ガジェット好きの戯れ言 イーモバイル版誰とでも定額、「通話定額オプション」
サンプル
~金なし携帯好きが好き放題語ります~

イーモバイル版誰とでも定額、「通話定額オプション」

 某巨大掲示板を覗いていて、イーモバイルにもウィルコムの「誰とでも定額」に似たオプションがあることを知りました。いや思い出したというのが正確です。


 「通話定額オプション」という月1400円のサービスです。固定電話、他者ケータイ電話等にかけても10分までなら無料というこのオプション(1か月間300回まで)、2年ほど前にウィルコムの「誰とでも定額」への対抗で始めたことは知っていたのですが今も続けているとは思ってもみませんでした。


 考えてみれば今やウィルコムはソフトバンクの完全子会社でイーモバイルも議決権のほとんどをソフトバンクが所有しているのですから真っ向から被っているサービスがあるというのはおかしな気もします。


 それもあるのでしょうかイーモバイルも大々的に宣伝していません。イーモバイルの公式ホームページ見てもオプションの解説ページにたどり着くまで一苦労です。


 http://emobile.jp/charge/option_hs_tsuwateigaku.html


 しかもイーモバイルは、私がよく行く場所(房総の先端)で電波が届かないので、私自身もイーモバイルを積極的に調べるということはありませんでした。2年ほど前やはりウィルコムへの対抗上、もう一台無料キャンペーンみたいなものを始めていたときは結構調べていたのですが。


 ただ状況は変わりました。イーモバイルの端末(現状GL07SStreamXのみ)がソフトバンク3Gエリア(2.1Ghz帯のみ)でもつながるようになったからです。こちら


 SoftBank 3Gエリアでの利用について
 http://emobile.jp/area/softbank_roaming.html


 上記を読んでもわかるように現状は『「STREAM X(GL07S)」をご利用で、「LTE電話プラン」でご契約のお客さま』に限られるようですが、ソフトバンク網(2.1Ghz帯のみ)でも使えるというのはエリア的にかなり魅力・・・。


 ・・・色々いわれるソフトバンク2.1Ghz帯ですが1.5Ghz帯(SoftBankUltraSpeed)でも実家(佐渡)や房総の先端で電波掴むのでまず大丈夫でしょう。少なくともウィルコムやイーモバイルと比較すれば圧倒的に優れていることは間違いないです。
 

 こうなると「誰とでも定額」風サービス?の選択肢としてイーモバイルも考えてみなければいけませんね。PHSも年々エリア狭くなる一方ですし。


 とりあえずウィルコムさんとイーモバイルをランニングコストに重点をおいて比較してみましょう。


 ところで変な話なのですが、「誰とでも定額」風サービス?の加入を前提に、さらにイーモバイル側はソフトバンク3G網に接続できることを条件とすると、イーモバイル側の選択肢は、端末は「StreamX」、プランは「LTE電話プラン(2年)+データ定額5」しかありません。それ以外を選択する積極的意味は全くない状態です。


データ定額5は月5GBまで高速通信が可能、超過したら128kbpsに速度制限がというプランです。このプランに相当するウィルコムのプランは「ウィルコムプランD+」でしょう(月7GBまで高速通信)。


 またウィルコム側で「StreamX」に対抗できる端末は現状「DIGNO DUAL2」だけです。後の端末は「ウィルコムプランD+」を契約できません。まあ他の端末っていっても「DIGNO DUAL」だけしかありませんが。


 というわけで両キャリアとも他のスマホ、他のプランを選択する余地がほとんどありません。なのでイーモバイルは「LTE電話プラン(2年)+データ定額5」で新規に契約し、「StreamX」を購入するとします。ウィルコムさんは「ウィルコムプランD+」で新規に加入し「DIGNO DUAL2」を購入するものとします。端末は定価で購入するものとして、では比較


 <LTE電話プラン(2年)+データ定額5---2年縛り、月5GBまで高速通信可能、超過したら128kbps制限>


 ・基本料(LTEスマホ割加入で0円)+パケット定額料(3,880円)+通話定額オプション(1400円)-バリュースタイル割引?(1750円)+端末代(1750円)=5280円


 月々の支払いは3880円+1400円=5280円なのですが、正確な内訳はこうなります。なので二年間で支払う合計は初期事務手数料(3150円)+5280円×24回(126720円)=129870円


 ・・・間違ってないかな?


 ではこの金額を24(2年)で割ります


 129870円÷24=5411円/月


 対してウィルコムさん


 <ウィルコムプランD+---3年縛り、月7GBまで高速通信可能、超過したら128kbps制限>
 
 
 ・最初の24か月
 基本使用料(980円)+WEB接続料(315円)+パケット定額料(5460円※)+誰とでも定額オプション(980円)+端末代(2980円)-W-ValueSellect割引(2280円)=8435円
 ※キャンペーン期間中に申し込むと2年間5985円/月が5460円/月になります。このキャンペーンの終了時期は未定


 ・25か月目から36か月目
 基本使用料(980円)+WEB接続料(315円)+パケット定額料(5985円)+誰とでも定額オプション(980円)=8260円

 
 占めて8435円×24回(202440円)+8260円×12回(99120円)+初期事務手数料(3150円)=304710円


 ただこちらは3年縛りです。2年で解約した場合とかでシュミレーションしてもあまり効果的な比較とはいえないので、この総額304710円を単純に三分の二しましょう。


 304710円×2÷3=203140円となります。


 ちなみにウィルコムネットショップでは2013年8月1日まで初期事務手数料キャッシュバックやら8480円キャッシュバックやらやっています。


 そうすると203140円-3150円-8480円=191510円、これを24で割ります

 
 そうすると約7980円/月になります。


 5411円(イーモバイル)と7980円(ウィルコム)ですか・・・差額は2569円です。これをどうとらえるのかは使う人次第になっていくと思うのですが、少しいろいろな切り口から考えてみようと思います。


 高速通信の限度という観点からみるとイーモバイルが5GBでウィルコムさんは7GBです。イーモバイルで月7GBまで高速通信を使うとなると速度制限解除料2,625円/月かかります。そうすると月額はほぼ同額なんですね。


 また端末も全くちがいます。差額は29520円なのですが受けられる割引額がちがいますので実質的には16800円。これを24で割ると700円/月分DIGNO DUAL2がお高くなります。この700円をどうとらえるか・・・。個々のスマホの比較はしませんが人それぞれでしょう。


 2年縛りと3年縛りの違いもあります。ランニングコストでは3年縛りを無理やり2年に引き直して比較しましたがどう考えても2年縛りのほうがいいですよね。


 そしてエリアの問題。これはソフトバンク網に接続できるイーモバイルのほうが圧倒的に優れています。私的にはここが一番大事です。←これはひどい大間違いDIGNO DUAL2も3Gで音声通話が可能です、しかもSoftBank(900/1500/2100MHz)網につながるのでエリアとしてはDIGNO DUAL2の方が広いです。皆様には大変ご迷惑をおかけしました訂正しお詫び申しあげます。(2014年1月1日)


 他にもあるのですが、最後にPHSという先があまり見えない規格で通話するウィルコムと、3G、LTEという標準規格で通話するイーモバイルとの差を挙げておきます。


 LTEによる通話はまだどこのキャリアもやっていないと思うのですが、ドコモがLTE(VoLTE)による定額音声通話の導入を検討しているそうです。


 LTEで定額音声通話、ドコモ導入検討 無料通話アプリに音質で対抗
 http://sankei.jp.msn.com/west/west_economy/news/130607/wec13060720040009-n1.htm


 正直私みたいなど素人だと、とりあえず送る音声のデータ量が増えるから音質がいいんだろうなぁぐらいしかわかりません。ただ標準規格を採用しているイーモバイルはこのような技術革新の恩恵を受けやすいことは間違いありません。


 もっとも私去年の12月ハニービースマホセット契約してしまっているのでもはや時すでに遅し。しかも3年縛り(泣)。やっぱり怖いよなあ3年縛りって。


 ちなみにハニービースマホセットの月々のランニングコストは


 <ハニービースマホセット(学割)---3年縛り、キャンペーン期間中の特別価格。パケット定額だが前々月に1000万パケット(約1.2GB)以上使うと速度制限。またUltraSpeed(3G)までの対応>

 
 ・1か月目から36か月目まで
 基本使用料(0円、キャンペーン中なのでタダでした)+WEB接続料(315円)+パケット定額料(5460円)+誰とでも定額オプション(980円)-W-Value割引額(3855円)+1060円(端末代)=3960円


 占めて3960円×36か月+初期事務手数料(3150円)=145710円÷36=4048円/月


 5411円(イーモバイル)との差額は1363円です。・・・買ったときはいい買い物をしたと思いましたが、1.2GBまでの高速通信(しかもLTEではなく)でこの値段は考え物です。もっとも私月1.2GBも使いませんからいいのですが。


 それこそOCN モバイルエントリー入りスマホと誰とでも定額付PHS端末で十分なんですね。ただ去年(2012年)の12月の段階でこのような組み合わせができるとは思っていませんでした。そのくらいこの業界は競争が激しいのです。


 そのなかで先のみえないPHS規格。私がよく行く田舎はまだPHSによる通話は可能ですが今後どうなるのかわかりません。とりあえず後2年半後までPHSのエリアが更に狭まらないように祈るばかりです。


 ・・・そういう技術の将来性まで考えてハニービースマホセット契約しなかったなあ。


 なんかえらく長くなってしまいました。調べていたら検討するところがあちこち出てきて。


 とりあえずいいたいことは「誰とでも定額」風サービス?の選択肢としてイーモバイルの「通話定額オプション」つきスマホ(StreamX)は考慮の価値ありです。電池もちは気になりますが。


 しかし、格安MVNO、誰とでも定額、Skype LINE等々の無料通話アプリ、・・・本当に選択肢が広がりましたね。しかもこれからも様々なサービスが誕生しそうな予感。きちんと考えて契約しないと損をしてしまいます。やっぱり3年縛りは考え物ですね。


 では。

 


 

 
関連記事
web拍手 by FC2
応援してくれるとありがたいです
にほんブログ村 携帯ブログへ
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

kftv21

書いている人:kftv21

 ただの携帯好きです。

スポンサードリンク
Lc.ツリーカテゴリー