ガジェット好きの戯れ言 P-01DをSIMロック解除してみた。
サンプル
~金なし携帯好きが好き放題語ります~

P-01DをSIMロック解除してみた。

 「P-01D」をSIMロック解除してみました。決して非合法な方法ではなく、単純にドコモショップで3150円払って解除しただけですが。

 
 目的はSIMロックを解除するとウィルコムコアアップグレード回線(中身は法人向けソフトバンク 3G)が使えるかどうか試すこと。更にはその回線でもテザリングができるかどうかも試してみました。


 ちなみに「P-01D」は純正のドコモSIMだけでなくドコモのMVNO SIM(私が試したのはDTI ServersMan SIM 3G 100)でもテザリングができる不思議な機種です(普通のドコモスマホは不可)。そのあたりについてはこちらの記事をご覧ください。


 「P-01D」でテザリング


 今回はドコモのMVNO回線ではなくウィルコム(ソフトバンク)回線でも使えるかどうかの実験です。まずはSIMロックを解除する前の「P-01D」のお写真。

 
 CA3I0103.jpg


 当たり前といえば当たり前ですがSIMが有効でないと怒られてしまいました。では3150円払ってSIMロック解除した後のお写真。


 IMG_0409.jpg


 囲みを見てもらえばわかるとおりソフトバンクのSIMとして認識しています。APNの設定をしてあげればもちろん通信もOK。更には「APN切り替え」アプリを使ってのテザリングも可能です。APNの設定方法は以下の記事を参考にしてください。


 DTI SIM(ServersMan SIM 3G 100)が届いたよ!


 ウィルコムコアアップグレード回線で入力する項目は以下の記事を参考に。「P-01D」では電話番号を入力する項目がありませんが。・・・ちょっと心配(汗)。皆さんが試すのであればくれぐれも自己責任で。


 ウィルコムコアアップグレードキャンペーン~その2~


 「APN切り替え」アプリの使い方は一番上に貼った記事のリンクを参照してください。

 
 さて、どうでしょうか。今まではDTI ServersMan SIM 3G 100はドコモ版Pocket WiFiルータ「HW-01C」を使って、ウィルコムコアアップグレード回線(ソフトバンク回線)はソフトバンク版Pocket WiFiルータ「C01HW」を使って通信していましたが、これで持ち歩く端末を「P-01D」一つにまとめることができそうです。


 しかも「P-01D」自体でもメールやTwitter、FaceBookが出来ますしネットすることも出来ます。有効なドコモ純正通話SIMを挿せば通話も可能です。これは便利!!・・・・かな?


 よく考えたらそこまでしてSIMを差し替える必要性があるのかどうかはかなり微妙なところです。特にモバイル通信に関してはライトユーザな私にとっては。


 ヘビーユーザさんにとっては「P-01D」のバッテリーの容量の少なさが問題になるかもしれません。何しろ1200mAhしか容量がありませんから。テザリングするのならば予備電池が必須です(ドコモオンラインショップで1680円)。この辺りはかなり安く互換電池が手に入るPocket WiFiシリーズに比べると苦しいですよね。


 でも通常はソフトバンクのデータ通信を使っているが、頻繁にドコモの電波しか届かないような場所に行く必要がある方なら意味があるかもしれませんね。若しくはいざ使おうとしたらソフトバンクは圏外で、ドコモでデータ通信をする必要に迫られた時なども。こちらは結構あり得るかもしれません(笑)


 しばらく「P-01D」でモバイルしてみようと思います。


 では。


 -追記-

 今回やっていることはキャリア公認のやり方ではありません。思わぬ高額の通信料を請求されたりするかもしれませんので、試してみる方はくれぐれも自己責任でお願いします。正直私も電話番号を入力する項目がないのが心配なんですね



 






関連記事
web拍手 by FC2
応援してくれるとありがたいです
にほんブログ村 携帯ブログへ
[ 2012/09/22 12:00 ] docomo P-01D | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

kftv21

書いている人:kftv21

 ただの携帯好きです。

スポンサードリンク
Lc.ツリーカテゴリー