ガジェット好きの戯れ言 だれとでも定額パス(WX01TJ)が届きました【使用方法のご紹介】
サンプル
~金なし携帯好きが好き放題語ります~

だれとでも定額パス(WX01TJ)が届きました【使用方法のご紹介】

 今回は新たに副回線として購入した「だれとでも定額パス(WX01TJ)」についてご紹介しようかと思います。
 
購入の経緯

 以前にもお話したとおり、ウィルコム主回線+「もう一台無料キャンペーン」が主回線+「もう4台無料キャンペーン」となっています(2013年12月23日現在)。


 それに乗じて・・・というより思惑に乗せられてという感じで私も副回線を一回線追加してしまいました。それが「だれとでも定額パス(WX01TJ)」です。


 だれとでも定額オプション付きの主回線を契約している現在、必要あるのか?といわれれば自分自身甚だ疑問。ただこんなキワモノな端末は私は大好き。どうしても試してみたかったという誘惑に勝てませんでした。


 というわけで約23000円を支払って購入。ちなみに副回線としての契約なので他にかかる費用はありません。だれとでも定額オプション代はW-Value割引で相殺されますので。主回線を解約しない限り・・・。


 ・・・こうやってずっと主回線を解約できないままなんだよなぁ。ウィルコムさんの戦略にまんまとハマっている感有りです。まあ主回線は普段から使っているからいいのですが。
 
外観

 さて届いた「だれとでも定額パス(WX01TJ)」を外箱から見て行きましょう。


 WX01TJ.jpg


 内箱、TJCのロゴが現れました


 WX01TJ2.jpg



 サイズを比較。本当にカードサイズです(なぜかじぶん銀行のキャッシュカードと比較)。


 WX01TJ3.jpg


 厚さはさすがにカードサイズとはいきません5mm位はあります。財布をズボンのポケットに入れる人には財布に入れて運用というのは無理ですね。


 ウィルコムネタを売りにしているブログとしてはこんな比較も、ウィルコムといえばW-SIM(もう違うかな?)黒耳との比較です。


 WX01TJ6.jpg


 こうしてみるとW-SIMって本当にコンパクトに作られていたのがわかります。内部構成はWX01TJとほとんど違わないでしょうに。WX01TJにはBluetoothモジュールとLEDランプ部分が付け加わるぐらいのような。・・・あぁ!!バッテリー搭載の有無が大きいのか。それにカードサイズに拡張することによってアンテナ面積も稼げますかね。


 さて外観のご紹介はこのくらいにして早速使っていきましょう。


 ただその前に。このだれとでも定額パスには電源ボタンが一つとLEDランプが二つだけしかありません。「わ~い簡単」と思うなかれ。これだけで「だれとでも定額パス」を操作しその状態を確認しなければならないのです。直感的な操作はまず不可能。覚えなくてはいけないことがたくさんあります。


 しかもクイックスタートガイドと書いてある説明書は専門用語が満載でそれでいて説明不足。とてもクイックにスタートできるシロモノではありません。


 そこで当ブログは、①「通常使用の場合」と②「ペアリングの仕方」③「再接続の仕方」④「ペアリング情報の消去の仕方」にわけてそれぞれ方法を解説していきたいと思います。なお動作検証に使った機種は「GALAXY NOTE(初代)」と「GALAXY NEXUS」です。ともに動作確認機種ですね。ちなみに私他にAndroid4.0以上の機種を持っていません。ご了承ください。
 

 参考)「だれとでも定額パス(WX01TJ)」動作確認機種
 http://www.tjc-jp.com/product/wx01tj/list.html
 
①「通常使用の場合」

 
「通常使用の場合」の”電源ボタン”の使い方

 通常使用の場合の電源ボタンの使い方で覚えるべきは次の3点です
 
  • 電源ボタン長押し→電源ON・OFF。

  •  
  • ボタンが1分間未操作だと自動的に「節電モード」

  •  
  • 「節電モード」の状態で電源ボタンを短く押すと「通常モード」に復帰

 
 次は電源OFF状態・「節電モード」・「通常モード」の3つ状態にわけて”LEDランプの見方”を紹介したいと思います。
 
「通常使用の場合」の”電源の状態表示ランプ・PHSの状態表示ランプ”の見方

 ”電源の状態表示ランプ・PHSの状態表示ランプ(向かって左側のランプ)”の説明です。ただ充電中の表示については思い切って端折って解説しています。又橙色のときは説明書読んでください。そんな重要な状態ではないです


電源OFFの場合消灯
節電モードの場合消灯
通常モードの場合PHS圏内(緑)PHS圏外(赤)


 どの色でも点滅しているときはバッテリーが少ない状態と思ってください。
 
「通常使用の場合」の”Bluetooth接続状態表示ランプ・発着信状態表示ランプ”の見方

 こちらはもっと複雑。ただこの表示の見方を覚えないとペアリング済みなのかそうでないのかがわかりません。こちらも重要性が乏しいと思った状態表示は端折ってあります。

 
電源OFFの場合消灯
節電モードの場合スマホとの接続が切れている時に不在着信あった場合(赤ゆっくり点滅)
通常モードの場合パスとスマホが接続済みで待受状態(常時点灯)
スマホとの接続が切れている時に不在着信あった場合(赤ゆっくり点滅)
スマホに登録済み(ペアリング済み)でスマホに接続されていない状態(赤常時点灯)
スマホに登録されていない(ペアリングされていない)状態(赤く速く点滅)


 
②ペアリング(だれとでも定額パスをスマホに登録すること)の仕方

 
だれとでも定額パス側の操作方法

 電源をON(電源ボタン長押し)にすると自動的にペアリングモードに入ります(1分間で終了)。もう一度ペアリングモードにしたいときは電源ON時(「節電モード」・「通常モード」問わず)に電源ボタンを短く押します。このやり方は下記のスマホ側でペアリングを設定するときに使います。


 
~注意事項~
 Bluetooth接続状態表示ランプが常時赤く点灯している場合は既にスマホとペアリング済みです。場合によっては他のスマホの可能性もあります。この状態だといくらペアリングを試してもうまくいきません。後述するペアリング情報を消去する手順を実行した上で再度試してください。

 
スマホ側の操作方法

 お次はスマホ側の設定方法をGALAXY NOTEを例にとって解説します(GALAXY NEXUSでも動作確認はとってあります)。まずはGoogle Playからだれとでも定額パスアプリをインストールしておいてください。インストールが済んだらはアプリを起動。下記の画面で「設定」ボタンを押します(GALAXY NOTEはホームボタンの左側です)。


 daretodemoteigakuapuri.png


 ニョロっとでてきたらその中の「設定」をタップ。すると下記画面に、


 daretodemoteigakupapuri1.png


 ここでは「Bluetooth設定」をタップ。すると、


 daretodemoteigakupasuapuri2.png


 この画面では「Bluetoothデバイス選択」をタップ。下記画面になります。


 daretodemoteigakupasuapuri4.png


 この画面になったら、上記の方法で「だれとでも定額パス(WX01TJ)」をペアリングモードにしてください。そうしたら下のほうにある「デバイス検索」をタップ、しばらくすると選択可能なデバイスとして「WX01TJ」が現れるはず。それをタップしてあげればペアリングは完了です。「GALAXY NOTE」では特にダイアログも出ず、「GALAXY NEXUS」では接続確認のダイアログが出て「はい」を押す必要がありました。


 もし、うまくいかない時は他のスマホとのペアリングが解除されていないからかもしれません。下記のペアリング情報の消去を実行してください。
 
③再接続の仕方

 説明書には『再接続するには電源ON時に電源ボタン短く押せ』なんて書いてありますが、「だれとでも定額パス(WX01TJ)」のファームウェアを最新のものに更新したら「節電モード」の状態でもかなり自動的に再接続を試みるようになっているという印象です。まだ短期間しか使っていないので定かではありませんが。


 いや着信ってのはいつなんどきかかってくるかわからないのですから、再接続するたびに操作が必要なんてのは困りますよね。この辺りは初期よりもかなり改善されている印象です。もちろんあくまでも「GALAXY NOTE」と「GALAXY NEXUS」だけで検証した結果ですが。
 
④ペアリング情報を消去する方法

 さて、「だれとでも定額パス(WX01TJ)」はマルチペアリング(複数のスマホに同時に登録すること)に対応していません。一度に登録できるスマホは一台だけです。なので複数のスマホでも試したい私のようなマニアックな方はこの操作が必須になります。
 
操作方法

 電源OFFの状態から電源ボタンを長押します。するとBluetooth状態表示ランプ(右側)が橙色に点滅を始めるはず。その段階で1回電源ボタンを短く押す。これでペアリング情報は初期化されます。しばらくしてBluetooth状態表示ランプが赤く点灯→消灯→赤く速く点滅を始めたら成功です。Bluetooth状態表示ランプ(右側)赤く速く点滅している状態がどのスマホともペアリングがなされていない状態ですから。


 とりあえず上記のことがわかれば「だれとでも定額パス」を使うことができると思うのですが。・・・こりゃ覚えること多すぎるわ。本当に初心者向きではありません。


 かなり長くなりました。実際に使ってみてのレビューは今度ということで。ただ積極的に使おうとしないとあまり使う機会がないかも。私はすでにau回線とだれとでも定額付きPHS主回線を持っているのですから。


 では。
 

 ウィルコムネットショップ



 
付録

 
取扱説明書
 
 WX01TJの正式な取扱説明書のダウンロード先のご紹介。もっとも読むともっとわけわからなくなるかもしれません(笑)
 http://www.tjc-jp.com/product/wx01tj/manual.html
 
仕様表

 WX01TJ仕様表
 質量 約32g
 フル充電時間 約2時間
 連続通話時間 約3.5時間
 連続待受時間 約250時間
 電話帳 ペアリングしたスマートフォンの連絡帳を利用
 Bluetooth ◯(Bluetooth®標準規格Ver.2.1+EDR準拠)
 
充電器

 充電器は「SW-AC02-MU」(イエデンワ用ACアダプタ)を使ってくださいと説明書にはかいてありますが、とりあえずこの型番のACアダプタはすでに取り扱い終了品です。


 TJCのホームページには替りに「AC01-MU-K」を推奨と書かれています。このアダプタは「ウィルコム用充電ACアダプタ01」として多くのウィルコム製品に付属しているアダプタです。これを使って充電するのが良いでしょう。ウィルコムネットショップで1440円で手に入ります。


 といってもこのアダプタ「AC01-MU-K」の出力は1.0Aなので他のアダプタでも同じ出力でMicroUSB端子のアダプタならまず大丈夫です。もちろん保証は出来ませんが。


 ウィルコムネットショップ

 
 
関連記事
web拍手 by FC2
応援してくれるとありがたいです
にほんブログ村 携帯ブログへ
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

kftv21

書いている人:kftv21

 ただの携帯好きです。

スポンサードリンク
Lc.ツリーカテゴリー