ガジェット好きの戯れ言 ATOK PASSPORTを契約してみた【その3:様々なAndroid端末にインストール】
サンプル
~金なし携帯好きが好き放題語ります~

ATOK PASSPORTを契約してみた【その3:様々なAndroid端末にインストール】

 今回も「ATOK PASSPORT」ネタです。前回、前々回はこちら


 ATOK PASSPORTを契約してみた【その1:契約方法/Windows版で使えるようにする】


 ATOK PASSPORTを契約してみた【その2:Android端末で使えるようにする】


 さてこの「ATOK PASSPORT」、1ライセンスでWindows、MAC、Androidといったプラットフォームをまたいで10端末までインストールすることができます。


 今回は動作検証も兼ねて手持ちのAndroid端末に片っ端からインストールしていきましょう。


 
docomoの端末

 
GALAXY NOTE(SC-05D:Android4.1.2)

 こちらは前回で動作確認がとれています。なので割愛
 
GALAXY NEXUS(SC-04D:Android4.2.2)

 インストール方法はGALAXY NOTEと全く同じ。問題なく動作しています。


 ATOK_NEXUS.jpg
 
P-01D(Android2.3.4)

 このブログではおなじみのP-01Dにもインストールしてみました。


 ATOK_p-01D.jpg


 問題なく動作します。
 
GALAXY TAB(SC-01C:Android2.2)

 今度はまだAndroid2.2のままのGALAXY TABです。
 ATOK_GALAXYTAB.jpg


 問題ありません。
 
GALAXY S(SC-02B:Android2.2)

 今度はGALAXY TABと同時期に発売されたGALAXY S。
 ATOK_GALAXYS.jpg


 全く問題なく動作します。
 
Arrows TAB LTE(F-01D:Andorid4.0.3)

 なんでこんな端末持っているのか?と言われると困るのですがArrows TAB LTE(初代)です。・・・本当に買って後悔しています。まあせっかくのLTE対応なのですから少しいじってあげたいのですが。


 ATOK_F-01D.jpg
 

 ATOKは問題なく動作します。もっともこのサイズ(10.1インチ)のタブレットならばQWERTY配列のほうがいいでしょう。


 ATOK_F-01D2.jpg


 4段配列(最上段に数字キーが並ぶ)が使いやすいです。
 
au 端末

 docomoと違ってauのAndroid端末はあまり持っていません。HTC製の端末なんかは是非ほしいと思っているんですがね。
 
IS14SH(Android2.3.5)

 まずは今や絶滅危惧種になった感のあるハードキー搭載端末「IS14SH」です。紹介記事はこちら


 IS14SHを購入した


 ATOKの動作はというと・・・。
 
 
 ATOK_IS14SH.jpg


 問題なくインストールは出来るのですが、端末をスライドさせた状態では文字入力の場面になってもATOKの代名詞「フラワー入力(ジェスチャー入力)」画面が出てきません。まあそれ使っちゃうとなんのためのハードキー付端末なのかわからなくなってしまいますが。


 もっとも設定でソフトウェアキーボードを出すように変更もできます。「設定」>「言語とキーボード」>「ATOK PASSPORTの設定」>「キーボード共通」と辿って、「ハードキーボードを優先」のチェックを外せばOKです。


 では閉じたらどうなるか・・・。


 ATOK_IS14SH2.jpg


 「フラワー入力(ジェスチャー入力)」ではなくフリック入力方式になっています。どうやら初期状態ではフリック入力方式が選ばれているよう(私の環境によるのかもしれません)。こちらも設定で「フラワー入力(ジェスチャー入力)」に変更できます。「設定」>「言語とキーボード」>「ATOK PASSPORTの設定」>「入力方式」で「ジェスチャー入力」選択してください。


 下記画面は「ハードキーボードを優先」のチェックを外してさらに「フラワー入力(ジェスチャー入力)」に切り替えたときの画面。スクリーンショットだけではわからないですけど端末をスライドさせハードキーを出した状態です。


 ATOK_IS14SH3.jpg

 
 
IS01(Android1.6)

 今度はauスマホの歴史からなかったことになっている「IS01]です。「ATOK PASSPORT」のインストールも無理だろうと思っていたらできてしまいました。「ATOK」いつの間にか「IS01」に対応していたようです。昔は対応していなかったのですが


 ATOK for androidTrial終了と正式版発表について2011年06月28日


 私の認識はこの時のままでした。しかし「ATOK PASSPORT」が使えるとなると文字入力はAndroid端末最強を誇るこの端末。また使ってあげたくなってしまいますね。もっとも初期も初期のガラスマ(国産スマートフォン)なので挙動は非常に不安定。久しぶりにいじっていたら2回も勝手に再起動しました。


 さて「IS01」でも「ハードキーボード優先」のチェックを外すことで、「フラワー入力(ジェスチャー入力)」が行えます
 

 ATOK_IS01_2.jpg


 縦画面でしか動作しないアプリを使うときは役に立つでしょう。使うことがあればですが・・・。
 
ソフトバンク・ウィルコムの端末

 
WX06K(ウィルコムハニービースマホ:Android2.3.4)

 こちらの機種は前回動作確認がとれています。なので割愛
 
001DL(ソフトバンク DEL Streak:Android2.2.2)

 久しぶりひ引っ張り出してきたこちらの端末、セットアップしようとしても、なぜかAndroidマーケットのままでGoogle Playに更新されない。しかも登録されているアプリが少なすぎるしダウンロードもできない。


 ATOK_STREAK1.jpg


 こんな感じです。以下のサイトを参考にしてもだめ。ソフトウェアの更新をしてもだめ。


 AndroidマーケットアプリをGoogle Playストアにアップデートする方法


 どうやらGoogleアカウントとAndroidマーケットの連携がとれていないみたい。Googleアカウントのパスワード変更が反映されていないようです。普通ならログインできませんでしたとくるはずなのですが。起動させたのが2年ぶりぐらいだからでしょうか(苦笑)


 仕方ないのでオールリセット。Googleアカウントにログインし直してみました。すると「Androidマーケット」が「Google Paly」に更新され、無事「ATOK PASSPORT」をダウンロードできました。


 ATOK_STREAK3.jpg


 後のセットアップは他の端末と同じ。
 

 ATOK_streak2.jpg


 
「ATOK PASSPORT」Android版のアンインストール方法

 さて調子のってインストールしていたら、Android端末だけで10端末になってしまいました。愛機のネットブックにインストールした分を合わせると11端末にインストールしていることになってしまいます。これはイカン。というわけでどれかをアンインストールする必要がでてきました。


 どの端末のATOKをアンインストールするか・・・。即決でDELL Streakに決定(笑)。だって一番使わない端末だから。


 アンインストール方法は簡単。「設定」>「アプリケーション」>「アプリケーションの管理」>「ATOK」>「アンインストール」で削除できます。削除した後はデフォルトで設定されているIMEに自動的に変更されます。


 Android4.x系列では「設定」>「アプリケーション管理」>「ATOK」>「削除」でアンインストール(GALAXY NOTEの場合)


 Androidのバージョンや機種によって少し差異はあるようですが、おおむねこんな感じでしょう。


 しかし「ATOK PASSPORT」の登録の際には「10端末までしかインストール出来ません」なんていう注意書きもなにも出ませんでしたが・・・。JUST SYSTEMさんどうやって確認しているんだろ。
 

 さてこんなところです。たくさん持っていますね私・・・。もっともほとんどがAndroid2.X系列で最新のものがありません。「HTC J ONE」や「NEXUS5」なんかは是非欲しいと思っているのですが。


 次回はWindows8.1などWindows7以外のWindowsにインストールしてみましょう。ちなみに私はMACは持っていませんのであしからず。


 では。


 
 
関連記事
web拍手 by FC2
応援してくれるとありがたいです
にほんブログ村 携帯ブログへ
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

kftv21

書いている人:kftv21

 ただの携帯好きです。

スポンサードリンク
Lc.ツリーカテゴリー