ガジェット好きの戯れ言 GalaxyS
サンプル
~金なし携帯好きが好き放題語ります~

AndroidでWake on Lan(Wol)

 以前「RemoteBoot」というアプリを使って、「iPhone4」上で「Wake on Lan」を動作させることに成功しました。


 ただ「iPhone4」にできることはAndroidでもやりたいのが人情。今度は「iPhone4」のライバル「GALAXYS」で「Wake on Lan」を実現しましょう。

 

 というわけで、Androidマーケットを「Wol」とかで検索すると実に様々なアプリがヒットします。正直何を選んでいいのかわからないくらい。ただ「Wake on Lan」という技術は機器の実装による部分がおおきくて、アプリ自体ははマジックパケットという特殊なデータの塊を送出するだけのシンプルなものです。


 マジックパケットを送出するだけでしたら、パーミッションは「完全なインターネットアクセス」だけで十分なはずですので、余計なパーミッションがついているアプリは避けたほうがいいと思います。

 
 そこで私は、非常にシンプルなアプリ「Wake on Lan」を使用することにしました。パーミッションが「完全なインターネットアクセス」のみなのが気に入って。こんなの


 wake on Lan

 
 設定方法はRemmoteBootとほぼ一緒。この記事を参照してください。家庭内(ローカルエリア内)LANならば、一番上は255.255.255.255。MACアドレスは調べた数値を入力してください。ポート番号はそのままで大丈夫です。

 
 で、「起動パケットを送信」ボタンを押します。設定が間違ってなかったら起動するはず。

 
 続いて一応WAN側(外部)からも検証しておきましょう。現在のグローバルIPを調べてそれを一番上に入力(ここから調べられます)。MACアドレスはそのまま。ポート番号はデフォルトのままで構いませんが、ルータ側でポート解放の手続きが必要になります。なお検証するに当たっては、VMware Playerなどが入っていたら、それらが構成するネットワークは無効にしておいたほうがいいです。(どうやら私の環境では外部からではスリープからの復帰がうまくいかないようです。内部からならうまくいくのですが。2011/09/19)。


 この設定をしてあげるとシャットダウン状態からCovia 「CMR-250」+ウィルコムアップグレード回線経由での起動に成功しました。

 
 起動に成功したら後は煮るなり焼くなりご自由に。ただしセキュリティには十分気を付けてください。特に「TeamViewer」と併用する場合は。

 
 では。


 
web拍手 by FC2
応援してくれるとありがたいです
にほんブログ村 携帯ブログへ
[ 2011/09/18 20:00 ] docomo GalaxyS | TB(0) | CM(0)

「TeamViewer」を使ってみる セットアップ編〜その2〜 Android

 前回紹介しました「TeamViewer」、実はAndroid版も存在します。「GALAXYS」にインストールして私のマイノート「NEC Lavie Light BL350」にアクセスしてみましょう。

 
 Androidマーケットから「TeamViewerFree」をダウンロードしてインストールします。アイコンをクリックして実行すると、使い方の画面が3枚ぐらい続きます。読んでも読まなくてもいいので、「次へ」を押して行ってください。そして接続画面が


 写真 1

 
 前回と同じく、メモした数値と設定した固定パスワードを入れてあげるだけです。ところがここでちょっとした問題が、Samsung日本語キーボードでのスペースの入れ方がわからない。誰かスペース入れる方法教えてください。こんな画面です。


 Team (2)

 
 私はどうやってもスペース入れることができませんでした。しょうがないので*99と打ち込まれている入力スペースを長押し>出てくるメニューから入力方法をタップ>Samsung keypad(日本語不可)に変更、それで入力します。


 Team (4)


 Team (5)

 
 丸印→丸印でスペースを入力できます。

 
 後はパスワード、パスワードはどの入力方式でも入力できます。

 
 これでパソコン側で前回と同じように設定していれば、「パートナーに接続ボタン」でつながります。こんな感じ


 Team (3)

 
 恐ろしいほど簡単です。ちなみに壁紙が真っ黒なのは壁紙を削除して「GALAXYS」に送っているからです。この手のソフトは1分間にパソコンの画面のキャプチャを何百回と行って、その画像を圧縮して絶え間なくクライアント側に送ることで、あたかも動いているように見せますので、画面はシンプルであればあるほどいいのです。


 設定で壁紙を削除しないよう設定することもできますが、回線に負荷がかかるのでおすすめしません。特に3Gで使うのならばなおさらです。

 
 その3Gでの接続も試してみます。前回と同じくCovia「CMR-250」+ウィルコムコアアップグレード回線です。これまた前回と同じくLAN内でつなぐのと全く同じ手順でつながります。やはりルータの設定ファイアウォールの設定等はいりません。


 ただし上記でもふれたように結構なデータ量を送るので真面目に使えば500万パケットなんてあっという間です。回線速度がものをいう技術ですので、規制されたらまず使い物になりません。

 
 あと家庭内LANだけでしか接続しないというかたは、


 TeamOP3.jpg
 
 
 この画面から上のほうにある、「その他」>「オプション」>「全般」>「受信LAN接続」を「同意のみ」にしてください。これで外部からは接続できなくなります。

 
 こんなところです。ともかく非常に簡単に外部からアクセスできるこのソフト。正直ちょっと怖いです。どういう仕組みになっているんでしょうね。

 
 では



 
web拍手 by FC2
応援してくれるとありがたいです
にほんブログ村 携帯ブログへ
[ 2011/09/09 21:00 ] docomo GalaxyS | TB(0) | CM(0)
プロフィール

kftv21

書いている人:kftv21

 ただの携帯好きです。

スポンサードリンク
Lc.ツリーカテゴリー