ガジェット好きの戯れ言 2011年08月
サンプル
~金なし携帯好きが好き放題語ります~

「ハニービー3×DELL Streak」

 一部のウィルコムプラザで「ハニービー3×DELL Streak」のセットが販売中らしいです。しかもプランはGS。なのでPHSパケット完全無料です。


 「X-PLATE」ではWEBがみれませんし、モデムにもできません。よってプランGSの意味はまったくないのですが、「ハニービー3」ならばWEBが見れますし、モデムにもなります。それもパケット代無料で。使い方によっては非常にお買い得です。参考はこちら、ただし今は受付中止ですが。

 
 もしもし本舗 HONEY BEE 3 × DELL Streak←既にこの商品は取り扱っていないようです。(2011/11/11) 

 
 これって私が以前予想したとおりの展開になっているてことですよね。最も当の私自体は主回線「ハニービー3」、副回線1「X-PLATE」、副回線2「X-PLATE×Dell Streak」と持っていますので、最早打つ手なし。


 いやっ、まてよ。確かに副回線2は解約したら機種代金を一括で払わなければいけませんが(ご指摘いただきました。解約しても分割払いは継続できるそうです。ただしWVS割引はなくなってしまうとのこと。この場で訂正させていただきます。申し訳ありませんでした)、副回線1は平成23年5月31日以前の契約ですから、解約しても解約手数料も、機種代金も一切ただのはず。そのうえで副回線1に新たに、「ハニービー3×Dell Streak」を契約し直すというのはありなのか?


 サポートに電話してもいいのですが、いかんせん一部のウィルコムプラザだけというのがネック。実験的な要素が強そうな気がします。もし手ごたえがあるようだったら、9月から正式にウィルコムストアに出てくるのではないかと。

 
 まあすでに黒耳とWillcomcore3G(アップグレードキャンペーン)を契約している身としては、がむしゃらに食いつく必要はないような気がします。使い道があまりないですし「Dell Streak」も持ってますし。他のスマホだったら(例えばHTC Desire HDとか)考えるんですけど。

 
 そんなわけで、私は様子見です。動きがあるのであればウィルコムから宣伝してくるでしょう。そうしないと意味がないわけですし。

 
 では



 
web拍手 by FC2
応援してくれるとありがたいです
にほんブログ村 携帯ブログへ
[ 2011/08/28 15:15 ] WILLCOM WILLCOM全般 | TB(0) | CM(3)

Windows Phone 「IS12T」をさわってきた!!

 仕事帰りにWindows Phone 「IS12T」のホットモックをさわってきました。

 
 少しさわってみての感想。これはいい!ともかくサクサク、ヌルヌルです。間違いなく「iPhone4」以上。ストレスを全く感じません。まあインストールされているアプリケーションが少ないおかげかもしれませんが。

 
 またホーム画面も本当にわかりやすいです。全く迷うことなく、興味のある機能にアクセスできます。うたい文句を繰り返すわけではないのですが、たしかにアイコンベースの「iPhone4」や「Android」端末よりも直感的に操作が可能です。ここはかなりのアピールポイントになるのではないかと。

 
 細かい設定などを行う画面も覗きましたが、非常にわかりやすく作られています。ここは「iPhone4」の影響を感じますね。まあWindows Mobileの設定のわかりにくさは半端じゃなかったですから。せっかく一から作り直したのだから、ここは改善されてないと困ります。

 
 売りのひとつであろう、Windows PhoneのOfficeモバイル版なのですが、さすがにWindows MobileのOfficeモバイル版とは使い勝手はまったくちがいます。かなりのことまでできそうですが時間がなかったのであまり細部までさわれませんでしたが。Android端末にくっついてくるよくわからないOfficeスイート以上のことが出来るのであれば、かなり差別化要因になるんではないでしょうか。

 
 パンフレットもらってきたので読んでいたら、ブラウザはFLASH非対応なんですね。MicrosoftとしてはSilverlightを採用してもらいたいのでしょうが、非対応なのはあきらかにマイナスポイントでしょう。ただiOSと違い将来的には対応予定だそうです。ソースはこちら

 
 Windows Phone/Windows Phone 7 Mango/よくある質問


 セキュリティの問題が解決できていないのかもしれませんが、ともかく、現時点で非対応なのはAndroid勢にたいして大きく遅れをとっているということにほかなりません。ただでさえ後発なのだからここは頑張って早急な対応を望みます。

 
 FLASH非対応なのはマイナス点ですが、あとはよく出来ていると思います。アプリの数がまだまだだとか言いますけど、普通の人は常時使うアプリなんて決まってくると思いますので、私はあまり弱点だとは思いません。マーケット覗いたらAngry birdもありましたし(有料)。

 
 こんなところです。値段なんですがコジマではまだ値段出ていませんでした。ただ昨日も書きましたが機種変70000オーバーという価格設定はあまりにも厳しい。とても手が出ません。値下がりを待っています。
 
 
 では

 

 
web拍手 by FC2
応援してくれるとありがたいです
にほんブログ村 携帯ブログへ
[ 2011/08/25 22:00 ] au auニュース | TB(0) | CM(0)

「MW600」レビュー〜その4〜 つなぎ方

 まだまだ続く「MW600」と各機種とのペアリング方法。前回はこちら

 
 といってもつなぎ方は今回で最後。最後は「NEC Lavie Light(Windows7)」との接続方法。といっても「NEC Lavie Light BL350」本体にはBluetoothのっていませんから、正確にはBluetoothアダプタ(PLANEX BT-MicroEDR2Xだと思う。すいません型番定かではありません)とのつなぎ方。

 
 最初はWindows7標準のBluetoothドライバでいけるかと思ったのですが、上手く認識してくれません。そこでこちらのドライバを使用することにしました。

 
 TOSHIBA Bluetooth Stack (= "Bluetooth software + drivers")

 
 FOR TOSHIBA NOTEBOOK と書いてあるように、ライセンス的にはまずい方法らしい。ただ私はこのBluetoothアダプタ(PLANEX BT-MicroEDR2Xと思う)のパッケージに、TOSHIBA製Bluetoothスタックの入ったCD-ROMが入っていたのでいいのではないかな。ライセンス料払い済み?  

 Question: Can I use it with different OSes ?
 Answer:- Yes, Windows 2000, XP, Vista, 7 are supported.
     - One license key can be used on all of these operating systems.
     - An example:A Bluetooth stack license key was used under XP.
           The system was reinstalled with Windows 7.
           Now the same license key can be used and it works again.

 Question: Can I use it with different computers ?
 Answer:- Yes, if the licensed Bluetooth hardware (e.g. USB Bluetooth adapter)
      can be moved to an other computer.

 
 読む限り大丈夫な気がしますが。もし問題ありましたらご指摘ください。

 
 さてまずはダウンロードから。画面の中のDownloadをクリック>PC Bluetooth Stack の欄の一番上(32bitの場合、64bit版はその下)のドライバをDownload>accept>DownLoad>後はそのファイルを保存します>そのファイルを解凍してください>解凍したフォルダの中のv80012T_20110809_x32.exeを実行>ユーザーアカウント制御では「はい」を選択してください>インストールが始まると思うんで、気長に待ってください。結構時間かかります>私の環境では画面がこんな風になってから先に進まなくなりました


 bluegamen.jpg

 
 もしこの画面になってからいつまで経っても先に進まないようであればキャンセルを押してください>再起動を要求されますので再起動します>再起動したら画面からスタート>全てのプログラム>で中にTOSHIBAのプログラムが増えているはず>中の新しい接続の追加をクリックするとBluetooth用ドライバのインストールが続行されます。

 
 TOSHIBABluetoothスタックのインストールはこれで完了です。次に「MW600」との接続方法を

 
 タスクバーのBluetoothアイコンを右クリック


 aikonnblue.jpg

 「Bluetooth設定」>下記画面が出たら「新しい接続」ボタンをクリック


 setuzoku (1)

 
 「エクスプレスモード」を選択>この段階で「MW600」をペアリングモードへ>しばらくすると「接続を認証しますか」と表示されるので「はい」を押します。画面がこのようになったら完了です。左のアイコンがオーディオ(A2DP)右がヘッドセット(HFP)


 setuzoku.jpg

 
 最後に上記画面で左のアイコンをシングルクリックして詳細ボタンを押します。するとこんな画面が


 bluesettei.jpg

 
 初期状態では低音質になっています(本当に音悪いです)。せっかくなので高音質にしてください。また初期状態では「MW600」の再生ボタン押すとWindows Media Playerが立ち上がります。もし変えたいという方は、

 
 setuzoku.jpg
 
 
 この画面の左上「Bluetooth(B)」>「オプション」>「オーディオ」タブ>「AVプレーヤの選択」の設定ボタンを押す>で一応立ち上がるプレーヤーを選べるみたいです。が、私の環境ではWindows Media Playerしか選べません(GOM Palyerなどは選択できません)。

 
 「オーディオ」タブ以外のタブは「MW600」のようなBluetoothオーディオレシーバを接続する分にはデフォルトのままでいいと思います。

 
 こんなところです。かなり長くなってしまいましたが、これで「MW600」と各機種のつなぎ方は以上です。

 
 ではこの辺で。


 


 
web拍手 by FC2
応援してくれるとありがたいです
にほんブログ村 携帯ブログへ
プロフィール

kftv21

書いている人:kftv21

 ただの携帯好きです。

スポンサードリンク
Lc.ツリーカテゴリー