ガジェット好きの戯れ言 2015年03月
サンプル
~金なし携帯好きが好き放題語ります~

FUJISOFTのSIMフリーモバイルルータ 「FS010W」を購入した。

 今回は久方ぶりにガジェット紹介。それがこちら。


 FS010W.jpg


 FUJISOFTのSIMフリーモバイルルータ「FS010W」です。FUJISOFTとは独立系システムインテグレータ大手富士ソフトのこと。モバイルルータも扱っていたんですね。


 FUJISOFT Mobile Solution


 さてこの「FS0101W」。ディスプレイもなにもついていないシンプルなモバイルルータですが、SIMフリーなだけでなく幅広いLTE周波数帯に対応しているのが特徴。以下は主な仕様です。


 FSW010W.png


 LTE:800MHz/1700MHz/2100MHz対応しているというのはなかなか。サイズもコンパクトですし電池持ちもよし。惜しむらくは電池が内蔵式なところと、SIMを挿すのが難しいというところでしょうか。


 これで白ロム6000円。思わずポチってしましました。多分かなり破格だと思います。


 では早速いろんなSIM挿してみましょう。
 
BIC SIM

 まずはドコモ回線を使った格安MVNO「BIC SIM」から。


 IIJ_FS010W.png



 問題なく動作します。まあ「FS010W」はドコモMVNO事業者(So-netのよう)に卸している製品ですから、BIC_SIMでも通信できるのは当たり前。


 ただ「FS010W」は標準SIM対応なので、MicroSIMやNanoSIMを挿すにはアダプタが必須です。しかもアダプタによってはSIMがなかなか挿さらない。スロットを壊さないように注意してください。
 
mineo

 今度はauのMVNO回線「mineo」です。


 mineo_FS010W.png


 通信できていますね。ただauのLTE;2100MHz帯のみ対応なのでエリアはかなり限られます。カバー率は90%ぐらいと考えておくといいでしょう。
 
WX06KのSIM

 最後はSoftbank ULTRASPEED回線網(3G)をつかうWX06KのSIMを挿してみました。設定方法などはちょっと特殊なので
以前の記事を参照してください

 WX06K_FS010W.png


 こちらも通信出来ています。Softbank 3G:2100GHz帯を使っての通信になりますね。なのでやはりエリアには不安がありそうです。
 
まとめ

 ドコモのMVNO回線SIM、auのMVMO回線SIM、Softbankの3G回線SIMを挿してみましたがどれも通信可能でした。とはいえやはりドコモのMVNO回線SIM(もちろんドコモ本家も含む)を挿すのがまっとうな使い方だとは思います。auやSoftbankについては参考までに。


 ただ、なかなかいいモバイルルータだと思いますので、格安中古の出物があれば確保することをおすすめします。
 
おまけ

 この「FS010W」には上記機種があります。それが「FS020W」


 http://www.fsi.co.jp/mobile/plusF/products/FS020W.html


 こちらは4バンドのLTEに対応し、なおかつ5GHz帯の無線LANに対応しているというかなりハイスペックなモバイルルータです。もちろんSIMフリー。


 


 
web拍手 by FC2
応援してくれるとありがたいです
にほんブログ村 携帯ブログへ
[ 2015/03/01 20:00 ] FS010W | TB(0) | CM(2)
プロフィール

kftv21

書いている人:kftv21

 ただの携帯好きです。

スポンサードリンク
Lc.ツリーカテゴリー