ガジェット好きの戯れ言 SSDに換装したNEC Lavie Light BL350/EWでベンチマーク。
サンプル
~金なし携帯好きが好き放題語ります~

SSDに換装したNEC Lavie Light BL350/EWでベンチマーク。

 前回NEC Lavie Light BL350/EWのストレージをSSDに換装する方法をご紹介しました。また以前にはこのネットブック、メモリも1GBから2GBに交換してあります。


 では換装したことによってどのくらい性能が上がったかベンチマークをとってみましょう。


 使用するベンチマークソフトは定番のCrystalMark2004R3。各項目の意味をざっと見ておきましょう。


 「Mark」ベンチマークの合計です。
 「ALU」「FPU」…CPU性能に関するベンチマークです。
 「MEM」…メモリ性能に関するベンチマークです。
 「HDD」…ハードディスク性能に関するベンチマークです。
 「GDI」「D2D」「OGL」…グラフィックス性能に関するベンチマークです。前二つが2Dグラフィック性能。最後の一つが3Dグラフィック性能のベンチマークです。


 まずはHDD、メモリ交換前のNEC Lavie Light BL350/EWのベンチマークの数値


 NEC_convert_20110803034324.jpg


 メモリを2GB、HDDをSSDに交換した後だと


 無題


 トータルのスコアは約2倍に跳ね上がりました。ただ内訳をみるとHDDの値がずば抜けていることがわかります。あとはほとんど変化なし。


 体感的にはどうか。・・・確かにWindows7(32bit)の起動は速くなりました。ただそれがSSDを換装したことによるものなのか、Windows7をクリーンインストールしたものによるものなのかははっきりしません。


 OSって使っているとどんどん遅くなっていきますからね


 通常使用でもそれほど速くなったとは感じません。むしろメモリを2GBに交換した時のほうが劇的な速度アップを感じました。


 というより1GBだとメモリ大食いのアプリケーションはしょっちゅうクラッシュして使い物にならなかったです。それでLinux Mintも入れることにしたのですから。


 なのでNEC Lavie Light BL350/EWでメモリとSSDどちらにお金かけるかと問われれば間違いなくメモリです。Windows7で1GBのメモリは少なすぎ。多少難易度は高いですが2GBのメモリに交換する価値はあります。


 ちなみにメインの自作マシンも以前SSDに交換しました。このときの換装前の数値(OSはVista、パーツの詳細はリンク先を参照してください)


 GYGA_convert_20110803034525.jpg


 こちらは換装後(ちなみにOSもWindows7になっています)

 
 Screenshot-2012-10-22 19:40:50


 こちらもHDDの数値はやはり驚異的に伸びています。この時の記事には体感的にも速度伸びたと書きましたが、もしかしたらOSをクリーンインストールした影響のほうが大きかったのかもしれません。


 今回NEC Lavie Light BL350/EWをSSDに換装してみてそんなことを考えました。


 とはいえHDDは消耗品。使用を開始してもう3年弱が経過するとなれば早めに交換しておいても損はないでしょう。HDD逝ったときの衝撃を考えれば。


 まあきちんとバックアップ取っておけばいいのですがね。これがなかなか・・・。


 では。


 



 
関連記事
web拍手 by FC2
応援してくれるとありがたいです
にほんブログ村 携帯ブログへ
[ 2013/06/02 14:00 ] PC Lavie Light BL350/EW | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

kftv21

書いている人:kftv21

 ただの携帯好きです。

スポンサードリンク
Lc.ツリーカテゴリー