ガジェット好きの戯れ言 2014年02月
サンプル
~金なし携帯好きが好き放題語ります~

「NEXUS 5」に色んなSIMを挿してみる【その3:au版iPhone5のSIM】

 今回は「iPhone5(au版)」のnanoSIMを「NEXUS 5」に挿して試してみましょう。
 
 
 ところで「NEXUS 5」といっても実は「LG-D820」と「LG-D821の2種類が存在します。日本で売られているのは後者。


 何が違うのかというと対応周波数が違います。以下がGoogleホームページからの抜粋(わかりやすくするためにあえて英語版から。更にすこし書き加えています)


 
2G/3G/4G LTE

North America:
GSM: 850/900/1800/1900 MHz
CDMA: Band Class: 0/1/10
WCDMA: Bands:1(3G 2100MHz帯/2/4/5/6/8/19
LTE: Bands:1(LTE 2100MHz帯)/2/4/5/17/19/25/26/41

Rest of World:
GSM: 850/900/1800/1900 MHz
WCDMA: Bands:1(3G 2100MHz帯)/2/4/5/6/8(3G 800MHz帯)→すいません900MHz帯の間違いです
LTE: Bands:1(LTE 2100MHz帯)/3/5/7/8/20



 日本で売られているのは「Rest of World」版です。「Rest of World」ですから訳すと「残りの世界」つまり「North America(北米)」以外は「LG-D821」が売られているということになります。


 その「Rest of World」版の「NEXUS 5(LG-D821)」の対応周波数帯をみると「W-CDMA」はあっても「CDMA」の項目がありません。au は「CDMA-2000」というCDMA規格(世界的にはマイナー規格)で通話を行いますから、auのSIMを挿しても通話はできないということになりますね。


 CDMA通信に対応できるのならば北米版だけでなく全部対応すればええやないか!!という思いは私もあるのですが・・・。なぜなんでしょう?


 とりあえず現状そのCDMA通信に対応している「LG-D820」を手に入れるためには個人輸入するしかないようです。今の時代個人輸入も決して難しいものではなくなりました。とはいえなお敷居は決して低くはありませんし、なにより値段お高い。私はMNP0円で手にいれた「Rest of World」版で十分です。


 さて通話は無理そうです。しかしデータ通信はどうなのでしょう。こちらは条件さえ合えば可能なような気がします。なぜならauはLTE:Bands1(2100MHz帯)でのLTEのサービスを展開しているから。「NEXUS 5」はこの周波数帯に対応していますし。


 ただauが使用するLTEのメイン周波数帯はLTE:Bands18(LTE:800MHz帯)。「iPhone5」自体はこの周波数帯に対応していないので、auさん「iPhone5」発売当初はつながらないとさんざん文句いわれていました。


 しかしそれも発売当初の話、私が購入した頃(2013年11月)にはかなり改善されていたはず。私のiPhone5購入当初のレビュー記事(2013年11月21日)にはこうあります。


 
LTEに対応したこともiPhone5の特色。ただiPhone5Sと違って800Mhz帯に対応せず。知らなかった・・・。といっても今のところLTEの表示が消えたことはないです。なんでもauさんこの1年で2.1GHz帯(2100MHz帯)の基地局かなり整備したんだそうです。



 ですので理屈上ではau LTE:2100MHz帯の電波がつかめるのであればLTE通信はできるはずです。では試してみましょう。ただiPhone5以降ののSIMはnanoSIMです。NEXUS 5はMicroSIMですのでそのままでは挿すことはできません。変換アダプタを用意する必要があります。こんなの。


 



 挿したらAPNを設定します・・・しかしau版iPhone5のSIMのAPNの設定内容がわからない。なのですこしググってみました。すると以下のサイトを発見。


 各種研究 SIM APN一覧 au LTESIM 3GSIM LTE NET au-net


 こちらの内容参考にさせていただきます。作者様ありがとうございます。上掲のホームページより「LTE NET」(通話付)のAPNを掲載させていただきました。こちら。

 
APN:       uno.au-net.ne.jp
Proxy:      
Port:      
Username:    685840734641020@uno.au-net.ne.jp
Password:    KpyrR6BP
Server:     
MMSC:    
MMS Proxy:  
MMS Port:  
MMS protocol:
MCC:       440
MNC:       50
Authentication type: CHAP
APN type:       default,supl,mms,hipri
APN protocol:     IPV4V6


 これを「NEXUS 5」に設定してあげて接続してみると・・・。


 NEXUS5_iPhone5SIM.jpg


 おお!!つながりました上の白い囲み「LTE」の文字とともにアンテナピクトが立っているのがわかります。下には「通信サービスはありません」とでているのにもかかわらず。またTwitterアプリを立ち上げて更新が可能なことも確認しました。確かに接続できています。


 
~追記とお詫び~(2014年3月21日)
 CDMA通信に対応していないので「通話」は出来ないとだけ書いてありますが、3Gデータ通信も出来ません。iPhone5のSIMで通信可能なのはLTE通信のみです(しかも2100GHz帯だけ)。なので実用的にはちょっとどうかな?といったところです。



 さて、もしうまくつながらないようでしたら、「Servicemode Shortcut」というAndroidアプリが便利かもしれません。


 Servicemode ShortcutーGoogle Playー


 このアプリを立ち上げて2番目の「テスト中」という項目を選択。1番目はGALAXYシリーズ専用なので選択しても無駄です。


 NEXUS5_Servicemenue.jpg


 次の画面で「携帯電話情報」を選択


 NEXUS5_Servicemenu1.jpg


 下記画面になったら、「優先ネットワークの選択」で「LTE Only」を選んでみる。無線通信のON・OFFを繰り返してみるなどを行うとうまくつながると思います。
 

 NEXUS5_Servicemenu2.jpg


 なんか漠然としたやり方で申し訳ないのですが、iPhone5のSIMだけでなくドコモMVNO回線などでもうまくつながらないときはこのアプリを使っています。どうもSIMを入れ替えたときうまく切り替わらないことが多いので。


 ちなみにこのアプリの「テスト中」を選択できるのは「電話」画面で「*#*#4636#*#*」とダイアルするとServicemodeに入れる機種にのみです。逆に言えばその機種であれば(「NEXUS 5」含む)「電話」で「*#*#4636#*#*」をダイアルしても上記画面に入れます。ただこのアプリを使う方が圧倒的に楽です。

 
 話を戻して、では「LTE」通信が確立しているこの状態で電話をかけてみましょうか。 


 NEXUS5_daialNG.jpg


 「モバイルネットワークが利用できません」とでてしまいました。上部には「LTE」という文字とともにアンテナピクトがたっているにもかかわらずです。


 やはり通話はできないようですね。auに限らず現在の日本の各キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク・イーモバイル)の通話はW-CDMAにせよCDMA-2000にせよ「3G」のみ(厳密にはちょっと違いますが)で行っている以上、「LTE」のみ通信が確立していても通話はできないわけです。


 ただ「NEXUS 5」で通話する気のない方にとっては、データ通信で「iPhone5(au版)」SIMが使えるというのはいいことなのかもしれません。ちなみに私はこのSIMでデータ通信をする気はないのですが。なぜなら前回と同じくこのSIMもパケット定額に入っていないから。私はそんな金持ちではありません。いったいどれだけパケット使ったんだろう((((;゜Д゜)))))))


 本当はスピードテストなどもしてみたいのですが上記の理由でここまでです。


 では。


 
 


 
 


 
応援してくれるとありがたいです
にほんブログ村 携帯ブログへ
[ 2014/02/15 22:00 ] イーモバイル NEXUS 5 | TB(0) | CM(0)

「NEXUS 5」で色々なSIMを使ってみる【その2:ウィルコムハニービースマホSIM、SoftBank黒SIM、】

 前回は「NEXUS 5」のドコモのNVNO回線各種回線を挿して動作検証してみました。といっても「OCN モバイル ONE」と「IIJ ミニマム」しか試せませんでしたが。とりあえず両者とも通信可能ということが確認できました。


 ただ「SIMフリー」を謳うのならばこのくらいは当然やってもらわないと・・・。


 なので今回はさらにマニアック?な回線を試していこうと思います。


 
WX06K(ウィルコムハニービースマホ)のSIM

 さてまずは久々に登場、ウィルコム「WX06K」(ハニービースマホ)のSIM。この「WX06K」は一昨年のウィルコムハニービースマホセットとしてWX350K(HONEY BEE 4)とともに手に入れたもの。


 このウィルコムハニービースマホセットの回線が今「もう1台無料キャンペーン」主回線です。「NEXUS 5」はこの回線の副回線になりますから絶対解約できない回線ですね。


 さて「WX06K」のSIMはLTEには対応していません、ソフトバンク Ultra SPEEDまでの対応です。要は3G通信のみということですね。とりあえず周波数帯は対応しているはず(W-CDMA:1.5GHz/2.1GHz)なので「NEXUS 5」に挿してみましょう。


 このSIMのアクセスポイントの設定は以前の記事にかいてあります。こちら。


 WX06KのSIMカード使い回し


 この記事に設定項目は書いてあります。APNの設定項目だけ再掲しておきますね。

 
apn name="Application" 
 numeric="44020"
 mcc="440"
 mnc="20"
 apn="andoworld.softbank.ne.jp"
 user=""
 server="null"
 password=""
 proxy=""
 port=""
 mmsproxy="null"
 mmsport="null"
 mmsprotocol="null"
 mmsc="null"
 type="default,mms,supl,hipri"


 もっともこの記事読んでしまうと結果もわかってしまいますが・・・。というわけで結果。


 NEXUS5_WX06KSIM.jpg


 アンテナピクトはたちますし、SoftBankのSIMであることも認識しています。通話も可能なのですが肝心のデータ通信は不可。やはり"andoworld.softbank.ne.jp"はIMEI(製造番号)をみて通信を許可しているサーバーのようです。


 残念。
 
iPhone4S(ソフトバンク版)の黒SIM

 今度はiPhone4SのSIM(通称黒SIM)を試してみます。「iPhone4S」までのSIMはMicroSIMなので特に切ったりせず「NEXUS 5」に挿すことが可能。


 まずはAPNの設定からですね。ところで「iPhone4S(黒SIM)」のAPNってなんなんだ?調べてみると以下のサイトを発見。


 備忘録@softbank 銀SIM 黒SIMでのAPN設定、MMS以外のパケット遮断方法ーcometogether


 上記サイト様の黒SIMのAPN設定を参考にさせていただきました。作者様ありがとうございます。


 
APN: smile.world
ユーザー名: dna1trop
パスワード: so2t3k3m2a
Server: Not Set
MMSC: http://mms/
MMSプロキシ: smilemms.softbank.ne.jp
MMSポート:8080
MCC: 440
MNC: 20
認証タイプ: CHAP
APNタイプ: default,supl,mms,hipri



 こちらの結果は・・・


 NEXUS5_kuroSIM.jpg



 アンテナピクトの横に「3G」の文字が、これは通信ができてますね。念のためTwitterアプリを起動して更新がかかるかをチェック、更新されることを確認しました。


 ちなみに「iPhone4S」黒SIMはLTEには対応していませんので「3G」(ソフトバンク 3G)・「H」(ソフトバンク Ultra High Speed)の文字しか出ませんのでご注意を


 ここで検証は終了です。この回線パケット定額に加入していなので。持っている回線のすべてにパケット定額をつけられる余裕は私にはとてもないです。・・・今回だけでどれだけパケット使ったんだろう((((;゜Д゜)))))))


 ただ確かに通信可能なようです。


 次回はもっとマニアック(今回と同じくらいかな?)なSIMを試していきたいと思います。


 では。


 

 

 
web拍手 by FC2
応援してくれるとありがたいです
にほんブログ村 携帯ブログへ
[ 2014/02/13 23:00 ] イーモバイル NEXUS 5 | TB(0) | CM(0)

ウィルコムさんから新機種が発表されました【その2:AQUOS Phone ef(WX05SH)】

 今回は「AQUOS Phone ef(WX05SH)」を簡単にご紹介。シャープ製のAndroidスマホです。なにか以前に似たような名前の端末があったような気がします。そう「AQUOS Phone es(WX04SH)」ですね。筐体は全く同じだそうです。なのでどれだけ使いまわ・・・いえ失礼、変化したのか見ていきましょう。


 
機種名AQUOS Phone es(WX04SH)AQUOS Phone ef(WX05SH)

OS
Android4.1Android4.1
CPUMSM8260A 1.5GHz (デュアルコア)MSM8260A 1.5GHz (デュアルコア)
メモリRAM1GB・ROM8GBRAM1GB・ROM8GB
サイズ約60×122×11.9mm約60×122×11.9mm
重さ120g120g
画面サイズ4.0インチ4.0インチ
解像度854×480ドット854×480ドット
連続通話時間約14時間(PHSモード)・約13時間(W-CDMAモード)約14時間(PHSモード)・約13時間(W-CDMAモード)
連続待受時間約400時間(PHS/3Gデュアルモード)約400時間(PHS/3Gデュアルモード)
音声通話方式PHS方式・W-CDMA方式PHS方式・W-CDMA方式
データ通信形式PHS方式・W-CDMA方式PHS方式・W-CDMA方式
選択できる料金プランウィルコムプランLite・ウィルコムプランD+ウィルコムプランLite・ウィルコムプランD+
旧来のメールアドレス(@xx.pdx.ne.jp/
@willcom.com)が継承可能か
PHS回線で通信時のみ可能(サポート外)現在わかりません(2014年2月8日)
PHS回線で通信時のみ可能(サポート外)
テザリング対応PHS回線でのみ使用可能PHS回線でのみ使用可能
防水・防塵対応対応
BluetoothBluetooth3.0Bluetooth3.0
無線LANIEEE802.11b/g/nIEEE802.11b/g/n
おサイフ対応対応
カメラ[アウト]約490万画素/CMOS 
[イン]約30万画素/CMOS
[アウト]約490万画素/CMOS 
[イン]約30万画素/CMOS



 ・・・まあ想像はしていましたがやっぱりハード自体は完全に使い回しですね(苦笑)。ですので違いといえばソフトウェア(主にUI周り)になるのでしょう。それ以外に特色がないですから。さすがにLINEのプリインストールは特色にはならんでしょう。


 とはいえ元モデルの「AQUOS Phone es」自体決して評判の悪い機種ではありませんので大崩れするとも思えません。元モデルの最大の特色「PHSテザリング」は「AQUAS Phone ef」でも使えるようですし。


 まあそんなマイナーな機能搭載して「かんたんスマホ」といえるのかどうかは別ですが(笑)。


 ただ、一点だけ違うところがあるよう?各々の端末の注意事項のページ、「メールアドレスについて」の項目。表では太字にしてあります。
 
 
 「AQUOS Phone es」にはこうあります
 

 AQUOS PHONE esにてご利用いただくメールアドレスのドメインは「@wcm.ne.jp」となります。
・現在ウィルコムをご利用中のお客さまで、AQUOS PHONE esへ機種変更をされる場合、ご利用中のメールアドレス(@xx.pdx.ne.jp/@willcom.com)は引き継ぐことができませんのでご承知おきください。※
また、3G対応スマートフォンをご利用のお客さまは機種変更と同時に3G電話番号とメールアドレス(@softbank.ne.jp)も変更となります。
※ ただし、PHS回線経由でご利用中のウィルコムのEメール(@xx.pdx.ne.jp/@willcom.com)を送受信することは可能です。
ウィルコムのEメールを送受信する方法について

 「ウィルコムのEメールを送受信する方法について」のリンク先"http://www.willcom-inc.com/ja/lineup/wx/04sh/set_pdxmail/index.html"をクリックすると、たしかに設定方法の紹介ページに飛びます。


 ところが「AQUOS Phone ef」では
 

AQUOS PHONE efにてご利用いただくメールアドレスのドメインは「@wcm.ne.jp」となります。
・現在ウィルコムをご利用中のお客さまで、AQUOS PHONE efへ機種変更をされる場合、ご利用中のメールアドレス(@xx.pdx.ne.jp/@willcom.com)は引き継ぐことができませんのでご承知おきください。※
また、3G対応スマートフォンをご利用のお客さまは機種変更と同時に3G電話番号とメールアドレス(@softbank.ne.jp)も変更となります。
※ ただし、PHS回線経由でご利用中のウィルコムのEメール(@xx.pdx.ne.jp/@willcom.com)を送受信することは可能です。
 ウィルコムのEメールを送受信する方法について

 「ウィルコムのEメールを送受信する方法について」のアドレス"http://www.willcom-inc.com/ja/lineup/wx/05sh/set_pdxmail/index.html"をクリックしても"404 Not found"となって紹介ページに飛べません(2014年2月8日現在)


 さてこれはどういうことなのでしょうか。まあ確かに「かんたんスマホ」を謳う機種にウィルコムのサポート外の機能を載せるのはいかがなものかと思いますが。


 ただここまで使い回しておいて、この機能だけわざわざ削るというのもばかばかしいような気がします。ただ単に公式にしないってことなんでしょうかね。


 それともウィルコムさんのメールサーバのほうで「AQUOS Phone ef」からの@xx.pdx.ne.jp/@willcom.comドメインのメールは拒否する設定にしちゃうのでしょうか。それはそれでなんかもったいないですね。


 

 2014年3月5日追記
 発売されて上記リンク先も紹介ページに飛ぶようになりました。やはり「AQUOS PHONE ef」のほうでも旧ドメインのメール扱えるようですね。キャリアサポート外の機能を載せている「かんたんスマホ」というのもなかなか凄いものがあると思いますが、昔からのウィルコムユーザーにとってはありがたいのかもしれません。


 しかしいよいよAQUOS PHONE esの使い回しですねこの端末



 というわけで「AQUAS Phone ef」について紹介してみました。もっともまだ発売前なので間違っているところもあると思います。一応仕様などは公式ページから引いていますが。


 かつて「WX01K」を「Casablanca(WX05K)」、更に「WX08K」と使い回したウィルコムさんのことです。「AQUOS Phone es」も、もう一機種ぐらいは使い回しそうですね(笑)


 しかし、そうなると気になるのがやはり旧来の"@xx.pdx.ne.jp/@willcom.com"ドメインのメールをどうするのか。わかり次第こちらでもお伝えしていこうと思います。→わかったので削除しました(笑)


 では。



 



  
web拍手 by FC2
応援してくれるとありがたいです
にほんブログ村 携帯ブログへ
[ 2014/02/08 20:00 ] WILLCOM WILLCOM全般 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

kftv21

書いている人:kftv21

 ただの携帯好きです。

スポンサードリンク
Lc.ツリーカテゴリー