ガジェット好きの戯れ言 2015年01月
サンプル
~金なし携帯好きが好き放題語ります~

ソフトバンクモバイルとワイモバイルなど4社が合併へ

 ソフトバンクモバイルとワイモバイルなど4社が合併へ


 というわけでついに合併ということになりました。まあ想定されていたことでイーモバイルへの出資自体周波数目当てだったことは明らかでしたし。しかも当時と状況が変わって別会社のままにしておくとキャリアアグリゲーションの妨げにしかならないとなればもう合併あるのみ。


 この合併でSoftbankはY!mobileのもつ700MHz帯と1700MHz帯の使用免許を名実ともに手に入れることになります。


 となればSoftbankはあれほどほしがっていたプラチナバンド900MHz帯と700MHz帯の使用免許を保持することに。もうつながらないという言い訳は完全にできませんね。プラチナバンドでのLTEサービスインは大幅に遅れているようですが(笑)。


 さて、今後の日本の通信業界は大手キャリア3社と回線を卸してもらう格安MVNO事業者が並立する・・・という構図になっていくのでしょう。そのなかで現在のY!mobileの立ち位置はあまりにも中途半端。今後のY!mobileはSoftbankのMVNO事業者といった位置づけになっていくと筆者は勝手に予測しています。

 
 ただそうなるとPHSはどうなるのか・・・。あれだけPHS回線ばらまいたからには、PHS停波というのはまだまだ先のことだとは思います。が、徐々にソフトバンクに巻き取られていくことになるのかもしれません。


 少し寂しくはありますね・・・


 では。


 
 
web拍手 by FC2
応援してくれるとありがたいです
にほんブログ村 携帯ブログへ
[ 2015/01/25 20:00 ] Y!mobile Y!mobileニュース | TB(0) | CM(0)

WX06KのSIMで動作するモバイルルータその2

 今回も前回に引き続き手持ちのモバイルルータで「WX06K」のSIMが動作するかどうか検証したいを思います。
 
設定項目

 前回と同じく「WX06K」の設定内容を確認しておきます。

 
  • 名前:適当に
  • APN:andoworld.softbank.ne.jp
  • ユーザ名:「SbmAPNGetter」で抜き出したID
  • パスワード:「SbmAPNGetter」で抜き出したパスワード
  • MMSC:http://mms/
  • MMSプロキシ:andmms.softbank.ne.jp
  • MMSポート:8080
  • MMC:440
  • MNC:20
  • 認証タイプ:PAPまたはCHAP
  • APNタイプ:default,supl,mms,hipri


 後は使用する端末が要求する設定項目を抜き出して入力してあげればいいわけです。なおMMC周りの設定内容は、コメントくださった方の情報を参照しております。ありがとうございます。

 では検証に移りましょう。
 
HW01C

 今度はドコモの「HW-01C」通称黒卵、ただしSIMフリー版です。こちらは前回取り上げた「C01HW」の兄弟機。設定項目は
 
  • 名前:適当
     
  • ユーザー名:「SbmAPNGetter」で抜き出したID
     
  • パスワード:「SbmAPNGetter」で抜き出したパスワード(入力しなくても通信できちゃいます)
     
  • 認証方式:CHAP
     
  • APN:スタティックを選択した上で、"andoworld.softbank.ne.jp"
     
  • IPアドレス:設定の必要はありません


 です。これは「C01HW」と全く同じ。検証結果は


 HW-01C_WX06K.jpg


 と、こちらは見事に通信できました。ただこれはSIMフリーだからであって、通常のものですと旧ウィルコム(中身はSoftbank)のSIMですからSIMロックのため通信はできないでしょう。


 さてこの「HW-01C」の対応周波数は3G:800MHz/2.1GHz。対する「WX06K」の対応周波数は3G:1.5GHz/2.1GHz。というわけでやはり2.1GHz帯のみでの通信になります。


 ところでこの「HW-01C」、設定画面に入るためのユーザ名が"Admin"と最初大文字になっています(変更不可)。覚えておかないと余計な時間を食ってしまうので注意してください。
 
「D25HW」

 今度は旧イーモバイルの「D25HW」です。これも「C01HW」や「HW-01C」兄弟機。では試してみましょう。


 D25HW_wx06K.jpg


 むぅ・・・通信できません。これは「D25HW」がキャリアロックがかかっているためと思われます。この端末SIMフリーなんですけど旧イーモバイルのSIMでしか通信できないんです。今はウィルコムもイーモバイルもなくなってしまったというのに・・・


 というわけで「D25HW」では通信できずという結果になりました。


 まだまだ手持ちのモバイルルータはあるのですが長くなりますので今回はここまでです。


 では。


 
 <PR>「HW-01C」や「C01HW」用の大容量バッテリーです。この端末は世界的な大ベストセラー機種なので互換バッテリー等がかなり安く手に入ります。
 

 
 
 
web拍手 by FC2
応援してくれるとありがたいです
にほんブログ村 携帯ブログへ
[ 2015/01/18 18:00 ] WILLCOM WX06K | TB(0) | CM(0)

WX06KのSIMで動作するモバイルルータその1

 旧イーモバイルのモバイルルータ「GP02」に「WX06K」のSIMを挿して通信可能なことを確認しました。


 今回は他のモバイルルータでも通信できるかどうか検証してみます。
 
設定項目

 まずは「WX06K」の設定内容の確認です。

 
  • 名前:適当に
  • APN:andoworld.softbank.ne.jp
  • ユーザ名:「SbmAPNGetter」で抜き出したID
  • パスワード:「SbmAPNGetter」で抜き出したパスワード
  • MMSC:http://mms/
  • MMSプロキシ:andmms.softbank.ne.jp
  • MMSポート:8080
  • MMC:440
  • MNC:20
  • 認証タイプ:PAPまたはCHAP
  • APNタイプ:default,supl,mms,hipri


 後は使用する端末が要求する設定項目を抜き出して入力してあげればいいわけです。なおMMC周りの設定内容は、コメントくださった方の情報を参照しております。ありがとうございます。

 では検証に移りましょう。
 
GL01P

 まずは旧イーモバイルのLTE対応SIMフリーモバイルルータ「Gl01P」です。結論から言うと通信可能。


 GL01P_WX06K.jpg


 設定内容は以下の通り。

 
  • 名前:適当
     
  • ユーザー名:「SbmAPNGetter」で抜き出したID
     
  • パスワード:「SbmAPNGetter」で抜き出したパスワード(入力しなくても通信できちゃいます)
     
  • 認証方式:CHAP
     
  • APN:スタティックを選択した上で、"andoworld.softbank.ne.jp"
     
  • IPアドレス:設定の必要はありません


 
 さて、「GL01P」の対応周波数はLTE:1.7GHz、3G:1.7GHz/2.1Ghz、たいして「WX06K」のSIMは3G:1.5GHz/2.1GHzを使います。なのでかぶる周波数帯は2.1GHzのみ。電波のつかみが良くないところがあるかもしれません。


 後当たり前ですが、LTE通信はできませんので通信方式を「LTEのみ」に設定していると変更が必要です。変更の仕方等、この端末の詳しい設定方法は以下の記事を参照してください。IIJミニマムの設定方法ですが応用できると思います。


 Pocket WiFi GL01Pでドコモ格安MVNO回線のSIM(IIJ ミニマム)を使う【設定方法】
 
C01HW

 お次はえらく古い端末ですが「C01HW」(SIMフリーではありません)です。大人気だった旧イーモバイルのPocket WiFi「D25HW」のSoftbank版ですね。


 まず結論から申し上げると通信可能です。

 
 C01HW_wx06K.jpg


 設定項目は以下のとおり

 
  • 名前:適当
     
  • ユーザー名:「SbmAPNGetter」で抜き出したID
     
  • パスワード:「SbmAPNGetter」で抜き出したパスワード(入力しなくても通信できちゃいます)
     
  • 認証方式:CHAP
     
  • APN:スタティックを選択した上で、"andoworld.softbank.ne.jp"
     
  • IPアドレス:設定の必要はありません


 上掲の「GL01P」と設定項目は全く一緒。まあ同じメーカの製品ですからね。


 さて「C01HW」の対応周波数は3G:1.7GHz/2.1GHz、対する「WX06K」SIMの対応周波数は上掲の通り。やはり2.1Ghz帯のみでの通信になりますね。ただ「GL01P」よりも電波のつかみがいいような気がします。気のせいかな?


 こちらの端末の詳しい設定方法は以前の記事を参照してください。


 SoftBankのモバイルルータ「C01HW」にWILLCOMコアアップグレードキャンペーンのSIMを挿してみる


 この記事を読むとわかりますが、以前ウィルコムコアアップグレード回線のSIMを挿した時は、SoftbankB(従量制)での接続になりました。「WX06K」のSIMを挿してもやはりSoftbankB(従量制)になります。まあ従量制での請求がくることは無いと思いますが、試す際はくれぐれも自己責任でお願いします。
 
速度計測

 「WX06K」を挿した「C01HW」で速度計測をしてみます。結果は以下のとおり。


 C01HW_wx06K_Speed.png


 Pingの値が3桁というのが3G通信だなぁと思いますが、まあ3G通信で2.1GHz帯のみとしてはこんなものかもしれません。後は都心の昼休みにどのくらいの速度が出るかを試してみたいですね。


 筆者は他にもモバイルルータはたくさん持っていますが、長くなりそうなのでとりあえずはここまでです。


 モバイルルータはスマホと違って陳腐化する速度が遅いので、結構古い端末でもそれなりに使えてしまうのが面白いところ。しかも白ロム激安ですし。


 皆さんも試してみてはいかがでしょう。


 では。


 <PR>「C01HW」用大容量バッテリーです
 




web拍手 by FC2
応援してくれるとありがたいです
にほんブログ村 携帯ブログへ
[ 2015/01/18 12:00 ] WILLCOM WX06K | TB(0) | CM(0)
プロフィール

kftv21

書いている人:kftv21

 ただの携帯好きです。

スポンサードリンク
Lc.ツリーカテゴリー