ガジェット好きの戯れ言 iPod
サンプル
~金なし携帯好きが好き放題語ります~

ジャンク品のiPOD Classicを修理してみた

 今回はジャンク品1000円で手に入れたiPodの修理してみたというネタ。

 前回同じくジャンクで手に入れたGIGABEAを修理したというお話をしましたが、今度はiPOD Classicを修理してみました。直したiPODは2004年発売のA1059 iPOD(Click Wheel)、第4世代となるiPODのようです。前回ネタにしたGIGABEAT F10と同世代の製品です。
 
動作チェック

 まずは充電してみます。。。全く反応がありません。完全に起動不可となっているようです。
 
分解してみる

 中をあけてみます。開け方は下記動画が参考になるでしょう。第5世代の動画ですが同じように分解します。

 https://www.youtube.com/watch?v=oSvxCFKT1Lc


 分解してみたらバッテリーが完全に膨れ上がっています。これでは充電できないのも納得。交換する必要があります。

 Amazonで探すと代替品があっけなく見つかりました。この辺りはGIGABEATと違いメジャーな製品ならではです。しかも安い!

 
 

 交換して充電してみたところ無事起動に成功しました。
 
HDDを交換する

 次はHDDを交換します。入っていたHDDは東芝製の20GBのもの。iPODの場合GIGABEATと違いiTunesからOSの再インストールができるので特にバックアップの必要はないのですが、念のためまた"dd"コマンドでバックアップを取ってみました。


 するとカコンカコンという異音がし、途中でバックアップが止まってしまいます。どうやらHDDも故障しているよう。まあ交換してしまうので特に問題はないです。


 まずは前回も試した東芝製ノートDynabookR724に搭載されていたmSATA接続128Bの東芝製SD。前回と同じくmSATA→ZIF変換アダプタを介して接続してみましたが全く認識しません。前回のGIAGBEATといいどうもこの世代のDACはうまく動かないようです。


 しょうがないので前回と同じくコンパクトフラッシュを使用しようと思います。購入したのは下記。あとは手持ちのMicroSDカードを
使用します。

 
  1. コンパクトフラッシュを1.8インチ東芝HDDに変換するアダプタ

     

     
  2. SDカード→コンパクトフラッシュへの変換アダプタ

     

 
交換手順

 難しくはありません。入っていたHDDを取り外しそこに上記を挿すだけです。

 iPOD.jpg


 写真ではバッテリーも新しいものと交換済みです。尚念のためアダプタと基盤が接する部分は絶縁テープを貼ってあります。

 
 iPOD2.jpg
 
電源ON

 さて、交換が終了したら電源をONにします。


 iPOD3.jpg

 
 無事起動しました。
 
残念な点

 iTunesからiPODへ問題なく曲を転送できますが、契約しているApple Musicの曲はDRMがかかっていて転送不可なのが残念。これはiOSを使用していない製品共通の制限事項ですが。


 今の状況では実際の利用はiPhoneなどのほうが便利かもしれません。


 では。


 
 
web拍手 by FC2
応援してくれるとありがたいです
にほんブログ村 携帯ブログへ

iPod nano6thを使ってみた。

 年末に大騒ぎとなった(私的には)「iPod nano」1thのリコール問題。代わりに手に入れた「iPod nano」6thを今日ようやく使ってみました。

 
 なぜ今まで使わなかったかというとBluetoothがついていないから。自転車通勤の身としてはケーブルの取り回しの必要がないBluetoothレシーバー「MW600」+「iPhone4」or「G'zOne TYPE-X」運用から離れられなくなっています。

 
 ただこのままではあまりにももったいない。前回の記事に書いたように「iPod nano」6thのカバーも手に入れたことだし一度使ってみようということになりました。

 
 IMG_0218.jpg

 
 使い方なんかは今更述べる必要もないと思いますが、デフォルトの設定が完全に英語圏用になっていたのに少し戸惑いました。FMラジオは米国の周波数になっていましたし、フィットネスの体重や身長入力もそれぞれポンド、フィート表記になっていたり。もちろん設定で変えることはできますが。

 
 それ以外はiTunesと接続してあげればいつものiPodと同じです。実際にヘッドフォンつけて鳴らしてみましたがきちんと音なります。当たり前ですが。

 
 ただなんか変わった運用方法はないものかと探していたら、こんな記事を発見。

 
 iPod nanoを腕時計として利用する技ーASCII.jp

 
 なるほど確かに腕時計としては丁度いいサイズかもしれません。Amazonなんかのぞくとそれ用のケースが多数売っています。内蔵されている腕時計のパターンも豊富で飽きが来ません。また歩数計としての精度も高いそうで腕時計兼歩数計として使えそうですね。

 
 IMG_0224.jpg

 
 でも問題点が、バッテリーを持たせるために画面のバックライトは自動的に消灯してしまいます。その都度電源ボタン押してバックライトつけてあげなくてはいけない。それって腕時計としてはどうなんでしょうね?

 
 それ以上に、そんな運用をするなら絶対Bluetooth搭載しないとだめですよね。腕からヘッドフォンのコードが伸びているなんてどう考えてもうっとおしい。

 
 iPod用外付Bluetoothアダプタも売っているみたいですが。

 
 

 
 こうなると、今度は腕時計運用が出来なくなりますね。なかなか難しいです。

 
 おそらくAppleさんも次回iPod nanoではBluetooth3.0/4.0のデュアルモードを内蔵して、音楽の無線再生に対応するのみならず、iPhoneやiPod Touchとの連携を売りにしていくのでしょう。

 
 とりあえず「iPod nano」6thは車の車載iPodDockに挿して運用するということになりそうです。1thのときと変わらず。

 
 なんか情けない結論になってしまいました。まあもともと中古の「iPod nano」1thのかわりに貰ったもの。あまりお金をかける必要もないでしょう。

 
 では。

 
 
web拍手 by FC2
応援してくれるとありがたいです
にほんブログ村 携帯ブログへ

「iPod nano」交換品が届いた!

 今日届きました!中を開けてみると間違いなく「iPod nano」の第6世代。色は銀色。容量は予想通り8GBです。同封物はこれだけ。

 
 IMG_0134.jpg

 
 AppleCare修理サービスという書面と本体だけが入っています。書面にはシリアル番号が変わった旨、それゆえ以前のシリアル番号を控えておいて欲しいとのお願い、更には送った「iPod」は以前の「iPod」よりも新しいバージョンの「iPod」である「可能性がある」(笑)との文言が記されていました。

 
 まあ実際その通りでボロボロだった私の「iPod nano」第1世代は、保護シールも剥がされていないピカピカの第6世代になって帰って来ました。私にとってはまずはめでたしめでたしです。

 
 人によっては勝手に第6世代に交換させられてショックを受けた方もいらっしゃるかもしれませんが、この第6世代、起動させてみるとなかなかいい感じですよ。

 
 実は私、第一世代「iPod nano」のクリックホイールという仕組みがいまいち使いこなせなかった人間でして、それゆえ車の「iPod」ドックに挿しっぱなしという運用をしていたのです。コントロールはカーオーディオから行うという形で。

 
 でも第6世代はタッチパネル方式に変わって非常に使いやすくなりました。「iPhone」ライクな操作感で非常にわかりやすいです。私はこっちのインターフェースのほうが好きですね。

 
 IMG_0139.jpg

 
 後は・・・そうですねとりあえずケースでも買ってあげましょうか。せっかくだからヘッドホンも新しくしたいなぁ。ヘッドホンアンプってどんなもの?

 
 などなど物欲は尽きないのでありました。

 
 では。
 
 
 
web拍手 by FC2
応援してくれるとありがたいです
にほんブログ村 携帯ブログへ
プロフィール

kftv21

書いている人:kftv21

 ただの携帯好きです。

スポンサードリンク
Lc.ツリーカテゴリー