ガジェット好きの戯れ言 「NEC Lavie Light BL350」に「MeeGo」をインストールする その2
サンプル
~金なし携帯好きが好き放題語ります~

「NEC Lavie Light BL350」に「MeeGo」をインストールする その2

 以前のエントリで「NEC Lavie Light BL350」に「MeeGo」をインストールし「Windows7」と共存させることは成功しました。「NEC Lavie Light BL350」のNECのロゴ画面でESCキーかTabキーを連打してれば、ブートローダーという起動させるOSを選択する画面に入れます。

 
 ただ、そのままでは使いにくくってしょうがない。なにしろロゴ画面が表示されるわずかな時間にキーを押していなくてはなりませんから。なにも押さないと勝手に「MeeGo」が立ち上がってしまいます。

 
 これは、「MeeGo」が使っているブートローダーが、初期設定ではOSの選択画面を表示させない設定になっているからです。これではデュアルブート環境は使いにくいので、とりあえず設定を書き換えて起動させるOSの選択画面を表示させるようにしましょう。

 
 早速書き換えましょう。まずはNECのロゴがでている段階でtabキーを連打します。するとOS選択画面の下に

 
 >vmlinuzー2.6.37.2-8.27 ro root=/dev/sda5 quiet vga=current

 
 と言う文字列が現れるはず(「2.6.37.2-8.27」と言う数値はインストールしている「MeeGo」のバージョンによって違います、また「sda5」と言う値も各人違うと思います。ただ気にしないで大丈夫です)。これを次のように書き換えてください。

 
 >vmlinuzー2.6.37.2-8.27 ro root=/dev/sda5 3 

 
 要は「quiet vga=current」の部分を「3」に書き換えるだけです。で、Enterキーを押します。すると「MeeGo」のロゴ画面が現れたあとに、コマンドを入力する画面になります。ちなみに上記の意味はランレベル3(テキストログイン)でログインしますということです。で、最初は

 
 localhost login:

 
 ここで、既に「MeeGo」ユーザ名を設定した方はそのユーザ名を、まだユーザ名を設定していない方は「root」と入力します(何も設定していないときの「MeeGo」のユーザ名は「root」です。ご参考までに)。で、Enterキーを押します。すると

 
 Password:

 
 となり、これも既にパスワード設定した方はそのパスワードを、設定がまだのかたは「meego」と入力します。初期状態のパスワードがこれです。


 キーボードを叩いても一見入力ができてないように見えますが、大丈夫きちんと入力されています。Linuxのテキストログインはみんなこんな感じ。で、入力してEnterキーを押すと

 
 【root@localhost "】#

 
 こんな文字列が並びます。ここでカーソルの位置から

 
 sudo vi /boot/extlinux/extlinux.conf

 
 と入力してあげてください。意味はスーパーユーザ(Windowsでいう管理者権限みたいなもの)として「vi」と言うプログラムで「MeeGo」の/boot/extlinux/のディレクトリにあるextlinux.confというファイルを開きます。てなところでしょうか。

 
 すると「viエディタ」というプログラムでextlinux.confという設定ファイルを開くことができます。下のような画面がでるはずです。


 MeeGoLavie6.jpg

 
 さて、修正項目の説明前に「viエディタ」の使い方から、とりあえず立ち上がった時の「viエディタ」は編集モードで文字入力ができません。とりあえずキーボードの「A」キーを押して入力モードにします。そしたらいつもの感じで入力できるはず。


 修正が終わったら「Esc]キーで編集モードに戻します。戻したら:wqと入力してEnterキーで保存して終了です。保存せずに終了する場合は:q! Enterキーです。とりあえずこれだけ覚えておけばなんとかなるかと。

 
 で、画面非常に見づらくて申し訳ないのですが、修正する箇所は3ヶ所です。上からまずは

 
 timeout 1

 
 この1という数値を書き換えてください。1のままだとブートメニュー画面は一瞬で表示されて終わりです。15秒表示させておくなら150、30秒なら300と書き換えてあげてください。ここは皆さんのお好みで。次に

 
 menu autoboot Starting MeeGo...
 menu hiddin

 
 この部分を削除あるいはコメントアウトしてください。コメントアウトするときは文章の先端に「#」を入力します。hiddinなのでメニューがでないのです。

 
 最後に本当に下の方に行って、Label Otherというところの一行下

 
 menu Label Other

 
 このOtherの部分なんですが、これはWindows7のことです。そのままでもいいのですがせっかくなのでWindows7と書き換えてあげてください。

 
 これでブートローダー画面が起動する度に表示されるようになります。好きな方を起動させて遊んでください。

 
 偉そうな事書きましたが、私自身Linuxいじるのが5年ぶりぐらいなので忘れていることだらけです。しょうがないので下のような書物持ち出すハメになりました。


 linuxBook.jpg

 
 「Fedora」なので「MeeGo」とは微妙に異なりますがが基本は同じです。

 
 最後にこのブログは「MeeGo」上の「FireFox」から書いています。使用感などはおいおいレポートしていきますね。ただ結構使えますよ、これ。

 
 では。

 
 ー追記ー
 
 この記事さらりと書いていますが、実際は本当に大変でした。私「Windows7」を2回再インストールするハメになりましたから。細かい経緯は省略しますが、中途半端な知識ほど怖いものはないということですね。linuxのブートローダといえばLiloかGrubだと思ってました。

 
 上の記事も様々なサイトをみながら情報かき集めています。本来なら出典を明らかにすべきなのでしょうが、いかんせん私が混乱の極にあったためおぼえておらずしかもブックマークもしていないありさまです。貴重な情報をいただいたサイトの管理者様この場をかりて感謝致します。

 
 
 ー追記の追記ー

 
 以前のエントリにも追記しておきましたが、MeeGo関係の記事は「Androidをいじろう」という私の別サイトに移しました。そこにはその後の「MeeGo」をどのように使ったかが書いてありますのでご参考にしてください。


 
 ー本当の追記ー

 
 この記事書き終えてネットをながめていたら、こんな記事が

 
 Intel、「MeeGo」から「Tizen」へ鞍替え!? - Linux新プロジェクト発足

 
 要はSamsungとIntelは「MeeGo」に走るということなのかな。それとも「MeeGo」を捨てるのかな。「Tizen」というプロジェクト自体も情報が少なすぎて良くわからないです。すこし様子見ですね。

 
関連記事
web拍手 by FC2
応援してくれるとありがたいです
にほんブログ村 携帯ブログへ
[ 2011/10/01 22:30 ] PC Lavie Light BL350/EW | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

kftv21

書いている人:kftv21

 ただの携帯好きです。

スポンサードリンク
Lc.ツリーカテゴリー