ガジェット好きの戯れ言 帰省中!!【佐渡島の各キャリアのエリア2013年版】
サンプル
~金なし携帯好きが好き放題語ります~

帰省中!!【佐渡島の各キャリアのエリア2013年版】

 さて前回では佐渡島におけるウィルコムさんのサービスエリアがあまりにもひどいということを書きましたが、では他キャリアはどうなのでしょうか?調べてみましょう。ちなみに2012年版はこちら
 
ドコモ

 
FOMA(3G)のエリア

 sadodocomoeria.png
 
Xi(LTE)のエリア

 sadoXidokomo.png


 佐渡島にもXi(LTE)のエリアが出来ていたのですね。OCN モバイルエントリー d LTE 980もLTE通信をしていました。ただエリアをみてもおわかりのようにまだエリアは広くありません。 


 しかし去年はLTEのエリアなんて考慮外だったのですが、1年でどんどん状況は変わっていきます。本当にこの業界は進化が激しいですね。
 
au

 
au 3Gのエリア

 sadoaueria.png


 こちらも去年とほとんど変わっていないようにみえます。さて「4G LTE」はどうでしょう。
 
au 4G LTEのエリア

 sadoauLTE.png


 紫の部分がLTE通信が可能なエリアです。ドコモさんと比べるとエリアはかなり広いですね。このあたりがauがLTEで先行しているといわれる所以なのでしょうか。


 さて次はソフトバンク・・・は複雑なのでまずはイーモバイルからいきましょう。
 
イーモバイル

 
イーモバイル 3Gのエリア

 i-mobairusado.png
 
イーモバイル LTEのエリア

 ありません!!

 
 イーモバイルのようなちいさな(失礼!)キャリアですと佐渡にはLTE基地局はまだありません。エリアは全て3Gエリアです。なんかこのままになりそうですね・・・ソフトバンクの子会社になってしまったし。


 さて最後はソフトバンク。ここはややこしいです
 
ソフトバンク

 
ソフトバンク3Gのエリア

 
  • プラチナバンド対応機種のエリア

  •  sadpsoftbankpuratina.png

     
  • プラチナバンド非対応機種のエリア

  •  softbank3gpbatu.png

     
  • ソフトバンクUltraSpeedのエリア

  •  softbankultrasado.png


     上記のエリアマップはすべてソフトバンク3Gのエリアを示しています。上からプラチナバンド対応機種(2.1/1.5/900Hz帯使用)のエリア、二番目はプラチナバンド非対応機種(2.1/1.5GHz帯のみ使用)のエリア。最後はソフトバンクUltraSpeed(1.5GHz帯)のエリア。


     ・・・いやプラチナバンド凄すぎでないか?今後、予定のエリアを全部展開しきったらドコモもauもかなわない最強のエリアを持つキャリアになります。これならば佐渡島民はみんなソフトバンクの端末を持つことになるでしょう・・・って本当か!?


     ちなみに去年のソフトバンクの3Gエリアはこんな感じ


     Screenshot-24.png


     いや、去年はこんなエリアマップしかなかったんですって。これ以上拡大することもできず。・・・なので今年のプラチナバンドのエリアマップみて私びっくりしているところです。


     こんなことならiPhone4Sで電波掴むかどうか検証してみるんでした。めんどくさいので持ってこなかったんです・・・まあ来年にでも検証してみましょう。


     さて佐渡島でのソフトバンクLTEの展開もみておきましょう。ソフトバンクのLTEの通信方式は二種類あります。ひとつは「SoftBank 4G LTE」と呼ばれる方式。もう一つは「SoftBank 4G」と呼ばれる方式です。
     
    SoftBank 4G LTEのエリア

     softbankLTE.png


     上記の画像は「SoftBank 4G LTE」のエリアマップです。赤色の部分がLTE通信をおこなえるエリア。ドコモよりも広くauよりも狭いといった感じですね。ちなみにこの「SoftBank 4G LTE」のエリアを使えるのはiPhone5、iPad mini、iPad Retina ディスプレイモデルだけです。
     
    「SoftBank 4G」のエリア

     softbankLTETD.png


     こちらも赤色の部分が「SoftBank 4G」と呼ばれる通信が行えるエリアです。「SoftBank4G LTE」と比べるとかなり狭いですね。こちらはソフトバンクの4G対応Android端末や4G対応データ通信端末で使うエリアです。これじゃわざわざソフトバンクのAndroid端末契約する意味ないですね。


     少し話逸れました。それにしてもソフトバンクのエリアはややこしいですね。まあとりあえず佐渡島でソフトバンクの端末買うんだったらiPhoneにしとけってことですかね。次期iPhoneの発表も近いようですし。


     以上佐渡島における各キャリアのエリアの比較でした。ソフトバンクの躍進が凄いですね。4.5年前はほとんど検討の余地なしで省かれるキャリアだったのですが。


     では。
     
    おまけ

     「SoftBank 4G LTE」と「SoftBank 4G」はどちらもLTEという通信規格を採用していますが両者に互換性はありません。前者はFDD(Frequency Division Duplex)-LTEという通信方式を、後者はTDD(Time Division Duplex)-LTE(厳密にはTDD-LTEと完全互換性のあるAXGPという規格)という通信方式を採用しています。前者が現在世界的に主流、後者は今後採用の事例が増えるのではないかと言われている規格です。


     なのでソフトバンクさんも両方に対応できるようにしているのかな?次期iPhoneはFDD-LTEとTDD-LTEの両方に対応するベースバンドチップを搭載するとも言われていますし。ちなみにWIMAXも次期バージョン(WIMAX2.1)はTDD-LTEと互換性を持つようになるみたいです。


     
    関連記事
web拍手 by FC2
応援してくれるとありがたいです
にほんブログ村 携帯ブログへ
[ 2013/08/16 20:00 ] 佐渡ヶ島 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

kftv21

書いている人:kftv21

 ただの携帯好きです。

スポンサードリンク
Lc.ツリーカテゴリー