ガジェット好きの戯れ言 2015年09月
サンプル
~金なし携帯好きが好き放題語ります~

PHS回線をどうするか

 久しぶりに更新頻度高めです。もちろんシルバーウィークから続くお休みのおかげ。


 さて今回の話題は久しぶりにWILLCOM・・・ではなくY!mobile。


 もうニュースも追わなくなって久しいのですが、実は手持ちのPHS回線がもうじき3年縛りを抜けます。


 今後どうしようか、というのが今回のお話し。ちなみにほとんど使っていません^^;


 まあ普通であれば解約一択だと思うのですが、何しろこのブログはWILLCOMネタで売ってましたからやはり一回線ぐらいは保持しておきたいところ。
 
現在の機種/プラン

 現在のPHS回線はこんな感じです。
 
  • 機種
     HONEY BEE スマホセット WX06K、HONEY BEE 4のセット
     
  • プラン
     ウィルコム プランD
     
  • 月額料金
     2084円

 お姿はこちら。
 
 写真
 
 やはり3年契約だと端末は完全に陳腐化してしまいますね。WX06KはAndroid 2.3、LTE非対応。とてもXperia ZL2 やZenfone2に太刀打ちできません。一方HONEY BEE4は家族間トランシーバとして今でもちょっとは使う機会があります。
 
回線と端末の移行先を考える

 さて現在の機種についてのご紹介はこのくらいにして、現在のY!mobile回線を今後どうするのかを考えてみます。希望としては以下のとおり。
 
  1. PHS回線が使えること
     はっきりいってY!mobileには何の興味もありませんのでスマホに移行する気は全くありません。あくまでPHS回線を維持することが目的です。ですのでPHS端末の使用が絶対条件。
     
  2. あくまでもお付き合い
     こちらあくまでもお付き合いですのでお金をかける気がありません。端末代込みで月2000円ぐらいまで?
     
  3. でもブログネタになるような端末がいい
     やはりブログネタにはしたいところ。そうなると通話しかできないようなPHS端末はちょっと・・・記事書いている暇があるのかはさておいて^^;

 と結構わがままな要件が出そろいました。


 以上の要件を考慮して少しパターンを考えてみたいと思います。
 
そのまま契約を更新する

 上述したように今現在は月に2084円+通話料を支払っています。その内訳は以下の通り
 プランD

 
 これをそのまま契約を更新したらどうなるか。 
 
 
 基本使用料の割引がどこに由来しているのか忘れてしまったのですが、W-Value割引が終了することは確実です。なのでその段階で+3570されますので、いきなり月5656円に跳ね上がることに・・・


 怖!この選択肢だけは絶対避けなければなりません。
 
まっとうに機種変更する

 上述したようにそのまま放置することは絶対に許されません。解約月までにはなんかしらのアクションを起こす必要があります。


 そこで今度は素直にオンラインショップで機種変更する場合を考えてみようかと思います。まずは何に機種変更するか決めないといけません。ちょっとオンラインショップを覗いてみます。 

 Y!mobile オンラインショップ


 あいかわらず微妙なラインナップです。上述した要件の3番目ブログネタになりそうな端末はCRESTIAか WX12Kぐらいしかありません。それにしてもHeart(401AB)は変態すぎる・・・この端末買う人いるんでしょうか?


 というわけで対象端末はCRESTIAかWX12Kとします。こちらの端末は以前紹介しておりますので詳細は以前の記事を参照してください。


 Y!mobileの新端末CRESTIAのご紹介
 

 ちなみに記事読んでいただくとわかるのですがCRESTIAとWX12Kは全く同じものです。色と名前が違うだけ。旧WILLCOMお得意の手法ですね(笑)ですので以下CRESTIAと記載があったらWX12Kも含むものとしてください。


 さて、では機種変更した場合のコストを計算してみます。
 パターンA

 月あたり2900円ですか。高すぎですね要件2に合致しませんので却下。
 
複数回線を同時に新規契約/MNPする

 今度はオンラインショップで新規契約する場合を考えてみます。この場合は既存回線は解約ということになりますね。


 ところでオンラインショップでは新規契約/MNPでも一回線のみの契約では機種変更と全く金額に差がでません。機種変更と差がでるのは複数回線を同時に契約した場合のみとなります。その場合が下表となります

 パターンB


 おお、安くなりました。Y!mobileさんもこちらのほうがお得と謳っています。でも世間一般の相場と比べてどうなのでしょうか?実質通話専用端末に月2400円を支払う価値があるのかは非常に疑問です。
 
持込機種変更/持込新規

 今度は持込機種変更/持込新規を考えてみたいと思います。といっても私はCRESTIAの白ロムを持っていませんので、1万円ぐらいで調達するものとして計算しています。

 パターンC


 ただ維持するだけならば2000円/月を下回りました。ただW-Value割引が効きませんので誰とでも定額オプションをつけるとオンランショップで機種変更するのとほとんど差がでません。とはいえ維持するだけとなればこのパターンが最安でしょう。


 しかし最低でも誰とでも定額オプションをつけないと本当に使い道がないことも事実。通話専用端末にすらなれません。まあブログネタとして使う時だけはスーパー誰とでも定額をつけてあげればいいかもしれないですね。あくまでもお付き合いということですし・・・


 あとはいい白ロムを見つけるだけです。安く手に入れば入るほどいいわけですから。


 では。


 


 
web拍手 by FC2
応援してくれるとありがたいです
にほんブログ村 携帯ブログへ
[ 2015/09/27 20:00 ] WILLCOM WILLCOM全般 | TB(0) | CM(0)

dynabook R734/Kのストレージを換装したい。

 購入した東芝 dynabook R734/k。Windows10にアップグレードしても特に問題なく動作しています。ともかく動作がきびきびしていて使っていてストレスがたまりません。起動、シャットダウンも爆速。


 これはWindows10の出来もさることながらSSD搭載、ビジネスモデルのため余計なプリインストールソフトがない、なども要因でしょう。


 さて、現状おおむね満足しているのですが、一つだけ不満なのがそのSSDの容量。128GBはさすがに少なすぎる。すでに残り領域が30GBほどしかありません。


 というわけで換装にチャレンジしてみることにしました。
 
裏蓋を開けてみる

 R734BACK.jpg


 上部にメモリ、下部にはSSD・・・あれ、私が見慣れているお姿がありません。代わりに何かむき出しの基盤のようなものが見えます。そうこれがSSDなんですね。なんでもmSATA接続方式なんだそうで。近頃一般的になってきているんだそうです。

 
 取り外してみました。


 MSATASSD.jpg


 東芝製ですね。通常のSSDにくらべてかなり小さいですし薄いです。


 しかし困りました。私が交換しようとしていたのは普通のSSD256GB、大きさ的にはぴったりと入るスペースはあるのですが、コネクタの形状が合いません。


 SSDIN.jpg


 サイズはぴったりなんです。それもそのはずR734のHDD搭載モデルなどはここに2.5インチHDDを搭載するのでしょうから。ですのでコネクタの形状を合わせれば何とか換装できるはず。変換コネクタがあれば何とかなりそう・・・
 
変換コネクタを探してみた

 見つけたのはこんなの。

 
 


 実物はこちら。


 msatanonnpower.jpg


 手持ちのシリアルATAケーブルを接続しています。これでSATA接続のSSDと接続は可能になりました。ただ何かが足りません、そう電源コネクタです。


 自作PCであれば電源ユニットから4ピンコードなりSATA電源コードなりを引っ張ってくれば終わりなのですが、ノートPCではそうはいきません。


 そこでさらに探してみたのですが、どんなに探してもmSATAコネクタからSATA電源コネクタに変換するアダプタが見つかりません。これはmSATA SSDが3.3V駆動なのが原因のようです(通常のSSDは5V駆動が圧倒的に多い)。なので変換するには昇圧回路を組み込まなければいけなくなるわけですね。といっても別に難しいものではなさそうですが・・・なぜないのでしょう?
 
選択肢

 さてここまできてどうするか。
  1. 素直にmSATA250GB程度のSSDを購入する
     mSATAでも決して高いものではありません。
     

     
     
  2. R734の基板上から引っ張ってくる
     R734はHDD搭載モデルもありますしSATA光学ドライブ搭載モデルもあります。ですのでマザーボード上にはそれらを接続するためのSATAコネクタがあるはず。問題はそれがどれだかわからないこと。

     さらにわかったとしてそれらをつなぐためのケーブルが調達できるかどうか。ケーブルはFFC(フレキシブル フラット ケーブル)という独特のものを用意する必要があります。現段階では情報不足で見つけられていません。
     
  3. あきらめる(笑)
     現状とくに不満があるわけでもないのですから、SSDを外付けでUSB接続してもいいわけです。もちろんブログ的にはなんの面白みもないですけど(笑)



 とうわけで・・・


 DSC_0015.jpg


 とりあえず手持ちのHDDケースに入れて外付けで使うことにしました。R734本体はまだ保証期間残っていますので無茶はせずということで。


 もちろん今後は手を入れていくつもりです。その時にはまた記事にしたいと思います。


 では。


 
web拍手 by FC2
応援してくれるとありがたいです
にほんブログ村 携帯ブログへ
[ 2015/09/21 16:00 ] PC dynabook R734/K | TB(0) | CM(0)

Zenfone2のバッテリ持ちを改善する

 今年もiPhoneの新製品が発表されました。


 アップル、iPhone 6s/6s Plusを発表、9月25日発売


 iPhone6SやiPhone6S Plus自体はとても手が出ませんが、そのためiPhone6、iPhone 6Plusがかなり安くなっています。


 またこんなニュースも

 
 日本のNexus 6が2万円近くの値下げ、次期Nexus登場間近が原因か


 NEXUS 6も安くなったようです。


 う~ん大画面のスマホが欲しくてZenfone2を購入したのですが、iPhone6 PlusやNEXUS6も選択肢にいれてもよかったかも、Zenfone2バッテリもたないし。

 バッテリー持ち

 上記の表は上述したスマホのバッテリー持ちを比較した図です。やはりZenfone2が一番持たないようですね。まあNEXUS6もiPhone6 Plusもバッテリ持ちがいいという話は聞きませんが。


 そんななかずば抜けているのが参考として載せたXperia ZL2。現在Zenfone2との2台持ちで使っていますが本当にバッテリー持ちがいいです。画面サイズは5.2インチですがその他の機能もバランスがとれていて名機と呼んでいいのではないかと思っていたり。
 
嘆いていないでなんとかする

 さて、嘆いていてもしょうがありません。せっかく買ったZenfone2、なんとしてもバッテリを持つように設定を変更しましょう。


 いろいろとネットを調べて試したのが以下の二つ。
 
バッテリモードの変更

 設定>電力管理>省電力設定>バッテリモードとたどり以下の画面でスマート節約モードを選択する。


 Screenshot_2015-09-13-09-38-40.jpg


 スマート節約モードはバッテリーモードを自分でカスタマイズできます。私はこんな感じで設定しました。


 Screenshot_2015-09-13-09-39-20.jpg
 
  1. 明るさ30%
     
  2. プッシュ通知を使用するアプリ---スリープ状態になったらネットワークから自動的に切断し、プッシュ通知をしないようにしました。
     
  3. 拡張待受---どう節電効果があるのか不明ですが一応チェックしました。
     
  4. リアルタイムで更新するアプリ---スリープの状態でもメールだけは自動的に受信します。

 
自動起動するアプリの設定

 設定>電力管理>自動起動マネージャーとたどり自動起動するアプリを減らします。


 私はATOK以外全部自動起動しない設定にしました。


 Screenshot_2015-09-13-11-55-30.jpg
 
結果

 結果、使っていないときのバッテリー持ちは劇的に改善しました。これで仕事から帰るときにバッテリーが切れているということはなさそうです。


 ただおサイフ機能があればなぁ・・・


 当分Xperoa ZL2との二台併用体制は続きそうです。


 では。


 

 
web拍手 by FC2
応援してくれるとありがたいです
にほんブログ村 携帯ブログへ
[ 2015/09/13 15:00 ] Zenfone2 ZE551ML | TB(0) | CM(0)
プロフィール

kftv21

書いている人:kftv21

 ただの携帯好きです。

スポンサードリンク
Lc.ツリーカテゴリー