ガジェット好きの戯れ言 「Light Scribe」でリカバリディスクを作ってみるその2
サンプル
~金なし携帯好きが好き放題語ります~

「Light Scribe」でリカバリディスクを作ってみるその2

 昨日はとんでもないことになってしまって、さっぱり「Light Scribe」の検証が進みませんでした。とりあえずマイノート「NEC Lavie Light(Windows7)」を復旧させたので、また検証していきたいと思います。


 以前の記事で、書込むソフトウェアは無料ので充分といったのですが、パソコンの再インストールをしたついでに書込みソフトももう一種類増やしました。


 ダウンロードページの「LightScribe Template Labeler」の下にあるTrialバージョンのソフトウェアを使ってみることに。名前は「SureThing CD Labeler LightScribe Trial 5」。英語ですが使い方はいたって簡単。ですので使い方は省略。そのソフトを使っての「Light Scribe」レーベル完成予想図がこちら。


 yosou2.jpg

 
 無理やり写真も印刷してみようとしています。これがやりかったので「SureThing CD Labeler LightScribe Trial 5」をつかってみたのです。

 
 さて焼き始めたのですが、これが時間がかかるかかる。データを焼くよりよっぽど時間がかかります。約30分ぐらい。で、完成品がこちら。


 kansei (1)

 
 何ですかニャ、これは?

 
 何も写ってないように見えるのは写真のせいではありません。ともかく変なラインがずっと入ってしっまていてまともに見えません。よーくみるとLavie Light Recovery Disk1と読めます。うっすらと。後写真ではわかりにくいですが、外側7mmは実はしっかりと焼けています。なんなんだこれ?

 
 ともかくこれでは使い物になりません。そこで今度は書込みソフトを「LightScribe Template Labeler」に変え、「Light Scribe」の設定もコントラストを最高レベルにあげてもう一度挑戦です。その完成予想図はこちら


 yosou1.jpg

 
 では、開始。また30分ぐらいかけて焼きこみました。完成品はこちら

 
 kansei (2)

 ニャんですかな、これは?


 まあコントラストをあげたおかげか、先ほどよりは見えるようになってきていますが、それでもとても満足のいくものではありません。ただよくみるとやはり外側7mmぐらいはしっかり焼けています。

 
 二枚のメディアとも外側7mmだけはしっかり焼けているが内側がダメダメです。二枚ともというところから、メディアの不良とは考えにくい。やはりDVDドライブとドライバとの相性を疑ってしまいますよね。ただ「Light Scribe」のドライバは最新でしかもHP謹製、ドライブもHP製。相性問題が発生しうるのか?

 
 そこで今度は「Eee PC-701SD(XP SP3)」でやってみることにしました。「Eee PC」に「Light Scribe」を実行できる環境を整えて、適当に絵を選び、焼いてみました。その結果はこんなの。


 error.jpg

 
 エラーはいて止まってしまいます。書込みできない。これはやっぱりドライバとドライブの相性っぽいですね。で、考えたのがこれ。


 pack.jpg

 
 よく考えたら、このドライブは内蔵用のものを無理やり外付けにしているんでした。これが原因かもしれません。ならばメインマシン(Vista SP2)に内蔵しましょう。もともとその目的で買ったのですから。

 
 ただ自作パソコンに内蔵するのめんどくさいんですよね。重たいし。でもせっかくここまで実行環境を整えたのですから、試してみないことには。

 
 というわけで、今度はメインマシンで内蔵ドライブとして試してみます。ただ今日はもう・・・。つかれました。また今度にします。「Light Scribe」ネタまだまだつづくよってことです。
 
 
 では。



関連記事
web拍手 by FC2
応援してくれるとありがたいです
にほんブログ村 携帯ブログへ
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

kftv21

書いている人:kftv21

 ただの携帯好きです。

スポンサードリンク
Lc.ツリーカテゴリー