ガジェット好きの戯れ言 MW600
サンプル
~金なし携帯好きが好き放題語ります~

ソニーモバイル、MP3プレーヤーになるBluetoothヘッドセット

 ソニーモバイル、MP3プレーヤーになるBluetoothヘッドセット

 
 今回はこんな記事をご紹介。

 
 ソニーモバイルコミュニケーションズ(旧ソニーエリクソン)からのBluetoothヘッドセットですから、私の愛機MW600の後継機種と考えてよさそうですね。

 
 FMラジオ付なところやヘッドフォンの差し替え可能なところはMW600とそっくりです。ディスプレイ搭載なところも。

 
 ただ最大の差異は自らがMP3プレイヤーになれること。これはなかなか面白いと思います。ただメーカーのページをみると対応コーデックがMP3とPCMだけ・・・。これじゃ使いかって悪すぎますよソニーモバイルさん。

 
 あとAndoroidアプリ「LiveWare」との連携機能が強化されているのも特色ですね。「LiveWare」はGALAXY NEXUSでも使えるみたいですからね。カレンダーの通知を表示してくれるのはありがたいかも。

 
 MW600では対応していなかったマルチポイント機能も使えるようになっています。二台の携帯電話の待受が同時に可能ということですね。ただ気になるのがマルチペアリング機能についての言及がないこと。MW600は3台までマルチペアリングが可能でしたが・・・。

 
 私のような多機種使いにとってはマルチポイントよりもマルチペアリングのほうが大事。最大8機種ぐらい登録できるといいのですが。まさかXperiaにしか繋げないようにしてしまう気ではないでしょうね。メーカーページには「スマートフォン専用」と書かれていますが。

 
 というわけでメーカーのMW1ページ。こちら

 
 http://www.sonymobile.co.jp/product/accessories/mw1/index.html

 
 私としては汎用的(スマホに限らず)につかえるBluetoothヘッドセットであって欲しいですね。

 
 なににせよまだ情報不足です。さらなる情報を待つことにしましょう。

 
 では。


 -追記-(2012年12月9日)


 マルチペアリングの数は3から2に減ってしまったようです。マルチポイント対応はうれしいのですが私のような多機種持ちはマルチペアリングの数を増やして欲しかったなあ。



 


 

 
web拍手 by FC2
応援してくれるとありがたいです
にほんブログ村 携帯ブログへ

BlueSoleilバンドルのBluetoothドングルをみつけた!

 以前BlueSoleil製のBluetoothスタックを2000円ちょっとでアクティブにしたという記事をあげました。こちら

 
 BluetoothスタックBlueSoleilをアクティブにしてみた。

 
 ところが、今日ネットを探っていたらなんということかBluesoleilスタックバンドルのBluetoothアダプタを見つけてしまいました。値段はなんと880円。2000円ちょっと出してアクティブ化した私って・・・orz。とりあえずこちら。

 
 Bluetooth2.1+EDR対応USBアダプタ ALLA社 BD202-ShopU

 Bluesoleil製スタックがバンドルされていると書いて有ります。検索結果みると他にじゃんぱら等でも取り扱っているみたいですね。もっとよく調べておけば良かった。

 
 ただアクティブ化したBluesoleil製スタックは8.0~のバージョンでしたが、このドングルのバンドル版のバージョンはわかりません。もしかしたらバージョンが古い可能性はありますね。

 
 とりあえず高いものでもなし。一つポチってみます。皆様でもどうしてもBluesoleil製スタックが使いたいという方は検討してみてはいかがでしょう。

 
 届いたらレビューします。

 
 では。

 
 
 
web拍手 by FC2
応援してくれるとありがたいです
にほんブログ村 携帯ブログへ

「MW600」レビュー〜その6〜 聴き比べ その2

 さて前回からMW600を聴き比べるということで記事を書いていますが、前回は非常に中途半端なところで終わってしまいました。ごめんなさい。


 前回の記事を読んでいないと話が分かりにくいかと思いますので、まずは前回からお読みください。あと「WILLCOM 03」とBluetoothヘッドセットの接続方法はこの記事を参考にしてください。

 
 ではいよいよ聴き比べていきます。使用端末は「WILLCOM 03」。使用ソフトはメディアプレイヤーです。聴き比べる選択肢は以下の通り。
 
 1.Logitec LBT-HPS01C2(1980円)
 2.MW600(7000円)+愛用のヘッドフォン(8000円)
 3.MW600+付属ソニエリヘッドフォン
 4.愛用のヘッドフォンでの有線接続

 
 聴く曲はJIMSAKUの45°(フォーティーファイブディグリーズ)をリニアPCM(無圧縮)で取り込んだwaveファイル。詳しくは前回をお読みください。


 ただ使用端末を「WILLCOM 03」にした理由は下記サイトを見つけたから。

 
 【バリ5!】

 
 もう一つ


 私的なレビューの調べ

 
 要は「WILLCOM 03」ではアドエスさんでできた44Khz化ができないようなんです。ところがBluetooth出力だとそのまま44Khzで出力できるんだそうで。


 これはぜひ試してみないといかんなということです。まあ今更という気もしますが。

 
 では聴いていきます。聴いた順からレビュー

 
 MW600(7000円)+愛用のヘッドフォン(8000円)。
  最初はこの組み合わせで聴きました。この音を基準としてレビューしていきます。気になったのはサーっというホワイトノイズがのっていたこと。私の「WILLCOM 03」がおんぼろだからかもしれませんが。あと弱冠低音が強いかなという感じ。

 
 MW600+付属ソニエリヘッドフォン
  上記と比べて、低音が引っ込み高音が前面に出てきます。悪く言えばシャリシャリです。後やはりホワイトノイズのります

 
 愛用のヘッドフォンでの有線接続
  Bluetooth接続に比べて音の輪郭がはっきりしない感覚があります。低音、高音ともにぼやけて聞こえます。普通は無線接続のBluetooth出力のほうが音質が落ちるものですが。やはり有線では22Khzまでなのでしょうか。後有線接続なのですがやはりホワイトノイズのります。ただしこちらはBluetooth接続よりはましかも。

 
 Logitec LBT-HPS01C2(1980円)
  こりゃ、いかん。音が悪い以前に低音がよく鳴ってくれません。パソコンの内蔵スピーカーで聴いているような感じがします。ホワイトノイズものっています。

 
 というわけで結論(あくまで私見)
  
  MW600(7000円)+愛用のヘッドフォン(8000円)>MW600+付属ソニエリヘッドフォン>>>愛用のヘッドフォンでの有線接続>>Logitec LBT-HPS01C2(1980円)
 
 てな感じでしょうか。ともかくどの接続方法でもホワイトノイズがのっています。上でも書きましたが、私の「WILLCOM 03」がおんぼろだからかもしれません。

 
 う~んなんかすっきりしませんね。そりゃそうだ。これでは「MW600」のレビューなのか「WILLCOM 03」のレビューなのかはっきりしません。


 今回はあくまで「MW600」のレビュー。使用端末を無難なものに変えて再レビューしてみましょう。「GALAXY S」で聴き比べてみます。で、少し聴く順番を変えてみます。後の条件は上記のままです。

 
 まずは「MW600」(7000円)+愛用のヘッドフォン(8000円)から
 上の「WILLCOM 03」で聴いたときのような、ホワイトノイズは全くありません。非常にクリアな音を鳴らしてくれます。低音、高音のバランスもいい。

 
 愛用のヘッドフォンによる有線接続
  理論上ではこれが一番音がいいはず。聴いてみると確かにいいと思います。ただ「MW600」との差はほとんどないような気が・・・。弱冠こっちのほうが音があるべき場所にあるような気がするぐらいです。ホワイトノイズは全く気になりません。

 MW600+付属ソニエリヘッドフォン
  おおう!「WILLCOM 03」ではあまり気になりませんでしたが、明らかに愛用のヘッドフォンとは音づくりが違います。低音は鳴っていますが、輪郭がはっきりしません。というより全般的に音が横に拡がってしまっている感じがします。ヘッドフォンでこれだけ差があるとは思いませんでした。ホワイトノイズは全くありません。

 
 Logitec LBT-HPS01C2(1980円)
  音は悪いですね。これは私のへっぽこな耳でもわかります。低音はしっかり鳴らないし、何より臨場感が上3つとは明らかに違います。音の位置感が狂っているような気がします。あとホワイトノイズがかなり目立ちます。

 
 というわけで結論(あくまで私見)。
  
  愛用のヘッドフォンによる有線接続>MW600(7000円)+愛用のヘッドフォン(8000円)>>MW600+付属ソニエリヘッドフォン>>>>>Logitec LBT-HPS01C2(1980円)

 
 と順位をつけてみましたが、有線接続と「MW600」(7000円)+愛用のヘッドフォン(8000円)との差はほんとにわずか。目隠しをして聴いたら私のへっぽこな耳ではわからないと思います。


 愛用ヘッドフォンと付属ヘッドフォンは明らかに音が違います。私は愛用ヘッドフォンの音が断然好きですが・・・ここは人の好みによるのかも。


 Logitec LBT-HPS01C2(1980円)これは誰が聴いても音が悪いとわかるレベル。音楽が主目的でヘッドセットにもなるBluetoothレシーバーが欲しいのならば、頑張ってお金ためて「MW600」買ったほうが幸せになれると思います。
 
 
 こんなところです。前回、今回と「MW600」の聴き比べをしてきましたが、なぜかアドエスさんや「WILLCOM 03」の音の評価まですることになってしまいました。


 今回の検証でわかったことは、「MW600」の出来は本当に良いということ、それと想像以上にヘッドフォンによる音の違いもあるんだということです(あくまで違うという表現に留めておきます。良い悪いは人それぞれでしょうから)。


 後、再生機種による違いもかなりあるのかも。こちらは私の「WILLCOM 03」がおんぼろなだけかもしれませんが。

 
 もっといいヘッドフォンに手を出してみたいなあと思いつつ、財布の中が悲しいことになっている自分に気づくのでした(泣)。
 
 
 では。
 

 


web拍手 by FC2
応援してくれるとありがたいです
にほんブログ村 携帯ブログへ
プロフィール

kftv21

書いている人:kftv21

 ただの携帯好きです。

スポンサードリンク
Lc.ツリーカテゴリー