ガジェット好きの戯れ言 ATOK PASSPORTを契約してみた【その4:Windowsで使う・ATOK パレットを使う】
サンプル
~金なし携帯好きが好き放題語ります~

ATOK PASSPORTを契約してみた【その4:Windowsで使う・ATOK パレットを使う】

 以前の記事で手持ちのAndroid端末に片っ端から「ATOK PASSPORT」をインストールしてみました。今度はWindowsPCに片っ端からインストールしてみましょう。ではさっそく。


 
Windows8.1の場合

 「ATOK PASSPORT」のインストールの仕方はWindows7と変わりません。なので以前の記事をご覧ください。ただWindows8(8.1)では「言語バー」というものがデフォルトでは表示されません。「言語バー」を表示させるには以下のようにします。参考はこちら(JUST SYSTEMS 公式FAQ)


 Winodws8.1からついたスタートボタンを右クリックして「コントロールパネル」>「時計、言語、および地域」中から「入力方法の変更」をクリック。もしコントロールパネルの表示をクラシック形式にしている場合は「コントロールパネル」>「言語」と辿ります。


 下記画面になったら、黒く囲ってある「詳細設定」を選択


 JP.jpg


 入力方式の切替えの項目の「使用可能な場合にデスクトップ言語バーを使用する」にチェックを入れると言語バーが使えるようになります。


 Jp2.jpg


 ただしデスクトップ画面でのみ「言語バー」はつかえます。「スタート画面」(metro UI)では使えません。
 
Windows7の場合

 Windows7については以前の記事で動作確認しています。故に割愛
 
Windows Vistaの場合

 動作確認をしようにもVistaみたいな「ごみOS」をインストールしてあるPCなんて・・・あるなぁ。「WILLCOM D4」です(笑)。
 
 
 インストールの手順はWindows7と変らない「はず」。「はず」というのはあまりの使いにくさでインストールするだけで手一杯。この端末はポインティングデバイスを使いこなせないと本当にストレスがたまります。とりあえず手順はWinodws7と全く変りません(手順はこちら)


 そこで思いついたのがリモートコントロール。「WILLCOM D4」はVista Home premiumなのでリモートデスクトップのホストにはなれません。そこで「TeamViewer」を使いましょう。「TeamViewer」の使い方などは割愛


 というわけで接続してみました。下記画像です。大画面でマウスが使えるので操作が楽なこと楽なこと。しかも「WILLCOM D4」よりネットブック(NEC Lavie Light BL350/E)のほうが静かなのでますますらく。


 ATOK_Vista.jpg


 上記画像の左下を切り取ってみました


 ATOK_Vista2.jpg


 「言語バー」が二つ並んでいます。上がWindows Vista、下がWindows7の「言語バー」です。どちらも並んでいる項目はほとんど変らず。Vistaと7ではインストールから使い勝手、「言語バー」の表示までほとんど変りません。
 
WinodwsXPの場合

 2014年4月9日のサポート終了が近づいているXPにもインストールしてみました。マシンは懐かしのSOTEC製(AthlonXP搭載)。インストールや使用開始の手順はWinodws7の時と変りません。なので以前の記事をご覧ください。

 
 ATOKXP.jpg


 これまた「TeamViewer」越しにSOTECマシンをのぞいています。


 この左下を切り取ってみます。


 ATOKXP2.jpg


 上がXPのATOKが動作している様子。下がWinodws7のATOKが動作している様子です。ATOKの状態の表示の仕方が違っていますが、これはXPが「ATOK パレット」で表示しているのに対して、Winodws7は「言語バー」で表示しているからです。これについては後述するとしまして、XPでもATOKはきちんと動作するようです。


 しかしこれでまたATOKをインストールしている端末が「10」を超えてしまいました。このままだとライセンス違反なのでどれかをアンインストールしなければ・・・。即決で「WILLCOM D4」とSOTECマシンに決定。だって使わないもの(笑)。


 しかし「ATOK PASSPORT」ってどうやってインストールされている機種が10端末を超えているのか判断しているんだろ?
 
ATOKの状態を「ATOK パレット」で表示する

 
「言語バー」ってなんだ?

 さて先ほど述べました「言語バー」と「ATOK パレット」について。上では「言語バー」、「言語バー」とさらっと言っていましたが、「言語バー」とはいったいなんなんでしょう。


 実は「言語バー」とはWindowsに標準で備わっているもので、Winodws XPでは「ctfmon.exe」というプログラムに実装されている機能の一部分です。同様の機能はWindows Vista/7/8では「TextServicesFramework monitor」というタスクを呼び出して実現しています。


 「TextServiceFramework(テキストサービスフレームワーク)」てなんじゃい?といえばMicrosoftが用意した汎用テキスト入力フレームワークのことです(Wikipediaより)。ますます???なのですが、この汎用というのが重要でこのサービスによりWinodwsは日本語以外の他の言語を言語パックをインストールすることで楽に取り扱うことができたり、音声入力、手書き入力といった入力方法にも対応できるようになっています。


 というより、そもそもこの「TextServiceFramework(テキストサービスフレームワーク)」は日本語環境のために専用に用意されたものではありません。音声入力や手書き入力は非日本語圏でも重要なものですから。なので同様にその一部である「言語バー」も日本語入力のためだけに用意されたものではありません。


 さて話をATOKに戻しまして「ATOK PASSPORT」のもととなる「ATOK for Windows 2013」をインストールするとデフォルトで「テキストサービスを使用する」という設定になっています。ここでいう「テキストサービス」とは上記で述べた「TextServiceFramework(テキストサービスフレームワーク)」のこと。なのでその機能の一部である「言語バー」が当たり前のように最初に表示されることになります。その中の入力方式の一つとしてATOKが統合されているということですね


 ですので「言語バー」ではなく「ATOK パレット」を使えるようにするには、まずこの「TextServiceFramework(テキストサービスフレームワーク)」の使用をやめなくてはいけません。この手順が結構めんどくさい。
 
Winodws Vista/7/8でATOK パレットを使えるようにする

 ここからのお話はジャストシステムのサポートにも載っているお話になります、こちら


 
  1. まずは「言語バー」のload.gifを右クリックして「プロパティ(環境設定)」をクリック。


     ATOKPALLET1.jpg
     

     
  2. 入力・変換タブの入力補助ー特殊をクリック。そしたらその画面のテキストサービスの詳細設定をクリックします

     
     ATOKPALLET3.jpg


     
  3. これでテキストサービスの使用の有無をきかれますので「テキストサービスを使用しない」にチェック


     ATOKPALLET4.jpg


     
  4. 再起動が求められます。これがめんどう。なので「言語バー」と「ATOK パレット」を使い分けるのはかなり大変です。


     
  5. 再起動したらこんどは「入力・変換」タブの表示をクリック。そのページの「ATOKの状態を言語バーで表示する」のチェックを外します。


     ATOKPALLET5.jpg

     
     これで「ATOK パレット」が使えるようになりました。


     ATOKPALLET7.jpg


     
上記画像は上がTeamviewerで覗いているWindows Vista、下がリモートアクセスしているWindows7です。


 ATOKプロパティにも「パレット」というタブが追加されました。


 ATOKPALLET6.jpg
 
 
ジャストシステムのサポートにも書いてあるようにテキストサービスを使用しない設定にしているとWindows ストアアプリ上で「ATOK」が使えなくなるそうです。なのでWindows8では「テキストサービスを使用する」の設定にしていた方がいいようです。いいかえると「ATOK パレット」を使うのはあきらめてねってことですね(苦笑)

 
Winodws XPで「ATOK パレット」を使えるようにする

 Windows XPの場合、上記の1、2の手順をやっても下記の画面のように「テキストサービスの詳細設定」がグレーになって押せません。


 ATOKXP3.jpg

 
 なので5の手順だけで大丈夫です。


 
終わりに

 これでこの記事を終了にしたいと思います。なんだか各機種の動作検証と言うより、「言語バー」の解説みたいになってしまいました。ただWindows8になって「言語バー」も標準では表示されない、「TextServiceFramework(テキストサービスフレームワーク)」を使用していないとWindowsストアアプリで「ATOK」が使えないなど、かなり日本語入力システムというものは変化しているようです。


 日本語入力システム周りというのはバグの多いところなので、Microsoftとしてもなるべく「TextServiceFramework(テキストサービスフレームワーク)」に統一して入力システムを使って欲しいのかもしれません。


 ちなみに「言語バー」がいきなり見えなくなるというのは上記の「TextServiceFramework(テキストサービスフレームワーク)」が影響していることが多いそうです。お悩みの方はググってみてください。


 
番外:Winodws Meで使う

 動作対象機種ではないWindows Meにも試してみました。FMV Biblo(AMD Duron:メモリ128MB)です。


 ATOKME1.jpg


 失礼しました・・・。


 では。
 
 
 

 
関連記事
web拍手 by FC2
応援してくれるとありがたいです
にほんブログ村 携帯ブログへ
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

kftv21

書いている人:kftv21

 ただの携帯好きです。

スポンサードリンク
Lc.ツリーカテゴリー