ガジェット好きの戯れ言 「MW600」レビュー〜その5〜聴き比べ 1
サンプル
~金なし携帯好きが好き放題語ります~

「MW600」レビュー〜その5〜聴き比べ 1

 久しぶりにBluetoothヘッドセット「MW600」のレビューです。今回は聴き比べ。といっても私のへっぽこな耳では、音の違いなんかよくわからないんですがお付き合いください。

 
 聴き比べるのであれば当然比較対象はあります。それがこちら。前に使っていたBluetoothヘッドセットです。型番はLogitec 「LBT-HPS01C2」。メーカーサイトはこちら


 IMG_0010.jpg

 
 なんかはなから勝負が見えているような形状をしていますが、そんなに古いものではなく、PC-DEPOTの週末特売で、1980円で手に入れたもの。形からわかるように、ヘッドフォンの交換は出来ません。

 
 これと「MW600」+以前から使っている愛用のヘッドフォンで聞き比べたいと思います。もう6年ぐらい使っていて型番もよくわからないのですが、安物ではないことは確か。ビックカメラでたまりにたまったポイントを吐き出して購入したもの。おそらく実売8000円位はしたはずです。

 後せっかくなのでMW600の付属ヘッドフォン+「MW600」の組み合わせも比較対象に入れましょう。もちろん普通の有線接続も試します。

 
 整理すると
 
 1.Logitec LBT-HPS01C2(1980円)
 2.MW600(7000円)+愛用のヘッドフォン(8000円)
 3.MW600+付属ソニエリヘッドフォン
 4.愛用のヘッドフォンでの有線接続
 
 で聴き比べます。

 
 で、再生する機種。「Xmini」にしようかと思ったのですが、リニアPCMのwavファイルが扱えないので却下。なるべくそのままの音で聴きたいですからね。


 ですのでリニアPCMのwavファイルが扱える機種は、手持ちではiPhoneか、Androidか、Windows Mobile・・・。決めました。Windows Mobileの「WILLCOM 03」で聞き比べます。

 
 いや、こんな機会でもないとこの端末使わないんでね。それに特に音は悪くないと思いますんで。


 と、思ってとりあえず「WILLCOM 03」の音について下調べ。そしたら以下のこんなサイトを発見


 【バリ5!】
 
 
 そういえば、アドエスさんでも44khz化ってネタあったなあ。私はアドエスさんで音楽聞かなかったので(だって実用的には電池持たないじゃないですか)、まったく興味はなかったのですが。

 
 おもしろくなってきました。ぜひ「WILLCOM 03」で聞き比べてみましょう。なんかややこしいことになりそうですが。


 で、実際に聴く曲はこちら。


 

 
 知っている人いるかな。凄腕ドラマー神保彰さんと同じく凄腕ベーシスト桜井哲夫さんからなるユニット。その名も「JINSAKU」。もう活動休止してしまっていますが・・・。曲自体はかなり昔の曲です1992年ぐらいだったかな?。もちろん聞くのはyoutube音源ではなくCD音源。ジャケットはこんな感じ。


 jimmsaku.jpg

 
 ではさっそく「WILLCOM 03」で聴き比べ・・・。の前にちょっと寄り道してアドエスさんの44Khzと22Khzを聴き比べして見ましょう。平型端子(Xmini付属品)+愛用のヘッドフォンで。アドエスさんにはBluetoothはついていませんから。

 
 まずは44Khz化のやり方から。下記サイトが役に立ちます

 
 WindowsケータイFAN よくある質問・裏ワザ

 
 ソフトウェアリセットを忘れずに。でないと44Khz化しません。最初それをしないまま聴き比べて違いがさっぱりわかりませんでした。

 
 で、22Khzと44Khzとの聴き比べ。ああ・・これは違う、全然違う。22Khzの時の音のこもった感じがなくなっています。特にドラムのシンバルやハイファットの音が段違い。神保彰さんみたいな凄腕でシンバルやハイファットを多用するドラマーさんだと特によくわかります。

 
 ちなみにuse44khz.exeを実行する前の選択ダイアログで「いいえ」を選んで、ソフトウェアリセットするとまた22Khzに戻るそうです。参考サイトはこちら。

 
 muumoo.jp
 
 
 では今度こそ「WILLCOM 03」で聴き比べ・・・。ごめんなさいちょっと長くなってしまいましたね。今回はここまでで。次回聴き比べていきましょう。

 
 では。


 


 
関連記事
web拍手 by FC2
応援してくれるとありがたいです
にほんブログ村 携帯ブログへ
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

kftv21

書いている人:kftv21

 ただの携帯好きです。

スポンサードリンク
Lc.ツリーカテゴリー