ガジェット好きの戯れ言 PC
サンプル
~金なし携帯好きが好き放題語ります~

あけましておめでとうございます

 あけましておめでとうございます。すっかり更新頻度が落ちてしまいましたが、今年も本ブログをよろしくお願いします。


 さて本当は年をあける前に終わらせておきたかったのですが、現在自宅のシステムを構築中です。


 去年は久しぶりに自作マシンを更新しESXi環境を構築したり、激安で手に入れたHPのシンクライアントをファイルサーバに改造したりとモバイルからかなり離れたことをやっていましたが、バラバラにやっているのでまとまったシステムとして各機器を連携していきたいと思いました。


 そこで以下のようなシステムを構築することに。

 
  1. 各サーバへのアクセス用クライアント兼日常使用メインマシン 
     愛用の東芝dynabook R734/k
     13.3インチノート
     CPUCorei3 4000M
     メモリ 4GB
     SSD 256GB(換装済)
     OS 10Pro
     
  2. 検証用というかお遊び用ESXiサーバ
     自作PC
     CPU Corei5-6500
     メモリ 16GB
     中古NEC(MegaRAID)アレイコントローラ
     SSD128GB×2 RAID1
     HDD 3TB×2 RAID1
     1Gb 4ポートのサーバ用NIC増設
     ESXi 6.0 U2
     
  3. ファイルサーバ
     HP Thin Client t5570+WD 3TB HDD
     CPU VIA Eden Nano
     2GB
     SSD 2GB
     HDD 3TB
     ArchLinux
     
  4. バックアップサーバ
     HP MicroServer
     CPU Turion NEO N54L
     2GB
     中古富士通(MegaRAID)の中古アレイコントローラ増設済
     SSD 256GB
     HDD 1TB×4 RAID5
     Linux Mint18
     
  5. 無線アクセスポイント
     TP-LINK ArcherC20
     
  6. NWスイッチ
     TP-LIMK イージースマートスイッチ TL-SG108E  
     HP 1410 8G アンマネージドスイッチ
     
  7. UPS
     OMRON BY50S


 ブログで紹介していない機器もたくさんあるのですが、ともかく購入するのはいいけどもまったく構築する暇がない。ましてやブログで紹介しようにもそこまで使い込むなんてとてもとても。

 
 このほかにも勉強用にとか、面白そうだという理由で購入したはいいが使っていない機器がたくさんあります。整理しなくては。。。


 とりあえず年始休みの目標はバックアップサーバの構築とUPSをきちんと設定すること。


 とりあえずはESXiサーバの仮想OSイメージとファイルサーバのデータをバックアップサーバにバックアップ中なのですが、定期的にバックアップが可能なようなところまで持っていきたいです。rsyncとcronでできるのかな?


 UPSはせめてきちんとシャットダウンできるようなところまで持っていきたいのですが、もう購入して4か月以上たつのにさっぱり設定が進まない。せっかくキャッシュ搭載のアレイコントローラを追加しているのにこのままではライトバックモードにできません。


 というわけで年明け早々ずっといじっているのです。なんだかなぁ。。。


 とりあえず今年もよろしくお願いします。


 では


 


 
web拍手 by FC2
応援してくれるとありがたいです
にほんブログ村 携帯ブログへ
[ 2017/01/02 12:00 ] PC 自作パソコン | TB(0) | CM(0)

Windows 10 anniversary updateを適用したら無線LANが使えなくなった

 お久しぶりです、1か月以上更新できず申し訳ありません。

 
 あいかわらず機材やガラクタのようなものは増えていくのですが、休日はそれの整理やセットアップに追われ、更にうまく動かないことも多く、ブログに紹介するレベルまで持っていけなというのが実情です。もっと時間がほしい。。。

 
 さて今回は愛用の東芝dynabook(Windows7Proから10 Proにアップグレード)にWindows10 anniversary updateを適用したら無線LANが使えなくなったというネタです。


 しつこくupdateを勧めてくるため、仕方なく適用したら無線LAN経由でインターネットにつながらなくなりました(有線LAN経由では接続できる)。ローカルレベルでは接続できているので調べるとDNSサーバの参照できなくなっているとのこと。


 でも同じアクセスポイント(TP-LINK製 archer c20)に接続しているiPhoneやiPADでは全く問題なくネットに接続できるので???という感じです。dynabookに設定されているDNSサーバのIPアドレスも間違っていないですし。
 

 そこで今度は手持ちのモバイルルータで接続を試みると、やはり接続はできるのですがDNSサーバの参照ができないということでネットにつながりません。


 さらにdynabookにデュアルブートしてあるLinux Mintを起動し試してみると、全く問題なく無線LANでネットに接続ができます。これで原因はハードではなくanniversary updateにあることがはっきりしました。もっとも詳細な原因はなんなのかわかりませんが。


 とりあえず、設定>更新とセキュリティ>回復から以前のビルドに戻すを選択、anniversary updateを取り消すと無事無線LAN接続も復活しました。一安心です。


 どうもanniversary updateは結構不具合が多いようです。修正されるまでしばらく様子見ですね。


 では。


 
web拍手 by FC2
応援してくれるとありがたいです
にほんブログ村 携帯ブログへ
[ 2016/10/30 16:00 ] PC Windows10 | TB(0) | CM(0)

ノートPCをモバイルルータ化する

 世間ではシルバーウィークの真っ最中です、旅行等にお出かけの方も多いのではないでしょうか。私はというと実家に帰っております。


 さて実家にも愛用のノートPC、iPhone6、XperiaZL2、iPAD Air(初代、Softbank版)を持ち込むガジェットバカな私なのです。ただ実家はインターネット環境はあるのですが無線LAN環境が整っていません。


 いつもはパケット代節約のために小型の無線LANルータを持っていくのですが、今回はあいにく忘れてしましました。


 もちろんXperiaのmineoでテザリングをすれば通信は可能なのですが、そうなるとmineoの3GB制限が怖くなります。そこでPCを無線LANルータ化してみようと思った次第。
 
やってみた

 PCを無線LANルータとして使うのに、特別なソフトは必要ありません。Windows Vista以降のOSに標準で搭載されているSoftAPという機能を使用します。以下のやり方を記載いたしますので参考にしてください。なおWindows10での手順となります。あと当たり前ですが無線LANを搭載しているPCであることは必須です。
 
  1. 搭載されている有線LANアダプタを確認する。
     "コントロールパネル"⇒"ネットワークと共有センター"の画面の左、"アダプタの設定と変更"をクリックします。
     

     LAN.png

     
     いくつか並んでいるかと思いますが自分のPCの有線LANアダプタの名称を確認します。
     
  2. コマンドプロンプト(管理者モードであること必須)をたちあげ下記のコマンドを入力する
     
    netsh wlan set hostednetwork mode=allow

     
  3. SSIDの名称を入力、SSID名は任意の英数字となります。私はdynabookとしました
     
    netsh wlan set hostednetwork ssid=SSID名

     
  4. パスワードを設定、パスワード部分に任意の英数字を入力してください。なお後ろのkeyusage=persistentはパスワードを永続的に使用するための記述です。
     
    netsh wlan set hostednetwork key= パスワード keyusage=persistent

     
  5. 起動します
     
    netsh wlan start hostednetwork

     
  6. コマンドプロンプトは以上で、今度は"コントロールパネル"⇒"ネットワークと共有センター"の画面の左、"アダプタの設定と変更"をクリックします。
     
  7. 開くと先ほど設定したSSIDの名前が付いたアダプタが増えているはず。そちらの名称を確認してください。そうしたら今度は最初に確認した有線LANのアダプタを操作していきます。
     

     Virtualmusenn
     
  8. 最初に確認した有線LANアダプタを選択したうえで右クリック⇒"プロパティ"として下記の画面をだし、"共有"タブを選択します。


     kyouyuu.png


     下記画面となったら上の囲みのチェックボックスにチェックを入れ、下の囲みでは上記で確認したAPの名称を選択します。これで設定完了です。


     settei.png

 
スクリプトを書いてみる

 使ってみると電波も強くなかなかに便利なのですが、Windows10ではPCをシャットダウンしたりスリープ(スタンバイ)になってしまうとSoftAPも停止してしまいます。そのたびにコマンドプロンプトから"netsh wlan start hostednetwork"と入力するのはめんどくさい。そこで簡単に再開できるようvbsスクリプトを書いてみたいと思います。


 書き方はとても簡単。以下をテキストエディタ(メモ帳など)にコピペして拡張子.vbsで適当な場所に保存するだけ。
 
Option Explicit
Dim objShel 
Set objShell = CreateObject("WScript.Shell")
objShell.Run "cmd /c netsh wlan start hostednetwork",1,true



 後はファイルをクリックするだけでSoftAPが起動するようになります。
 
無効にする

 設定したSoftAPを停止するにはコマンドプロンプトから
 
netsh wlan stop hostednetwork

 と入力してください
 またSoftAPを無効するには
 
netsh wlan set hostednetwork mode=disallow

 と入力します。使わないときはセキュリティの観点からも無効にしておくのが好ましいかと思います。
 
使ってみて

 なかなか便利です。出張先、旅行先でノートPCと有線LAN環境だけあって無線LAN環境がないような状況ではかなり役立つでしょう。使うときはスタンバイ(スリープ)に入らないように電源回りを設定しておくと更に快適に使えるかと思います。


 では。 


 
 
 
 
web拍手 by FC2
応援してくれるとありがたいです
にほんブログ村 携帯ブログへ
[ 2016/09/22 12:00 ] PC dynabook R734/K | TB(0) | CM(0)
プロフィール

kftv21

書いている人:kftv21

 ただの携帯好きです。

スポンサードリンク
Lc.ツリーカテゴリー