ガジェット好きの戯れ言 NEC Lavie Light BL350/EW のメモリを換装してみた。
サンプル
~金なし携帯好きが好き放題語ります~

NEC Lavie Light BL350/EW のメモリを換装してみた。

 保証期間が切れた愛機NEC Lavie Light BL350/EW。Windows7とLinux Mintのデュアルブートで使っているのですが、問題なのは搭載メモリが1GBなこと。Google Chrome(Chromium)のようなメモリバカ食いのブラウザを使っていると、メモリ不足で落ちてしまうことがたびたびありました。

 
 そこでメモリを2GBに換装してみることにします。ただEeePCのようなメモリ交換がしやすいネットブックならいいのですが、NEC Lavie Light BL350/EWはPCを分解しないとメモリを交換できない仕組。私はデスクトップの自作や分解はやったことがありますがノートPCは始めて。慎重な作業が求められます。

 
 ならばということで情報収集。すると偉大なる先達様がメモリ換装に果敢にチャレンジしておられます。その情報を参考にさせていただくことにしました。以下のサイト様がそうです。

 
 めもり交換ーののななみゅ

 
 また価格.COMにも参考になりそうな情報がいっぱい。

 
 まずはどのメモリを選ぶかなんですが、NEC Lavie Light BL350/EWは片側4チップ構成のメモリじゃないと上手く動作しないという情報が・・・。悩んだ挙句私が選んだのはこちら。

 
 IMG_0322.jpg

 
 バッファローのD3N1066A-S2G/Eです。値段は2880円。た、たかい・・・。でもノートPC分解に自信がない以上、何枚もメモリを試すことが出来ません。確実性を重視して奮発しました。こんな高いメモリを使ったのは初めてです。

 
 メモリ本体。チップはhynix製ですね。

 
 IMG_0323.jpg

 
 分解の手順などは上記サイト様のほうがはるかに丁寧に説明されていますので割愛。ただ上記サイト様も書かれているようにキーボードを外すときは注意です。本当に黒い部品が飛びます。黒い部品は上に90度持ち上げて外すもののようですね。

 
 こちらは分解し尽くした後。

 
 IMG_0330.jpg

 
 基盤の裏側にメモリスロットがあります。かなりの量のネジを外さないとここまでたどり着けません。ただここまでくれば後はメモリを交換して組立て直すだけです。

 
 組み立てるときもキーボードを接続するのが一番厄介かもしれません。キーボードを立てた状態でフレキを基盤に挿し、上から黒い部品をやはり縦に挿して90度下におろしてあげると楽です。

 
 で、戦の後。

 
 IMG_0334.jpg

 
 1GBのメモリと余ったネジが一つ(上の写真の囲み)。・・・・・・なぜネジが余る!?(*_*;

 
 ・・・とりあえず起動したら難なく認識しました(また分解する気はなし^_^;)。Windows7もLinux Mintも非常に快適に動作するようになりました。やはり今時のOSには2GBのメモリは必須ということですな。

 
 次はSSDに換装したいですね。それともBluetooth内蔵かな

 
 こんなところです。
 
 
 では。

 
 -追記-
 メモリの換装をしてしまうとメーカーの保証は全く受けられなくなります。また作業も決して初心者向きではありません。くれぐれも自己責任でお願いします。


 
 


 
関連記事
web拍手 by FC2
応援してくれるとありがたいです
にほんブログ村 携帯ブログへ
[ 2012/07/16 00:30 ] PC Lavie Light BL350/EW | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

kftv21

書いている人:kftv21

 ただの携帯好きです。

スポンサードリンク
Lc.ツリーカテゴリー