ガジェット好きの戯れ言 au 「Mobile Hi-Vision CAM Wooo」(HIY01)のご紹介
サンプル
~金なし携帯好きが好き放題語ります~

au 「Mobile Hi-Vision CAM Wooo」(HIY01)のご紹介

HiVision1.jpg
今日は今は亡きHITACHIの「Mobile Hi-Vision CAM Wooo」(HIY01)を急遽ご紹介。

 
 発売は2009年夏。「Biblio」(TOSHIBA)、「Sportio Water Beat」(SHARP)とともに発売された、夏の3兄弟の一つ。別名変態3兄弟ともいう(笑)

 
 あのころのauはKCP+の完成度の低さもあって、端末の基本性能ではドコモ、ソフトバンクに差をつけられる一方でした。そのため変態3兄弟のようなキワモノに手を出さざる得なかったのですね。

 
 他2機種の変態ぶりはさておき、こちらの変態ぶりは、なんといっても光学3倍ズーム500万画素カメラでハイビジョン(1280×720、最高30fps、ステレオ音声記録)の動画が撮れること。

 
 今(2011年9月)の端末でも光学ズームがついていてハイビジョンが撮れる機種はそうそうないはずです。しかもHDMI端子(mini)を使って撮った動画がTVに映せる機能もついています。

 
 動作がもっさりなんていわれていますが、私が触ったところ「Biblio」よりはるかにキビキビ動きます。


 ごつくて重いといわれますがそれは「Biblio」や「G'zOne TYPE-X」も同じ。ちなみに重さは「Mobile Hi-Vision CAM Wooo」が152g、「Biblio」が164g、「G'zOne TYPE-X」が179g。


 ただ体感的には「G'zOne TYPE-X」が一番軽く感じます、一番重く感じるのが「Biblio」。中間が「Mobile Hi-Vision CAM Wooo」ですね。このあたりは機種の重心設計の良し悪しなんでしょう。

HiVision2.jpg
 「Mobile Hi-Vision CAM Wooo」私は白ロムで買いました。2200円という激安で売っていたので。しかも物が届いて中を見てみると間違いなく新品同様品。おそらく新宿にヤマダ電機ができたときにばらまかれたものではないかと。

 
 動作を確認してみると、例によってロッククリアしてSIMカード挿さないと、ワンセグもLISMOPlayerも起動しない仕様。ただ最大の売りである動画はSIMなしでもきれいに撮れたのでまだロッククリアしていません。


 正直これでHDMIケーブルをつないでTVに動画映せるんだったら、ロッククリアの必要もないかな、なんて思っています。


 ちなみにこの端末で使えるHDMIケーブルはAmazonで1000円位で売っています。

 
 ところでこの端末この時期に紹介するつもりはありませんでした。せめてHDMIケーブルを買って動作確認をしてからと思っていたのですが事情が変わりました。それがこのニュース。

 
 au携帯電話「W52CA」、「EXILIMケータイ W53CA」、「Mobile Hi-Vision CAM Wooo」用の電池パック交換について

 
 今日の昼間、遅い昼食としてラーメン屋でラーメンを食べていたら店内のTVからこのニュースが飛び込んできました。なんかトップニュースだったのでびっくり。「Mobile Hi-Vision CAM Wooo」に何がおきた!?ってな感じです。

HiVision3.jpg
 KDDIは該当機種の電池交換に応じるということですが、問題は私の「Mobile Hi-Vision CAM Wooo」は白ロムなんですね。つまり中古。それでも交換に応じてもらえるもんなんでしょうか?ちなみに保証書の有効期限は過ぎています。

 
 とりあえず電話ですね。「電池パック交換の問い合わせ窓口は、(0120)963052。午前9時から午後7時まで。」(毎日.JP)だそうです。

 
 しかしTVではかなり大きく取り上げていますが、世間一般ではこんな型落ち機種に関心なんかあるんでしょうか。毎日.JPでもほとんどツイートされていませんし。だいたい今頃になって回収っていわれてもなあ。問題はもっと早くに発生していたでしょうに。
 
 
 なんか初代「iPod nano」の時のようですね。あれもかなり時間がたってからバッテリーの発熱の問題が議論になりました。

 
 実は私、初代「iPod nano」も持ってるんですよね。しかもこれまた中古で。こっちはもう本当にボロボロ。正直こっちのほうを取り換えてもらいたいというのが本音です。でもAppleじゃ無理だろうなぁ

 
 話し戻して、とりあえず窓口に電話してみます。結果は追記にでも書きますね。あと2CHも覗いて見なけばいけませんね。

 
 しかし、私キワモノ好きなせいか変態3兄弟全部持っているんですよね。「Biblio」は「W64S」からの機種変で、あとの二つは激安白ロムで。


 ただそのうちロッククリアしているのは「Biblio」だけ。後の二つはロッククリアしていないんです。だって4200円もかかるんですから。auさんこれなんとかなりませんかね。遊びにくくてしょうがない。

 
 まあそんなところです。
 
 
 では。


 


 電池パックについて問い合わせてみました。結論は中古でも可能のようです。

 
 電話口でまずは今回の交換対象である機種であるかどうか機種名を尋ねられ、「Mobile Hi-Vision CAM Wooo」と答えました。


 その後私の方からその「Mobile Hi-Vision CAM Wooo」は中古で購入しロッククリアもしていないむねを告げました。


 するとauの契約携帯番号(私は「G'zOne TYPE-X」の契約番号を答えました)と私の名前をフルネームで聞かれ、私が答えると調べるということでしばらく待たされました。


 その後中古で購入しているので契約者さまの住所しかわからないといわれ、そちらに電池パックを送るということで住所を尋ねられました。これで終了です。

 
 というわけで白ロムでもまったく問題ないようです。電池パックが送られてくるのは10月下旬からだそうで、送られてきた電池パックの中に、古い電池パックの返送用封筒が同封されるそうです。

 
 もっと揉めるかなと思っていたので今回の対応には大満足。少しはAppleも見習って欲しいですね。

 
 では。


 
関連記事
web拍手 by FC2
応援してくれるとありがたいです
にほんブログ村 携帯ブログへ
[ 2011/09/30 23:33 ] au Mobile Hi-Vision CAM WOOO | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

kftv21

書いている人:kftv21

 ただの携帯好きです。

スポンサードリンク
Lc.ツリーカテゴリー