ガジェット好きの戯れ言 2012年05月
サンプル
~金なし携帯好きが好き放題語ります~

G'zOne TYPE-Xをもっともっと使い込もう!その10 G'zOne TYPE-Xで動画をみる(2)

 前回はG'zOne TYPE-Xで鑑賞できる動画を作成しました。今回は作成した動画をG'zOne TYPE-Xに転送しましょう。

 
 G'zOne TYPE-Xに限らず、auの携帯電話(フィーチャーフォン)に動画を転送するのは結構厄介です。スマホのようにはいきません。DropBoxも使えませんし。

 
 メールに添付するにも、動画の場合はデータサイズが大きすぎてほぼ不可能です。G'zOne TYPE-Xのメール受信可能なファイルサイズは600KB程度。とても動画は送れません.

 
 ではどうするか、送る方法は以下の2つがあります。1つがMicroSDカードを使う方法。もう1つがLismo Portを使う方法。これらを紹介したいと思います。

 
 まずはMicroSDカードを使う方法。

 
 G'zOne TYPE-Xの電源を切りMicroSDを取り出します>パソコンにMicroSDを挿してエクスプローラ等で覗くと「PRIVATE」というフォルダがあります。その中の「AU_INOUT」に転送したいファイルをコピー。ファイル名も反映されます。

 
 続いてG'zOne TYPE-Xのメニューから「microSD」>「PCフォルダ」とたどり、サブメニューでそこのフォルダにあるファイルを「microSD内移動」を行って移動させてください。再生できるファイルならば「EZムービー」に、できないファイルならば「不明なファイル」に移動されます。

 
 この方法の難点はMicroSDの抜き差しが非常にめんどくさいということ。特に試行錯誤しているときはたまらないです。いちいち電源を落とさなくてはなりませんし。ただしWindowsだけではなくLinuxでも使えますし、ロッククリアしていないau端末でも使えます。

 
 続いてはLismo Portを使う方法をご紹介。こちらはWindowsでしか使えませんし、端末もロッククリアされている必要があります。ただMicroSDを抜き差しする必要はありません。


 Lismo Portのインストール方法は以前紹介したので今回は割愛。USBケーブル等は今回も使いますので用意しておいてください。

 
 Lismo Portをインストールしてあるパソコンと、待ち受け画面になっているG'zOne TYPE-XをUSBケーブルでつなぎます。しばらく待つと(結構かかります)下記のような画面が。

 
 WS000026.jpg

 
 「ケータイデータバックアップ」(囲ってあるところ)を選択。下記画面になったら「ファイル」>「インポート」とたどってください。

 
 WS000028.jpg

 
 インポートのダイアログが出ますので「挿入」をクリックしてインポートしたいファイルを選択して「OK」を押してください。
 
 
 WS000029_20120531070709.jpg

 
 もとの画面に戻ります。

 
 WS000027.jpg

 
 今度はケータイへ転送(囲んであるところ)をクリック。すると

 
 WS000032.jpg

 
 「ケータイに写真を送ります」と書いてありますが動画も送れます。送りたい動画にチェックを入れ、書き込み先を選択(外部メモリにしておくのが無難だと思います)、後は「ケータイに送る」を押せばG'zOne Type-Xに動画を送れます。

 
 転送が終了したらさっそく再生してみましょう。

 
 IMG_0286.jpg

 
 無事再生出来ました。

 
 それにしてもスマホと比べてなんと手間のかかることか。近頃のスマホは変換する必要もなくハイビジョン動画再生できますからね(フレームレートにも依りますが)

 
 とうわけで今更感のあるネタですがこんなところです。

 
 では。


 


 
web拍手 by FC2
応援してくれるとありがたいです
にほんブログ村 携帯ブログへ
[ 2012/05/31 22:00 ] au G'zOne TYPE-X | TB(1) | CM(0)

WILLCOM夏モデル発表!!(SoftBankも)

 ソフトバンクとウィルコム、2012年夏モデル発表

 
 お久しぶりです。月末ということもありちょっとブログ更新が滞っていました。

 
 さて今回のブログの表題なんですけどあえてこんな書き方にしました。だっていよいよSoftBankに取りこまれてしまいそうですから。まあとっくに100%子会社なので今更私がどう書いたってどうしようもないのですが。ただWILLCOMブランドもいずれ消え去るのかなぁ。

 
 ともかく色々と書きたいことはあるんですが、とにかくいえることはひとつ。敵わないっすSoftBankさん。

 
 いつの間にこんなに手駒が豊富なキャリアになっていたのでしょう。かつては「iPhone」だけなんていわれていたSoftBankさん、いまやスマートフォンとして「iPhone4S」を持ち、タブレット端末は「NEW iPAD」、通話は「誰とでも定額」、更にはWILLCOMロケーションを利用しての「SoftBank 4G」(TD-LTE)の展開も進んでいます。

 
 宣伝上手なのも相変わらずです。本来であれば一刻も早く900Mhz帯を使ってトラフィックを分散させたいのはSoftBankさんなのでしょうが、それを「切れにくい」という触れ込みで「プラチナバンド」として積極的に売り込んでしまうのだから凄い。まあ「切れにくい」のは事実なのですが。

 
 発表された端末については別に稿を立てるとしまして、とりあえずもはや「iPhone」だけのキャリアではなくなったことはまちがいないです。

 
 では。

 
 
web拍手 by FC2
応援してくれるとありがたいです
にほんブログ村 携帯ブログへ
[ 2012/05/31 20:00 ] WILLCOM WILLCOM全般 | TB(1) | CM(0)

G'zOne TYPE-Xをもっともっと使い込もう!その9 G'zOne TYPE-Xで動画をみる

 こんにちは。今回は久方ぶりに「G'zOne TYPE-Xをもっともっと使い込もう」の続編です。今まで取り上げてきたネタは、G'zOne TYPE-Xで音楽を聴く方法(こちらとかこちら)やG'zOneでBluetoothを使う方法(こちらなど)だけでした。

 
 でもこれだけではG'zOne TYPE-Xを使い込んでいるとはとても言えません。そこで今回はMobile Hi-Vision CAM Woooでハイビジョン動画を撮ってみた。という記事の流れを受けて「G'zOne TYPE-Xで自作動画をみるには」というネタをやっていこうと思います。

 
 ただG'zOne TYPE-Xで観れるような形式に動画を変換することは結構難しかったりします。いろいろな変換ソフトを試してみたのですが。

 
 とりあえず今回は「Winff」というソフトを使って変換していくことにしました。英語版しかありませんし、わかり易いソフトとも言えないのですが、どうやっても「Winff」か「携帯動画変換君」(どちらもffmpegというソフトのフロントエンドです)でしかG'zOne TYPE-Xで再生できる動画を作成できなかったもので。

 
 「Winff」のダウンロードはこちら。Windows版を選択してあげてください。インストールは簡単なので説明省略。

 
 http://winff.org/html_new/downloads.html

 
 「携帯動画変換君」の使い方は別館のほうでかなり細かくみていこうかなと思っています。予定は未定ですけど(苦笑)

 
 では始めましょう。まずは元となる動画が必要です。著作権とかを考えるとyoutubeなどから持ってくるというのはまずそう。そこで自分で撮った動画を使うことにしました。

 
 使った機材は以前もご紹介した日立製「Mobile Hgih Vision CAM Wooo」です。これで撮影したハイビジョン動画(1280×720)を、G'zOne TYPE-Xで観れるサイズに変換してみましょう。パソコン本体へのデータの転送方法も以前の記事を参照ください

 
 まずは「Winff」を起動します。

 
 WS000019_20120523071958.jpg

 
 英語ですが難しいことは何もありません。上部分の太い囲み「Add」ボタンを押して変換したいファイルを選び、次に下部の細い囲み「Convert To」で選択するケータイ・動画プレイヤーのカテゴリを選びます。さらに「Preset」で細かい設定を選択して、あとは上に戻って太い囲み「Convert」ボタンを押せば変換が始まります。

 
 ただ、上記の画像での「Convert to」や「Preset」で選ばれているパラメータは私が作成したオリジナルです。デフォルトで入っている設定を覗いてみましょう。

 
 WS000021_20120523071956.jpg

 
 上記の画像でもわかるとおり、「Edit」から「Preset」を選択します。

 
 WS000025_20120523071956.jpg

 
 これがデフォルトで入っているau向け(厳密には違いますが)の設定です。実はこの設定はもう古くなっていてこのままでは使えません。なので新しい設定を作ってあげましょう。

 
 理屈とかの説明は抜きにして、上から入力する項目を申し上げます。

 
 
Preset Name*1GzOne1
Preset Label*1G'zOne(320:240 16:9)
Preset Command Line Parameters 下記のパラメーターをコピペしてください
Output File Extennsion3g2
Category*1au


 *1 ユーザーの好きな名前でかまいません。ただし「PresetName」は設定ごとに一意の名前をつける必要があります。たとえば16:9以外に4:3の設定を別に作りたい時は「PresetName」はGzOne2というように変えていかなければなりません。しかもこの「PresetName」はアルファベットと数字しか使えません。’が入っていないのはそのためです。

 
 「Preset Command Line Parameters 」で入力するパラメータ。ただし私も勉強しながら作っていますのでもっと良いパラメータの設定方法は必ず有ります。そのあたりは皆さんで研究してみてください。
 
-threads 4 -vcodec libxvid -vf "scale=320:180,setdar=16:9,pad=0:240:0:30" -r 30 -b 848k -qmin 1 -qmax 31 -mbd 2 -acodec aac -strict experimental -ac 2 -ar 24000 -ab 64k


 
 以下のような感じ。あとは「Add/Update」ボタンを押して完了です。

 
 WS000020_20120523071957.jpg

 
 後は上記の手順どおり。「Add」で変換するファイル選択→「Convert To」でカテゴリを選択(この場合はauですね)→「Preset」で細かい設定を選択→「Convert」ボタンを押して変換します。

 
 WS000019_20120523071958.jpg

 
 後は変換した動画ファイルをG'zOneType-Xに転送するだけですが、いくら何でも長くなりすぎたので、それは次回にします。

 
 では。
  

 


 
web拍手 by FC2
応援してくれるとありがたいです
にほんブログ村 携帯ブログへ
[ 2012/05/24 12:00 ] au G'zOne TYPE-X | TB(0) | CM(0)
プロフィール

kftv21

書いている人:kftv21

 ただの携帯好きです。

スポンサードリンク
Lc.ツリーカテゴリー