ガジェット好きの戯れ言 ウィルコムだれとでも定額パス(WX01TJ)発表
サンプル
~金なし携帯好きが好き放題語ります~

ウィルコムだれとでも定額パス(WX01TJ)発表

 こんばんは。発表されてから日がたってしまって今更感はあるのですが、今日はウィルコムの新製品「ウィルコムだれとでも定額パス(WX01TJ)」について。


 AndroidスマホでPHSの通話ができる「だれとでも定額パス」


 PHS端末をスマホのハンドセットとして使う商品はありましたが、今回は逆にスマホをPHS端末のハンドセットとして使うという商品ですね。こういう発想は考えつきませんでした。


 例えばドコモの既存のスマホに「OCN モバイル ONE」のSIMを挿してデータ通信をおこない、この「誰とでも定額パス」を使ってPHS回線による通話も可能になります。それも「だれとでも定額」(要申し込み:980円/月)つきで。もちろんキャリアメールは使えませんが。


 ・・・少しランニングコストを比較してみましょう。
 
ランニングコストの比較(比較対象は筆者が契約しているハニービースマホセット)

 
  • 既存のスマホにOCNのSIMと「だれとでも定額パス」を導入する場合のランニングコスト(既存のスマホの端末代・維持費が考慮されていないことに注意してください)



     
  • 私が契約しているウィルコム、ハニービースマホセット<学割プラン>のランニングコスト(プランの詳細はこちらの記事を参照ください。2013年7月現在はもう契約することができないプランです)

    <ウィルコム定額プランD月額基本料(0円)+WEB接続料(315円/月)+3Gパケット定額5460円+誰とでも定額(980円)-W-value割引(3855円)=2900円>



  •  ふ~む、450円分だれとでも定額パスプランのほうが安く上がりますね。・・・もっともとてつもなくお得という感じはしませんが。


     とはいえ端末代が考慮されていないことに注意が必要です。ハニービースマホセットの端末代は38160円でした(一括払い)。さて「だれとでも定額パス」のお値段はいくらになるのでしょう。今のところ端末代の情報はないようです(2013年7月14日)


     
    ~追記~2013年11月12日
     現在誰とでも定額パス(WX01TJ)はウィルコムネットショップで23520円で販売されています。なので
     
    • だれとでも定額パス(WX01TJ)+OCN+ドコモスマホ

      <OCN モバイルエントリー d/LTE 980・OCN モバイル ONE(980円/月)+パス専用プラン(490円/月)+誰とでも定額(980円/月)+端末代(980円/月)=3430円/月>


    •  
    • ハニービースマホセット<学割プラン>

      <ウィルコムプランD月額基本料(0円)+WEB接続料(315円/月)+3Gパケット定額5460円+誰とでも定額(980円)-W-value割引(3855円)+端末代(1590円/月)=4490円/月>

    •  
       となり1060円の差となります。結構「だれとでも定額パス」のほうが安くなりました。ただしだれとでも定額パスプランは既存のドコモスマホ代や維持費は考慮されていませんのでご注意を。

     


     プランの考察はこのあたりにしておきまして、「だれとでも定額パス」端末自体のちょっと気になるところ見ていきましょう。
     
    だれとでも定額パスここが気になる

     まずはスマホとの接続方法。Bluetoothってえらく電池消費するんですよね。ただでさえ電池が持たないスマホ、あっという間に電池切れとかになりそうです。


     それでいてBluetoothのペアリングが常に確保されていないと困ります。安定してつながっていてもらわないと通話用、特に待ち受け用としては怖いでしょう。独自プロトコル「PVP」(PHS Voice Profile)採用だそうですが大丈夫かな?


     さらにTJC株式会社ってどんな会社なんでしょう。メーカーの「だれとでも定額パス」の製品紹介ページはこちらなのですが、いままで聞いたことがありません。協力会社の一覧見るとインべンテックとかそれなりの有名どころが入っています。このあたりが製造するのかな?


     PHS端末やモジュールはメーカー各社によって音質や電波の掴みがかなり異なります。HONEY BEE 3と比較したときのX-PLATEの音質の悪さには驚きましたし、黒耳の電波の掴みの悪さは有名でした(青耳と比較して)聞いたことのないメーカーだからだめというつもりはありませんが、電波の掴みなどはどうなのでしょうか、さらにBluetooth接続なこともあいまってPHS最大の売り、音質の良さは保たれているのでしょうか。


     こればかりは実機が出てみないとわかりませんね。7月下旬に発売だそうです。
     
    私はどうする・・・

     まあ私は誰とでも定額付のHONEY BEE 4持っていますので契約する気はありません。


     というよりスマホ一台でネットも通話も(それもだれとでも定額)というのは無理があるような気がします。ネットをがしがしやるとスマホってあっという間に電池なくなりますので。それにAndroidだとアドレス帳等の個人情報の流出も怖いです。結構怪しげなアプリも入れたりしますので>_<


     スマホは暇つぶし道具。そう考えて使うのが一番だと私は思っています。 


     話逸れました。契約する気は全くありませんが「だれとでも定額パス」どのような出来なのか楽しみです。


     こんな独創的な端末を出してくるのは、いまやウィルコムさんだけになってしまいましたね。


     では。

     
     



     


     
    関連記事
web拍手 by FC2
応援してくれるとありがたいです
にほんブログ村 携帯ブログへ
Re: 価格発表されましたね。
 コメントありがとうございます。


 価格発表されたことコメントみて知りました(苦笑)


 980円×24=23520円ですか。「誰とでも定額パス」に限らず、ウィルコムの端末はしょぼいくせに結構お高いんですよね。


 ランニングコスト考えてみると、


 パス専用プラン490円+端末代980円+誰とでも定額980円-W-Value割引980円=1470円/月


 これにスマートフォン側の通信料・端末代がかかる・・・。


 なので月々のスマートフォンのランニングコストに更に1470円追加することで「誰とでも定額」が使える。これに魅力を感じれるかどうかですよね。


 こんな感じでみていくと、「誰とでも定額」がどうしても欲しいという方には結構面白いプランなのかもしれないなぁなんて考えてしまいました。


 ところで発表されたスマホ2機種も相変わらずアドレス維持できないんですね。私のメインはauなのでさほど困らないのですが、本当に古くからウィルコムを愛用されている方にとっては死活問題と推察します。


 長く使っていればいるほど報われない仕組みになっていますね。まあこれはウィルコムに限ったことではありませんが・・・。


 長くなってしまいましたが今後ともこのつたないブログをよろしくお願いします。





 


 
[ 2013/07/22 18:02 ] [ 編集 ]
価格発表されましたね。
もう確認されているとは思いますが、7/31発売で980円×24でしたね。

ついでに発売が延期されていたイエデンワ2も同日&同価格で発売とのこと。


だれ定パスはもう少し安くてもよいのでは?とも思いましたが、だれ定をつけて購入することを想定して強気な値付けをしたように感じます。

スマホ2機種はアドレス維持が現時点ではできないことになっているため、今回の発表では私もだれ定パスが一番の注目でした(笑)。
[ 2013/07/21 22:58 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

kftv21

書いている人:kftv21

 ただの携帯好きです。

スポンサードリンク
Lc.ツリーカテゴリー