相手がパソコンメール拒否していれば別ですが。


 なにか面白い使い道があったら教えてください。


 では。


 


  
web拍手 by FC2
応援してくれるとありがたいです
にほんブログ村 携帯ブログへ
[ 2014/03/25 22:00 ] docomo L-05D(Optimus it)) | TB(0) | CM(0)
プロフィール

kftv21

書いている人:kftv21

 ただの携帯好きです。

スポンサードリンク
Lc.ツリーカテゴリー