ガジェット好きの戯れ言 スマホとのテザリングでau WiFi WINを使う
サンプル
~金なし携帯好きが好き放題語ります~

スマホとのテザリングでau WiFi WINを使う

 今回はサービス終了が発表された「au WiFI WIN」と格安MVNO回線(DTI、OCN、IIJ)のSIMを挿したP-01D(ドコモ3G端末)や、ウィルコムハニービースマホ(WX06K)とテザリングで本当につながるかどうかきっちりと確認を取っていきたいと思います。


 まずは「au WiFi WIN」のサービス終了についてauからのプレスリリースをご覧下い(一部抜粋)。

 

●1. 終了するサービス

「Wi-Fi WIN」

●2. 新規お申込み終了日

2013年11月11日

※ 2013年11月12日以降、本サービスへのお申込みはできません。
●3. サービス終了日

2014年6月30日

※ 2014年7月1日以降、自動的に解約となります。


 なんと今月(11月)の11日で新規申し込み終了です。auさん少し焦りすぎではないですか?


 とりあえず検証していきましょう。まずは各種格安MVNO回線+P-01Dから。
 
P-01D+格安MVNO回線

 まずはP-01Dに各種格安MVNO回線SIMを挿し、テザリングが可能な状態にしてから検証していきます。テザリングが可能な状態にするには次のページをご覧ください。

 
 P-01Dでテザリング


 続いてG'zONE TYPEーXをとP-01Dを接続します。こちらのやり方は下記のページが参考になります。


 au WiFi WINの設定方法(au公式)
 http://www.au.kddi.com/mobile/service/featurephone/connection/wifi-win/setting/


 P-01DのアクセスポイントはG'zONE TYPE-XからはAndroidAPというSSIDで見えています。後は上記のとおり設定してあげれば大丈夫。しかしあと6日で新規申し込みが終了するサービスについて解説してどうなるんだ?

 
 ・・・この深刻な懸念はほっておいて、各種格安MVNO回線とG'zONE TYPE-Xがつながるかどうか検証しました。


 結果は以下の通り。

高速状態通常速度
DTI ServersMan SIM LTE 100OKOK
IIJ ミニマム(BIG SIM)OKOK
OCN モバイル ONEOKOK

 要はどれもつながります。どのSIMも高速化のON、OFF問わず接続可能なことを確認しました。以前の記事が大間違いでした。改めてお詫び申し上げます。
 
ウィルコムハニービ-スマホ(WX06K)+FoxFi

 最後に久々登場のウィルコムハニービースマホ+FoxFiとG'zONE TYPE-Xの組み合わせで検証してみます。この組み合わせのテザリングのしかたは以下の記事を。


 ハニービースマホWX06K(SoftBank 101K)でテザリング


 こちらも一応成功。きちんとつながります。ただし使用したFoxFiのバージョンは1.95.3です。最新版(2.13.1)では動作しない可能性がありますのでご注意を。なのでもしこの組み合わせでテザリングしたい方はFoxFiはアップデートはしないほうがいいと思います。


 細かいところは不明なのですが、このFoxFiはバージョンアップするごとに使いにくくなっていっているようです。このFoxFiについてもいずれ検証して記事を書こうと思います。
 
おまけ 公衆無線LANサービスとの接続

 au WiFi WINが対応している公衆無線LANサービスは以下の5つです。
 
 ・Wi2 300
 ・FREE SPOT
 ・ワイヤレスゲート
 ・ホットスポット
 ・livedoor Wireless
 ・BBモバイルポイント


 とりあえずその中でももっとも使い勝手の良いと思われるWi2 300のついての設定方法をみていきましょう。wi2公式サイトに載っている設定方法はこちら。

 
 au Wi-Fi WIN 携帯を利用する
 http://www.wi2.co.jp/faq/2010/03/au-wi-fi-win-sh006.html


 なんですがこの説明、とてもわかりやすいとはいえないので、こちらでWi2premiumというアクセスポイントを登録する手順を勝手に説明しちゃいます。


 まずはWi2 300の圏内に移動し、G'zONE TYPE-Xのメニューから「WiFi WIN」を選択します。「アクセスポイント登録」>「マニュアル登録」>「検索登録」を選択して表示されたアクセスポイントからWi2premiumを選び接続を押します。


 するとアクセスポイントの編集画面になります。まずはSSIDですが「Wi2premium」とすでに入力されていますのでそのまま確定ボタンを。この後の画面では「認証なし」を選択、続いて暗号化キーは空白のままで確定します。


 アクセスポイント名称は既にWi2premiumと入力されていますのでそのままでいいでしょう。最後の画面がこんな感じになればOKです。


 WI2_20131106193548781.jpg


 このアクセスポイントに接続すると、ログイン画面に移ります。ここでWi2 300を申し込んだ時のログインIDとパスワードを入力すれば接続は完了です。


 Wi2premiumのアクセスポイントへの接続には暗号化キーなどはいらないのというのが要注意ですね。暗号化されていないとうのは結構怖いものがあります。Wi2premium_clubというアクセスポイントでは暗号化キーが必要になるのですが。


 このWi2 300という公衆無線LANサービス。BIC SIMを契約した時の特典で月額無料で使用可能なのですが、私の生活圏とピッタリあっていてかなり重宝しています。なのでWi2premium_clubなども含めてWi2 300についてはまた別に稿を立てて説明しようかと。話それてしまっているので今回はここまでで。
 
終わりに

 というわけで後5日後に新規申込の終了期限が迫っている「au WiFi WIN」とスマホとのテザリングについてみてきました。こんなにしっかりとつながるのであればもっと積極的に使ってみてもよかったかなと思います。とりあえず「au WiFi WIN」の解約はしばらく待ちます。


 こうなったらせっかく「au WiFi WIN」に加入している回線を持っているのですから、「au WiFi WIN」に対応しているガラケーを買って来年6月まで楽しんでみるというのもありかもしれません。Cyber-ShotケータイS006とか。


 G'zONE TYPE-Xが折りたたみ式auガラケー最高峰ならば、S006はスライド式のauガラケーの頂点でしょう。ちょっと安くなっている中古を探してみましょうか。


 では。


 


関連記事
web拍手 by FC2
応援してくれるとありがたいです
にほんブログ村 携帯ブログへ
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

kftv21

書いている人:kftv21

 ただの携帯好きです。

スポンサードリンク
Lc.ツリーカテゴリー