ガジェット好きの戯れ言 G'zONE TYPE-Xを外装交換に出してみた。
サンプル
~金なし携帯好きが好き放題語ります~

G'zONE TYPE-Xを外装交換に出してみた。

 こんにちは。今回は「G'zONE TYPE-X」を外装交換してみたというお話。


 以前に外装交換してみたいというお話は記事にしました。


 G'zONE TYPE-Xの電池が持たなくなりました。


 その後諸事情があり延び延びになっていましたがようやくショップに持ち込むことが出来ましたのでご報告を。
 
外装交換に至る経緯

 私の愛機「G'zONE TYPE-X」、購入して3年以上経過しました。まだまだきれいな状態とは思うのですが、それでもよくみるとネジの部分の塗装が剥げていたり、クレードルとの接点部分に錆が浮いていたり、ヒンジ部分が少しガタついていたりとやはりそれなりにはよれてきています。


 まあ何度も・・・というより何十度も落としていましたからね。それに台風の中でも自転車通勤で持って行ったりしていましたし。そりゃガタついたり、錆が浮くのも当たり前。ここで一度外装交換に出してみてもいいタイミングだと思いました。それに私は外装交換というのは初めてですので一度試してみたかったというのもあります。
 
安心ケータイサポートと安心ケータイサポートプラスの違い

 さて外装交換なんですが基本的に保証外の修理になります。なので普通にやると結構お高い・・・と思われます。ただ「安心ケータイサポート」に加入していれば5400円を上限として実行することが可能。というのがフィーチャーフォン全盛時代の常識でした。


 ところがスマホ時代になってから少なくともauに関しては外装交換というサービス、あまり話題になることも少なくなりました。それというのも「安心ケータイサポート」というサービスが受付終了になったから。今は「安心ケータイサポートプラス」、「安心ケータイサポートプラスLTE」というサービスに衣替え・・・というか超絶改悪しています。少しまとめてみました。


 B-570.jpg


 本題とは離れるので詳しく解説しませんが修理代金が軒並み上がっています。外装交換については公式ページを見た限りいくらなのかわかりませんでしたが、「安心ケータイサポートプラス」に加入していても5400円から上限10800円かかると考えるのが自然でしょう。


 また電池パック無料進呈や無事故ポイントバックといった特典が廃止されているので、3年加入して電池パックを2個もらい無事故のポイント3000(3年分)を外装交換の原資とするみたいな使い方もできなくなりました。それがあまり外装交換という話を聞くことがなくなった理由ではないかと想像しています。
 
G'zONE TYPE-Xの外装交換

 さて、上述したように既に「安心ケータイサポート」の新規受付は終了しています。ただ以前から加入していた方は「安心ケータイサポート」の特典を変わらずに受けられます。なので「G'zONE TYPE-X」の外装交換も5400円を上限として可能なはず。

 
 ただ「G'zONE TYPE-X」は既に携帯事業から撤退しているCASIOの製品ですから、今もやっているのかちょいと不安。持ち込んだショップの店員さんも自信なさげに本部の方に問い合わせていました。問い合わせた結果は大丈夫なんだそうで。それでショップに預けてきました。
 
外装交換に当たっての注意点

 修理に出すときの注意点と同じなのですが、データが消える可能性がありますのでデータのバックアップや退避が必須です。特にめんどくさいのがおサイフ。私はモバイルsuicaとEdyを使っていましたが、suicaは「Xperia ZL2」の方に残額を移し、Edyは残額を使い切ることで対処しました。


 ただモバイルsuicaをXperiaに移す際には「G'z ONE TYPE-X」側でデータ通信が必要になります。ところがau WiFi WINのサービスは既に終了していますのでパケット代が400円ぐらいかかってしまいました。残額160円を移すのに400円のパケット代を払うのは明らかに無駄。


 なのでEdyは無理して移行するのではなく使い切るという対処をすることに。au WiFi WINは使い勝手が良かったなぁ・・・。
 

 おサイフサービスの移行については各サービスで取り扱いが異なる部分も多いようなのでかなり面倒。ただ修理に出すときの手続きは基本的に機種変更の手続きと同様です。


 機種変更などの手続き:おサイフケータイ®
 
帰ってきたG'zONE TYPE-X

 さて、預けて待つこと一週間、修理完了との知らせが。思ったより短かった。


 ところで修理代金は請求とまとめてもよし、ショップで取っ払いでもいいんだそうです。私は溜まっていたポイントを使って2000円位をショップに払って引き取ってきました。さて帰ってきた「G'zONE TYPE-X」、びっくりしたのは本当に新品のようになったこと。例えば・・・


 589_1.jpg


 ここはクレードルとの接点部分。ここに錆が浮いていたのですが綺麗になっています。後ヒンジ部分のガタツキも治っていますし、液晶には保護シールがはられた状態で戻ってきました。


 少なくとも目に見える部分に関しては新品と区別がつきません。これだと新品と謳ってオークションに出してもわからないレベル。・・・いや売らないですけどね。


 これでまだまだ戦えそうです。
 
安心ケータイサポートを外す

 これで外装交換も無事終了。ただもう一つやることが残っています。それが「安心ケータイサポート」を外す作業。すでに電池パックを2個もらったのでもう外してもいいでしょう。これで月々324円の節約になります。外すのはショップで簡単に手続きしてもらえます(PCでは不可)。端末の引取ついでに外してもらいました。
 
外装交換を終えて

 すっかり綺麗になった「G'zONE TYPE-X」上述したようにこれでまだまだ戦える。しかしこのケータイは本当にタフで何十回も『ゴツンゴツン』と落としているのに塗装が少しハゲるぐらいのダメージしか喰らいません。


 逆に『ペチッ』と落としただけで画面が割れてしまったのが「NEXUS 5」


 NEXUS5_表


 脆すぎる・・・。


 では。


 

  


 
関連記事
web拍手 by FC2
応援してくれるとありがたいです
にほんブログ村 携帯ブログへ
[ 2014/11/15 23:30 ] au G'zOne TYPE-X | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

kftv21

書いている人:kftv21

 ただの携帯好きです。

スポンサードリンク
Lc.ツリーカテゴリー