ガジェット好きの戯れ言 2012年08月
サンプル
~金なし携帯好きが好き放題語ります~

P-01Dでテザリング

 
P-01Dのご紹介

 まずはお写真から。

 
 IMG_0397.jpg

 
 この機種はdocomo withシリーズのスマートフォン、パナソニック製P-01Dです。docomoの2011年冬春モデルですね。私はソフマップの中古で3980円で手に入れました。飲みを一回我慢すれば手に入るお値段で売られていたので。いったいdocomoさんどれだけこの機種ばらまいたのでしょう(笑)。一応スペックを紹介しておきます。

サイズ 小さい(笑)
重さ約117g
ディスプレイ 約 3.2インチ
解像度480×800ドット
OSAndroid 2.3
メモリRAM 512MB
ROM 1024MB
プロセッサMSM8255 1GHz
 

 
 とりあえずかなり小さいです。ディスプレイも3.2インチしかありません。Androidも2.3ですし、プロセッサはXperia acroなどに使われているものと同様で最新型ではありません。いくら投げ売り状態とはいえスペック的には買う理由にはなりません。

 
 なのに購入に踏み切ったのはテザリングを試してみたかったから。ネット上の情報をかき集めるとなんでもこの機種、root化、SIMフリー化などの必要なしに他キャリアのSIMでテザリングが出来るのだそうなので。ならばDTI ServersMan SIM 3G 100(以下DTI SIMと呼びます)でもテザリングが可能なのではないかと思ったわけです。

 
 ちなみのGALAXY NEXUSで試したときはDTI SIMでのテザリングは不可でした。詳しくはこちら。

 
 DTI ServersMan SIM 3G 100をGALAXY NEXUSに挿してみる

 
 P-01Dではどうでしょうか。早速試して・・・みる前に、少しdocomoスマホのテザリングモードの仕組みを解説しておきます。といってもこちらの記事の要約みたいなものなのですが。

 
 要はdocomo端末でテザリングをオンにすると、自動的に通常のアクセスポイントからdocomoのテザリング専用の隠しアクセスポイントdcmtrg.ne.jpというところに切り替わるようになっているんだそうです。

 
 ですのでynmbl.netというアクセスポイントだけしか使えないDTI SIMではテザリングをオンにすると通信ができなくなるのは当たり前なんですね。

 
 更に問題なのはこの制限、SIMロックを解除してもなくならないということです。ですからSIMフリーにしたdocomo端末でDTI SIM(おそらくは他社SIMも)を挿してもテザリングは不可能ということです(テザリングしない通信は行えます)。ここは注意が必要ですね。

 
 前にGALAXY NEXUSでテザリングモードをオンにした時も勝手にアクセスポイントが切り替わってしまって、テザリングどころか本体でも通信ができない状態になってしまいました。アクセスポイントをDTI SIMのものに戻そうとしても本体が操作を受け付けないのでどうしようもないのです。

 
 で、P-01Dのお話に戻ります。docomoの端末はほとんどがGALAXY NEXUSと同様の仕様になっているようなのですが、P-01Dはテザリングモードで切り替わったアクセスポイントを、テザリング中にDTI SIMのものに戻すことができるのだそうです。それもroot化やSIMフリー化なしで。

 
 無茶苦茶長くなりましたがP-01D購入のいきさつです。で、結論から申し上げておきますとP-01Dでの動作確認しました。たしかにP-01DとDTI SIMでのテザリングは可能です。以下手順
 
P-01Dでテザリング

 まずはP-01DでDTI SIMを使えるようにしてください。こちらの手順はGALAXY Sでの設定手順が参考になると思います。こちら

 
 DTI SIM(ServersMan SIM 3G 100)が届いたよ!

 
 APNとはアクセスポイントネームの略です。

 
 続いては、アプリを一つP-01Dにインストールします。こちら

 
 APN切り替え

 
 Androidマーケット(現在はGoogle PLAY)に登録されているアプリなのでインストールしておいてください。

 
 次は「設定」アイコンをタップ→「無線とネットワーク」を選択→「テザリングとポータブルアクセス」を選択→「ポータブルWiFiアクセス」にチェック(初期状態ではセキュリティがかかっていない状態になっています。セキュリティの設定をすることをお勧めします)

 
 ここで先程インストールした「APN切り替え」アプリを起動します。お写真。

 
 IMG_0400.jpg

 
 起動した段階で選択されているアクセスポイント(APN)がhotspot(dcmtrg.ne.jp)になっていると思います。これを一番上のDTIに切り替えてあげるだけです。

 
 IMG_0401.jpg

 
 これで完了です。他の無線LAN機器からは「AndroidAP」という名前で見えているはず(初期状態から変えていなければ)。ここに接続してあげればテザリングが可能になっています。

 
 ちなみにGALAXY NEXUSでも上記の「APN切り替え」アプリを試してみましたが、hotspot(dcmtrg.ne.jp)のアクセスポイントは見えずDTIに切り替えてあげてもエラーが出るだけでした。

 
 P-01Dだけがテザリングをオンにしてからでもアクセスポイントを切り替えられるみたいです。この機種ってイーモバイルのpocket WiFi S や S2みたいですね。下手に中古のHW-01C買うよりお得かもしれません。

 
 長くなりましたが以上です。

 
 では。


 
~追記~2013年11月7日
 上記ではDTI ServersMan SIM 3G 100を取り上げていますが、DTI SeversMan SIM LTE 100やOCN モバイル ONE、IIJ ミニマムでも動作を確認しています。



 



 
web拍手 by FC2
応援してくれるとありがたいです
にほんブログ村 携帯ブログへ
[ 2012/08/26 06:00 ] docomo P-01D | TB(0) | CM(11)

9万アクセスありがとうございます!!

 ついに9万アクセスに到達しました。訪れてくださった皆様本当にありがとうございます。

 
 ここまでくるといよいよ10万アクセスまであと一息です。というわけでカウンターの桁を5桁から6桁に変更しました。

 
 去年の5月にブログを始めて一年ちょっと。まさかこのような短期間でここまでアクセスが増えるとは思いもしませんでした。ブログを始めたときはカウンターの桁数を4桁にしようか5桁にしようか迷っていたのが嘘のようです。皆様本当にありがとうございます

 
 さて、近頃このブログは非常にアクセスが増えておりまして、その中心となっているネタがDTI serversman sim 3G 100関係の記事です。

 
 私にしては珍しく時流に乗ったネタ(発売当日に申し込み)なのでアクセスが増えているのだと思われますが、そうなるとDTI SIMの動作確認で間違ったことを書いていないかどうかが非常に心配です。もし誤りがありましたらツッコミの方よろしくお願いします。

 
 ところで私は基本的にお金なしガジェット好き人間なのでご紹介するものはほぼ型落ちの中古ばかりです。DTI SIMのネタの次はなんと「迷機WILLCOM D4で遊ぶ」を予定しているというはずれっぷり(^_^;)

 
 今後も流行りのネタとかではなくもっとニッチなネタに主眼をおいて更新していくつもりですのでよろしくお願いします。というよりお金がないのでニッチなネタにならざる得ないのですが。

 
 今回のDTI SIMのネタが特別だということで。まあ月額490円だし・・・。

 
 では。

 
 
web拍手 by FC2
応援してくれるとありがたいです
にほんブログ村 携帯ブログへ
[ 2012/08/24 22:00 ] お知らせ | TB(0) | CM(0)

ジャンク品のルータを買った。〜Aterm WR6650S〜

 お盆休み最後の日、とあるお店ででジャンク品のルータを見つけました。ルータなんて新品のほうが絶対コスパがいいことはわかっているのですが500円だったので・・・。

 
 購入したルータはNEC Aterm WR6650Sという機種でなんと2005年に発売されたモデルです。それだけなら絶対手を出さないのですが、私が興味を惹かれたのはIEEE802.11aの規格が使えるということ。

 
 現在の無線LANの周波数は2.4GHz帯を使うものが圧倒的に多数なのですが、IEEE802.11aという規格は5GHz帯を使うことが特徴です。詳しいことはウィキペディアで。こちら

 
 IEEE802.11-ウィキペディア

 
 このブログでは難しいことは省きますが、以前こんな記事をあげたことがありました。

 
 USB Duet その3 USB Duetは使えるのか?

 
 上記の記事で私の無線LAN環境が不安定なのではないかと書きました。今でもTeamViewerでのファイル転送などが途中で落ちることがあります。

 
 また別館のほうで2.4GHz帯について無謀にも解説を試みたことがあります。興味があったら読んでみてください。Bluetoothのネタですが(Bluetoothも2.4GHz帯を使います)

 
 bluetoothについて考える

 
 この2.4GHz帯、電子レンジなどから出るノイズの影響をもろに受けるのだそうです。電子レンジから出るノイズも2.4GHz帯なので。またよそ様の家で使っている無線LANとバッティングすることもあるのだそうです。

 
 そこで5GHz帯なのです!・・・と、まあ前振りが長くなりましたがともかくもジャンクルータを設定し、「GALAXY NEXUS」を使ってIEEE802.11a、IEEE802.11gとIEEE802.11b/gを切り替えてつないで速度を測ってみました。このルータは同時使用ができないのですポンコツですね(笑)。まずはIEEE802.11aから。

 
 Screenshot_2012-08-16-15-21-56.png

 
 まちがってkbps単位にしてしまいました。Mbps単位に直すと約14.2Mbpsです。これが基準になりますね。ちなみにアップロードはほとんどしないので無視しています。続いてIEEE802.11g

 
 Screenshot_2012-08-16-18-48-49.png

 
 Mbps単位だと13.5Mbpsです。少し落ちたというかんじでしょうか。次はIEEE802.11b/g

 
 Screenshot_2012-08-16-18-45-10.png

 
 Mbps単位だと12.8Mbpsですね。最初から比べるとかなり落ちています。

 
 結果をみるとたしかに5Ghz帯の恩恵というものはありそうです。ただなぜ「GALAXY NEXUS」で計測したのかというと、最もつなぎたいネットブックNEC Lavie Light BL350の無線LANは5Ghz帯に対応していないからです。

 
 NEC Lavie Light BL350に搭載されている無線LANはIEEE802.11b/g/nの規格に対応しています、このうちIEEE802.11nという規格は2.4Ghz/5Ghzを使って無線LAN接続を行いますが、Lavie Light BL350は2.4Ghz帯のみ使って無線LAN接続を行うのですね。IEEE802.11b/gはもとより2.4Ghz帯のみ利用する規格です。

 
 対応していないノートパソコンでどうしても5Ghz帯を使いたいという場合は、対応している無線LANアダプタ(子機)をUSBに挿してあげなくてはいけません。それは貴重なUSBポートを消費します。しかも結構お高い・・・。これでは5Ghz帯を使うメリット、「邪魔者が少ない」という恩恵をめいっぱい受けることが出来ません。

 
 ところで5Ghz帯に対応している無線LAN機器かどうかは、「IEEE802.11a/b/g/n準拠」とかが書いてあるのを判断基準にするといいと思います。「IEEE802.11b/g/n準拠」と書かれているだけではほぼ間違いなく5Ghz帯に対応していません。
 
 
 とはいえ、この「IEEE802.11a/b/g/n準拠」と書かれている無線LAN機器、スマホではようやく普及し始めてきたというのが現状。例えばスマホも2012年夏モデル、つまり最新型あたりではだいたい対応しているようです。


 詳しくは各社のカタログをご覧ください。あくまで出回り始めた規格なのでiPhone4S・WindowsPhone(IS12T)などは対応していません。GALAXYシリーズやBlackberryシリーズはかなり前から対応していますが。

 
 ルータも「IEEE802.11a/b/g/n準拠」のものがそれなりに出回り始めています。しかも最低ランクのものならば5000円を切る値段で手に入れることが出来るようになりました。5Ghz帯対応機種が普及し始めている現状ですから、ルータを買うならば多少奮発しても「IEEE802.11a/b/g/n準拠」を買っておくことをオススメします。「IEEE802.11b/g/n」だけ対応している機種も問題なくつながりますので。

 
 というわけで長くなりましたがまとめると

 
 ・無線LANで5Ghz帯を使うメリットは確かにある。

 ・5Ghz帯を使う無線LAN機器は普及のきざしあり

 ・ルータも各社からかなりの種類が出ていて値段もこなれてきている。

 
 こんなところでしょうか。

 
 というわけで私も近々こんなジャンクルータではなくしっかりとした最新のルータを買おうと思っています。

 
 では。


 


 
web拍手 by FC2
応援してくれるとありがたいです
にほんブログ村 携帯ブログへ
プロフィール

kftv21

書いている人:kftv21

 ただの携帯好きです。

スポンサードリンク
Lc.ツリーカテゴリー