ガジェット好きの戯れ言 田舎(房総半島)でのウィルコムとウィルコム3G回線。
サンプル
~金なし携帯好きが好き放題語ります~

田舎(房総半島)でのウィルコムとウィルコム3G回線。

 今更なんですが年末年始は田舎に行っていました。田舎と言っても実家(新潟県佐渡)ではなく房総半島の先端あたり。近年年末年始はそちらで過ごすのが慣習になっています。

 
 で、ここも佐渡島に負けず劣らずの田舎。ドコモ、au、ソフトバンク(iPhone4なので2.1Ghz帯)はつながるのですが、イーモバイルは全くの圏外です(佐渡島の実家では圏内)。ではウィルコムとウィルコム3G(ウィルコムアップグレードキャンペーン回線、実質はソフトバンク回線)はどうでしょうか。試してみましょう。まずはウィルコムから。

 
 WillS.jpg

 
 測定環境は機種「NEC Lavie Light BL350」 OS Windows7 SIMジャケットNS001U W-SIM黒耳です。

 
 む〜こりゃひどい。0.02Mbpsとは。Kbpsに直すと20Kbps。こうなると黒耳も青耳もW-OAMも4×パケット方式も関係ありませんね。1xパケット方式(最大51Kbps)にも満たないんだから。半径500m以内に基地局が1つしかないからしょうがないのかも。昔は2個あったんですけどね。

 
 続いてはウィルコム3G(ウィルコムアップグレードキャンペーン回線)。こちらも測定したのでご紹介したいんですけど、私スクリーンショットを撮り忘れてしまって証拠がないです。撮ったと思ったんですがファイルが見つからない(苦笑)。


 従ってPING値も忘れてしまったのですが、ダウンロードスピードの数値だけは覚えています。物凄い数値だったんで。なんと0.09Mbps!・・・。いやこれはおかしな数値です。体感的には間違いなく1Mbpsオーバー、おそらく2Mbps~3Mbpsは確実に出ていたと思います。非常に快適でしたから。

 
 どうやらウィルコム3Gというかソフトバンク3Gデータ通信は特定のサイトには帯域制限をかける仕様になったようですね。夏佐渡島で測定したときはそんなことはなかったのですが。下が佐渡島で測ったとき。

 
 1430850171.png

 
 今回も体感的には佐渡で使った時とあまり変わらなかったので、本当はこのくらいの数値は出ていたと思います。ちなみに測定環境は上記の構成から、NS001U+黒耳がHX008ZT直差しに変わっただけです。

 
 まあ私としては実際に速度でていればスピードテストの結果とはどうでもいいのですが、ただ仕様が変わって500万パケット制限とかどうなったんでしょう。もうウィルコムコアアップグレードキャンペーンは終了しているのですが、ホームページ見るとまだ500万パケット制限の文言は残っています。

 
 http://www.willcom-inc.com/ja/cp/upgrade/index.html

 
 このあたりどうなっているのか知りたいですね。まあ私は500万パケット使うようなヘビーな使い方しないのでどうでもいいといえばどうでもいいのですが。

 
 では。

 

 
関連記事
web拍手 by FC2
応援してくれるとありがたいです
にほんブログ村 携帯ブログへ
[ 2012/01/15 08:00 ] WILLCOM WILLCOM全般 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

kftv21

書いている人:kftv21

 ただの携帯好きです。

スポンサードリンク
Lc.ツリーカテゴリー