ガジェット好きの戯れ言 2014年03月
サンプル
~金なし携帯好きが好き放題語ります~

XiのSIMがFOMA端末でも使えると聞いて2014年版【その4:FOMA端末で使ってみる(初代GALAXY TAB)】

 今回も前回の続きで、Xi(音声契約)のSIMを色々な端末に挿して使えるかどうか試していきましょう。

 
 検証に入る前に前提となる内容を掲載しておきます。前回の記事にも掲載してありますが。
 
検証に入る前に

 XiSIMの契約内容を簡単にご説明。
 
  • 契約端末 L-05D(Optimus it)
     
  • 料金プラン:タイプXiにねん
     
  • パケット割引サービス:Xiパケホーダイフラット
     
  • 契約ISP:SPモード、iモード、mopera U(Uスタンダード)、BlackBerry Internet Service(BIS)


 とりあえずISPはてんこ盛りで契約してみました。申し込みは簡単だし(ただし月10回まで)、ISPセット割りは効きますし、更には日割りで計算してもらえるし。

 ドコモの端末を以下のように区分して検証しています。
 
  1. Xi対応スマホ
     
  2. Xi対応タブレット
     
  3. Xi対応データ通信端末
     
  4. FOMA対応スマホ
     
  5. FOMA対応タブレット
     
  6. FOMA対応データ通信端末
     
  7. iモード対応ガラケー
     
  8. BlackBerry
     
  9. Windows Mobileスマホ

 今回は5をみていこうかと。では検証開始です
 
5.FOMA対応タブレット

 今回はFOMA対応タブレットを検証していきます。「GALAXY TAB(SC-01C)」(以下初代GALAXY TAB)で試してみましょう。


 ただこの「初代GALAXY TAB」純粋なタブレット端末ではありません。だってこの端末通話機能ついていますから。通話したことないけど(笑)


 なのでカテゴリとしては「どでかい」FOMA対応スマホなんですよね。といっても私純粋なFOMA対応タブレット端末なんて持っていませんし・・・。まあサクッと見てしまいましょう。
 
SPモード

 GALAXYTAB_SP_20140330140034f4c.png


 うん!通信出来てますね。
 
mopera U

 こちらは前回の「GALAXY NEXUS」と同じく初期段階で登録されているAPNは"mpr2.bizho.net"のほうです。なので自力でmopera.netのAPNを追加してあげる必要があります。"mpr2.bizho.net"では通信出来ませんから(検証済み)。このあたりは前回の記事読んでください


 さて、追加した"mopera.net"で通信してみると・・・
 

 GALAXYTAB_mopera.png


 こちらも通信出来ていますね。


 ちなみに一番下の"pre4988.xi.dcm.ne.jp"とあるのはOCNが提供するXiデータ通信対応プロバイダサービスのAPN名(ただし既に解約済み)。xiのデータ通信契約は「mopera U」以外のプロバイダも選択できます。案外知られていないようなのでお伝えしておきますね。


 ただあくまでもデータ通信契約回線のみです。音声契約回線では契約できませんのでご注意を。
 
テザリング

 この「初代GALAXY TAB(SC-01C)」(他に「GALAXY S」も)は公式にはテザリングをサポートしていません。ただ「Mobile AP」と検索してでてくる何かしら?をインストールするとテザリングできちゃうそうです。まあ今更感のあるネタですが。


 もちろん非公式なので試す場合は自己責任ということで。ただ気になるのはAPNの動きですね、少し見てみましょうか。


 下の画像は、APNを"mopera.net"に設定して上記の何かしら?を使って非公式テザリングをONにしたときの「Android System info」の画面。ありゃ?隠しAPNになっていません。


 GALAXYTAB_SP_teza.png


 「初代GALAXY TAB」はAndroid2.2ですから「APN 切り替え」というアプリが使えます。このアプリは使用中のAPNを他のAPNにワンタッチで切り替えてくれるスグレモノ。このアプリを使って非公式テザリングがONになったままで"spmode.ne.jp"のAPNに切り替えてみましょう。


 GALAXYTAB_moperaaction.png


 そのまま"spmode.ne.jp"になりました。まったく隠しAPNがでてきません。・・・たしかにテザリングできているんですが。


 どういうことなんだろ?・・・まあいいや、やめとこ。もう少し突っ込んだことは以下のサイトが役に立つと思います←一応きちんと検証した結果を当ブログにあげました。


 「初代GALAXY TAB(SC-01C)」でテザリング【ただしOSがAndroid2.2、更にその一部のみ】
 
音声通話

 上述したようにこの端末は音声通話が可能です。試したことがありませんが(笑)。せっかく音声対応SIMを入れているのですから少し試してみましょう。


 ただこの端末、音声通話用のスピーカーついていませんので、下部の音楽を流すスピーカーから通話の声も聞こえます。強制ハンズフリーですね(笑)。しかもマイクは端末上部にありますので端から見ると電話をしているようにはみえないでしょう。


 実験につきあっていただいた友人曰く、マイクから離れて通話すると遠くで「拡声器ではなしているような感じ」、マイクに近づいて話すと「トランシーバーで話しているような感じ」だそうです。どちらにせよ音質はよくないようですね。まあヘッドセット使うのが現実的のようですね。

 
 以上です。
 

 今回はさっくりと終わりました。

 
 では。


 


 
web拍手 by FC2
応援してくれるとありがたいです
にほんブログ村 携帯ブログへ
[ 2014/03/30 23:00 ] docomo Xi | TB(0) | CM(0)

XiのSIMがFOMA端末でも使えると聞いて2014年版【その3:FOMA端末で使ってみる(GALAXY NEXUS)】

 今回も前回の続きで、Xi(音声契約)のSIMを色々な端末に挿して使えるかどうか試していきましょう。

 
 検証に入る前に前提となる内容を掲載しておきます。前回の記事にも掲載してありますが。
 
検証に入る前に

 XiSIMの契約内容を簡単にご説明。
 
  • 契約端末 L-05D(Optimus it)
     
  • 料金プラン:タイプXiにねん
     
  • パケット割引サービス:Xiパケホーダイフラット
     
  • 契約ISP:SPモード、iモード、mopera U(Uスタンダード)、BlackBerry Internet Service(BIS)


 とりあえずISPはてんこ盛りで契約してみました。申し込みは簡単だし(ただし月10回まで)、ISPセット割りは効きますし、更には日割りで計算してもらえるし。

 ドコモの端末を以下のように区分して検証しています。
 
  1. Xi対応スマホ
     
  2. Xi対応タブレット
     
  3. Xi対応データ通信端末
     
  4. FOMA対応スマホ
     
  5. FOMA対応タブレット
     
  6. FOMA対応データ通信端末
     
  7. iモード対応ガラケー
     
  8. BlackBerry
     
  9. Windows Mobileスマホ

 今回は4をみていこうかと。では検証開始です
 
4.FOMA対応スマホ

 ここでは「GALAXY NEXUS」で試してみようかと思います。
 
SPモードで通信時

 
  • 通常使用時
     
     音声通話・データ通信ともに可能です。


     GALAXY NEXUS_SP_tuwa


     ちなみに、「SPモード」で通信中「ネットワークにログイン」というアイコンが出ることがあります。これは「SPモードフィルタ」をかけているときに特定の機種で現れるアイコンで特に問題はないそうです。


     ネットワークにログイン


  •  
  • テザリング時
     
     スマホの場合こっちも試してみないといけません。ちなみにXi対応スマホの「L-05C(Optimus it)」では全く問題なく可能。隠しAPN"dcmtrg.ne.jp"に強制的に変更になっても通信出来ます。そりゃドコモから販売された端末に付属してきたSIMでテザリングしているわけですから当たり前なんですが。


     ただFOAM対応スマホではどうなのか。検証してみる必要があります。結果・・・


     テザリング可能です。もちろん「APN切替え」などは使用していません。というよりAndorid4.2では動作しません。


     ただどのAPNにつながっているのかは調べたいところです。そこで「Android System info」というアプリで現在接続しているAPNを覗いてみましょう
     

     SPmodeifo.jpg


     確かに隠しAPN"dcmtrg.ne.jp"になっています。それでテザリングが可能ということは、「SPモード」ではテザリングが許可されているということなのでしょう。


     
    上記の記述に関連して補足を。「SPモード」ではテザリングが許可されているのではなく、「SPモード」を契約していない限りドコモさんはテザリングを許可しないというのが正しいようです。ただドコモ版iPhone5Sに関しては未確認。持ってませんから

     

     ただし上限金額がどうなるのかは不明です。・・・大丈夫だとは思う。昨日も結構通信したけどMy docomoのほうでは特に変化ないし。ただ試すのならば自己責任で((((;゜Д゜)))))))

 
mopera Uで接続時

 今度は「mopera U」で試してみましょう。ところで「GALAXY NEXUS」には初期設定では"mopera.net"のAPNは登録されていません。


 代わりに名前が「mopera U(スマートフォン定額)」、APNが"mpr2.bizho.net"となっているアクセスポイントが登録されています。ただこちらではXi契約のSIMは通信出来ません。なのでとりあえずAPN"mopera.net"を新規に登録して試してみましょう。"mpr2.bizho.net"については最後で解説します。

 
 
  • 通常使用時
     
     音声通話・データ通信ともに問題ありません。


     GALAXY NEXUS_mopera_tuwa


     ただ「SPモード」だろうが「mopera U」だろうが、「GALAXY NEXUS」はFOMAにしか対応していませんので、最大14Mbps(FOMA ハイスピード)の速度しか出ません。Android4.2搭載のFOMA端末というのは「GALAXY NEXUS」ぐらいなものでしょう。

     
  • テザリング時
     今度はテザリングを試してみます。


     こちらも一応テザリング可能。ただしSPモードも契約している時に限るようです。また「Android System info」で覗いてみましょう


     mopera APNINFO


     隠しAPN"dcmtrg.ne.jp"で通信できてますね。ただこれは「SPモード」を契約しているからです。ドコモさんは「SPモード」で通信していようと「mopera U」で通信していようとテザリングが開始されると必ず隠しAPN"dcmtrg.ne.jp"に強制的に切り替えます。その上で「SPモード」を契約しているか否かで、テザリングの可・不可を判断しているようですね。←このあたりは後の検証結果を基に書き換えてあります。下記の追記をご覧ください。


     
    追記~2014年3月31日~
     SPモードを(iモードも)解約し、「mopera U」の契約のみ残した状態で再びテザリングを試してみました。結果、接続出来ず。向こう側で拒否られているようです。やはり隠しAPN"dcmtrg.ne.jp"でテザリングが可能なのはSPモードを契約している回線に限られるようです

     
    mopera U(スマートフォン定額)

     最後にAPNが"mpr2.bizho.net"のアクセスポイントについて解説します。まずは前回の記事の表を再掲しますね。

     mopera Uのアクセスポイント(重要性が高いと思われるものに限る)
    通信方式契約の種類契約プラン・パケット割引サービス(代表例のみ)APN

    Xi
    Xi 音声契約Xiパケホーダイフラットなど*2mopera.net
    Xi データ通信契約Xiデータプラン2 にねん、Xiデータプラン にねんなど*3mopera.net

    FOMA
    FOMA 音声契約パケホーダイフラットなど*4mopera.net
    mpr2.bizho.net(一部機種のみ*1)
    FOMA  データ通信契約定額データプラン スタンダードなど*5mopera.flat.foma.ne.jp

      *1:ドコモさんいわくこのAPNを使うには「パケ・ホーダイ フラット、パケ・ホーダイ ダブル2、パケ・ホーダイ ダブル、パケ・ホーダイ シンプル、Biz・ホーダイ」の契約が必須だそうです。

     *2正確には「Xiパケ・ホーダイ ライト、Xiパケ・ホーダイ ダブル、Xiパケ・ホーダイ フラット」です

     *3正確には「Xiデータプラン ライト、Xiデータプラン ライト にねん、Xiデータプランにねん、Xiデータプラン、Xiデータプラン2 にねん、Xiデータプラン2、Xiデータプラン フラット にねん、Xiデータプラン フラット」です、

     *4正確には「パケ・ホーダイ フラット、パケ・ホーダイ ダブル2、パケ・ホーダイ ダブル、パケ・ホーダイ シンプル、Biz・ホーダイ」です

     *5正確には「定額データプラン スタンダード(新規受付停止)、定額データプラン スタンダード2、定額データプラン フラット(新規受付停止)、定額データプラン128K」です


     この表の紫になっている部分が"mpr2.bizho.net"を使用する場合です。下の*1にも書いてありますがこのAPNは


     「パケ・ホーダイ フラット、パケ・ホーダイ ダブル2(新規申し込み停止)、パケ・ホーダイ ダブル、パケ・ホーダイ シンプル、Biz・ホーダイ(新規申し込み停止)」


     といったパケット割引サービスを契約しているSIMで通信を行うときに使用するアクセスポイントです。見ればわかるようにサービス名はすべてFOMAのものですね。もう申し込みを停止しているプランもあります。今回検証しているSIMはXi契約(音声対応)のSIMなので、このAPNで通信出来ないのは当たり前なのです。


     前回でお話した"mopera.flat.foma.ne.jp"はFOMAデータ通信プラン用のAPNでした。今回のFOMA音声通話用のAPNです。どちらもFOMA契約で定額データ通信を行うときに使うAPNですね。なのでXi契約では考慮する必要のないAPNといえそうです。
     

     関係あるのかどうかはわかりませんが、かつてドコモさん必死になってFOMA契約をXi契約に切替えようとしていました(実は今も)。それだけFOMAで定額データ通信を行うことが怖かったのでしょう。Xi(LTE)のほうが電波の使用効率が高いそうですからその分多くの通信をさばくことができます。


     以前の記事でも書きましたがドコモ1.7GHz帯(東名阪バンド)をドコモさんLTEに転用し始めました。それだけFOMA通信が減少しているのでしょう。なのでFOMAでパケット定額専用のAPNを使わせるということは、Xiではやらなくなっているようです。ただそのかわりIMEI認証を強化しているような気が・・・。あまり根拠はありませんが。


     さて、話それましたがこれで「GALAXY NEXUS」での検証は終了です。


     では。

     
     【PR】GALAXY NEXUS用大容量バッテリー
     
     
    補足:mopera Uのアクセスポイントの詳細

     ここからは少し細かい話。


     「mopera U」のアクセスポイントは上記に挙げたものだけではありません。ここでは重要性が乏しいとして省いたものをご説明いたします。


     
    1. 設定用(Xi、FOMA共通):"0120.mopera.net"
       このアクセスポイントは必ずといっていいほどドコモの端末に登録されていると思います。これはmopera初期初期設定画面に無料でアクセスするためのAPNで、「mopera U」のIDやパスワードを参照することが出来ます


       このアクセスポイントを選択してから、ブラウザで"http://start.mopera.net"と入力するとパケット代無料でmoperaの設定サイトに行くことが出来ます。無料でなくてよければ、普通にブラウザに上記アドレスを入力しても大丈夫です。


       正直あまり利用頻度は高くないと思います。基本的に「mopera U」でIDやパスワードが必要になることは少ないので。
       
    2. スマートフォン定額専用APN:mpr2.bizho.net、mpr.bizho.net(旧端末用)
       そのパスワードやIDが設定に必要になる数少ないAPNがこの2つです。"mpr2.bizho.net"は既にご説明してあります。"mpr.bizho.net"も基本的に同じなのですがもっと古いスマホ用のものです。どのくらい古いかというと

       hTcZ、F1100、HT1100、HT-01A、HT-02A(5機種はすべてWindows mobile OS)、M1000(Symbian OS)


       ドコモスマホの初期中の初期の端末ばかりです。なのでほとんどの方は気にする必要はないでしょう。
       
    3. FOMA 128K通信専用アクセスポイント:mpr.ex-pkt.net
       こちらも今となってはマニアックなAPNかもしれません。前回の記事でも書いたのですがFOMA 128K通信とは、最大128kbpsの速度で月1505円(ISP代別)のプラン。だれが使うんだろ?ただ現在も申し込みは可能です。
       
    4. フィルタリングフリー用アクセスポイント(Xi、FOMA共通):open.mopera.net
       これは登録しておいてもいいAPNなのかもしれません。「mopera U」のパケットフィルタリングに引っかかって通信出来ないときはこちらを試してみてください。むやみやたらに試すアクセスポイントではないと思いますが。


     
     以上です。
     
    参考サイト

     
web拍手 by FC2
応援してくれるとありがたいです
にほんブログ村 携帯ブログへ
[ 2014/03/30 19:00 ] docomo Xi | TB(0) | CM(0)

XiのSIMがFOMA端末でも使えると聞いて2014年版【その2:FOMA端末で使ってみる(HW-01C)】

 今回は前回の続きで、Xi(音声契約)のSIMを色々な端末に挿して使えるかどうか試していきましょう。

 
 検証に入る前に前提となる内容を掲載しておきます。前回の記事にも掲載してありますが。
 
検証に入る前に

 検証につかうXiSIMの契約内容を簡単にご説明。
 
  • 契約端末 : L-05D(Optimus it)
     
  • 料金プラン:タイプXiにねん(音声契約です)
     
  • パケット割引サービス:Xiパケホーダイフラット
     
  • 契約ISP(プロバイダ):SPモード、iモード、mopera U(Uスタンダード)、BlackBerry Internet Service(BIS)


 とりあえずISPはてんこ盛りで契約してみました。申し込みは簡単だし(ただし月10回まで)、ISPセット割りは効きますし、更には日割りで計算してもらえるし。

 またドコモの端末を以下のように区分して検証しています。
 
  1. Xi対応スマホ
     
  2. Xi対応タブレット
     
  3. Xi対応データ通信端末
     
  4. FOMA対応スマホ
     
  5. FOMA対応タブレット
     
  6. FOMA対応データ通信端末
     
  7. iモード対応ガラケー
     
  8. BlackBerry
     
  9. Windows Mobileスマホ

 今回は6をみていこうかと。では検証開始です。
 
6:FOMA対応データ通信端末

 本来ならばFOMA対応スマホから検証していくところなのですが、まずはFOMA対応データ通信端末「HW-01C(通称黒卵)」で検証してみます。当たり前ですがデータ通信端末(モバイルWiFiルータ)なので、挿したSIMが音声契約でも通話はできません。なので試せるのはデータ通信のみです。
 
SPモード

 この「HW-01C」に「SPモード」のAPNを設定してデータ通信してみましょう。さて結果は・・・。
 

 データ通信できません。


 まあそうだろうとは思っていましたが。だってデータ通信端末で「SPモード」というISP(プロバイダ)へのアクセス許可したってしょうがないですから。「SPモード」というのはドコモ純正のスマホ・タブレットにドコモ独自のサービス(SPモードメール、dビデオなど)を届けるためのIPS(プロバイダ)なのですから。


 データ通信端末(モバイルWiFiルータ)ではメールの受信はできませんし、動画の視聴もできません。したがってドコモさんとしても「SPモード」というプロバイダを使わせる必要はないのです。


 というより「ドコモ独自のサービス使う気ないんだったらプロバイダよそにしてくれよ」っていうのがドコモさんの本音でしょう。その分トラフィックも減りますし。


 そもそも当初ドコモさんは「SPモード」を音声・メールが中心となるであろうスマホ向けに用意し、パケット大食らいが予想されるデータ通信回線に「SPモード」というプロバイダを使わせる気はなかったのです。


 ただ途中で方針転換して、データ通信契約でも「SPモード」というプロバイダによるアクセスを認めるようになりました。理由はドコモ独自のサービスをより幅広いユーザーさんに利用してもらいたいという思惑からです。参考記事はこちら。タブレットならばメールも受信できますし、動画も観られますから


 ただドコモさんもドコモ独自のサービスを届けられないデータ通信端末(モバイルWiFiルータ等)にまで「SPモード」というプロバイダを利用されても困るわけです。なので制限をかけます(恐らくIMEI制限)。そのSIMがデータ通信契約であっても音声対応契約のもであってもです。
 
mopera U

 さてそんなドコモさんが用意した別途用意したプロバイダが「mopera U」です。なので「mopera U」ならばデータ通信端末でも通信が可能なはずです。試してみましょう。


 「HW-01C」にデフォルトで用意されている「mopera U」のAPNは以下の通り。

 
  1. "mopera U(TEIGAKU)" APN:mopera.flat.foma.ne.jp
     
  2. "mopera U(JURYO)" APN :mopera.net


 ・・・なんだこれ?TEIGAKUはわかるはJURYOって従量プランってことだよなぁ。いや2012年にもこの端末でXi SIM(ただしデータ通信契約)を試しているのですが。以前の記事読んでも自分がどっちのAPN使ったのか書いてない。もちろん私自身覚えてない・・・(^_^;)


 とっ、とりあえず試してみましょう。


 まずは「TEIGAKU」のAPN"mopera.flat.foma.ne.jp"から


 ・・・つながらない。


 HW-01mopera1.jpg


 次は「JURYO」のAPN"mopera.net"


 こっちは通信出来ました。


 HW-01mopera2.jpg

 

 PCでもネットにつながっていることを確認できます。でも「JURYO」って・・・。


 今回試しているSIMは「Xi にねん」の契約で更に「パケ・ホーダイフラット」をつけている音声回線です。だから従量制とは関係ないのではないかな?7GBまで高速通信し放題なのですから。一応My docomoでチェックしていますが、特におかしなところはみつからず。


 もっとも7GBまで使い放題だというのにまだ300MBしかつかっていないというチキンぶり。日頃のチマチマした検証の仕方が抜けません・・・。

 
 しかしmoperaのAPNはややこしい。少し調べてみましょう。


 まずはこちらのサイト


 「mopera U」アクセスポイント


 きれいなレイアウトなのですが書いてあることは非常にわかりにくい。むしろ下記のページのほうがわかりやすかと。

 
 他社製品にドコモのSIMカードで利用する
 

 両ページを参考にしつつこのブログでも少しまとめておきましょう。ただ例によって重要性が乏しいと思われるところは思いっきり省いています。

 
 
通信方式契約の種類契約プラン・パケット割引サービス(代表例のみ)APN

Xi
Xi 音声契約Xiパケホーダイフラットなど*2mopera.net
Xi データ通信契約Xiデータプラン2 にねん、Xiデータプラン にねんなど*3mopera.net

FOMA
FOMA 音声契約パケホーダイフラットなど*4mopera.net
mpr2.bizho.net(一部機種のみ*1)
FOMA  データ通信契約定額データプラン スタンダードなど(下記の続きをご覧ください)mopera.flat.foma.ne.jp

 

 *1:ドコモさんいわくこのAPNを使うには「パケ・ホーダイ フラット、パケ・ホーダイ ダブル2、パケ・ホーダイ ダブル、パケ・ホーダイ シンプル、Biz・ホーダイ」の契約が必須だそうです。重要なことが書いてあるとは思うのですが、今回のテーマとは関係ない・・・わけではないのですが、ややこしくなるのでここでは触れないでおきます(^_^;)

 *2正確には「Xiパケ・ホーダイ ライト、Xiパケ・ホーダイ ダブル、Xiパケ・ホーダイ フラット」です

 *3正確には「Xiデータプラン ライト、Xiデータプラン ライト にねん、Xiデータプランにねん、Xiデータプラン、Xiデータプラン2 にねん、Xiデータプラン2、Xiデータプラン フラット にねん、Xiデータプラン フラット」です、

 *4正確には「パケ・ホーダイ フラット、パケ・ホーダイ ダブル2、パケ・ホーダイ ダブル、パケ・ホーダイ シンプル、Biz・ホーダイ」です
 

 で、"mopera.flat.foma.ne.jp"というAPNは以下のプランを契約している時につかうAPNだそうです。


 「定額データプラン スタンダード(新規受付停止)、定額データプラン スタンダード2、定額データプラン フラット(新規受付停止)、定額データプラン128K」


 「定額データプラン」というのはFOMA回線によるデータ通信のプラン名。もう受付停止しているプランも多いですね。まだ申し込めるものもありますが。しかし「定額データプラン128K」は最大128kbpsの速度で月1505円(ISP代別)のプラン。だれが使うんだこれ・・・。

 
 とりあえず、「HW-01C」に設定されているAPNのうち「TEIGAKU」"mopera.flat.foma.ne.jp"はXi契約のSIMでは使えないことがわかりました。「JURYO」と書いてある"mopera.net"を使うしかないですね。Xi契約でパケホーダイフラットに加入しているのならば従量制ということはないだろう・・・たぶん。


 ーご注意ー
 例によって必死に検証したり、調べながら書いてはいますが、確信はありません。試してみるならば自己責任でお願いしますね

 
まとめ

 かなりごちゃごちゃしたのでまとめておきます。

 
 
  1. Xi音声契約のSIMを「HW-01C」で運用するならばAPNは"mopera.net"でしか通信出来ません。


     
  2. 上限額がどうなるかはわかりません。ただSIMフリースマホ(NEXUS 5など)でも「mopera U」でしか通信できませんので大丈夫だと思うのですが。私「NEXUS 5」で今回検証したSIM挿した速度測定とかしちゃっていますから。ただ今のところMy docomo上で変化はなし。


     「NEXUS 5」に色んなSIMを挿してみる【その5:SPモードとmopera Uの違い。GALAXY NOTE(SC-05D)のSIMを通じて】



 後は来月の10日ごろに料金確定するのを待つしかないですね((((;゜Д゜)))))))

 
 では。


 
 

  
web拍手 by FC2
応援してくれるとありがたいです
にほんブログ村 携帯ブログへ
[ 2014/03/30 09:00 ] docomo Xi | TB(0) | CM(0)
プロフィール

kftv21

書いている人:kftv21

 ただの携帯好きです。

スポンサードリンク
Lc.ツリーカテゴリー