ガジェット好きの戯れ言 ジャンク品のTerastation Pro TS-HTGL/R5を復旧する
サンプル
~金なし携帯好きが好き放題語ります~

ジャンク品のTerastation Pro TS-HTGL/R5を復旧する

 今回は1000円で売られていたジャンク品のBUFFALO製NAS TeraStation Pro を復旧してみたというネタです。型番はTS-H1.0TGL/R5、調べると250GB×4本のHDDを搭載「していた」モデルのようです。


 http://buffalo.jp/products/catalog/item/t/ts-htgl_r5/


 「していた」と書いている通り手に入れた段階ではHDDは抜き取り済み。ですので起動するか否かが確認できないということで1000円という破格値で売られていたのでしょう。もちろん外観もぼろぼろです。というかバキバキ。
 
NASとは

 NASとはなんなのか簡単にご説明を。NASとはNetwork Attached Storageの略でネットワークに接続するストレージのことです。主たる用途はバックアップ用途やファイルサーバ用途といったところでしょうか。ネットワーク経由で接続するのでどの端末からでもアクセスできるのがメリットですね。


 もちろんバックアップ機能やファイルサーバ機能は通常のPCにOSをいれて適切な設定をしても十分利用可能です。にも関わらずNASという商品が存在するのは、それらの機能に特化する分不要な機能を省き設定が簡単にできるというメリットがあるからでしょう。


 NASも様々な種類があり家庭向の1万円台から企業向けならば10万以上、大規模向けとなれば100万以上も当たり前といった具合に幅広いです。今回手に入れたTeraStation Pro TS-H1.0TGL/R5は発売当時74800円 小規模企業向けのエントリーランクNASと言った位置づけでしょうか。
 
起動してみる

 まずはどんな状態なのか試すため起動してみます。では電源ON・・・う~んファンは回りますがHDDが入っていないためエラーをはいてそこまでです。まあ当たり前ですが。


 そこで今度は試験用に調達した80GB SATAHDDを4台接続してみました。この状態でまた起動・・・今度は「TFTP MODE E06 Lost Boot Image」となりそれ以上すすみません。


 玄箱などではこの状態でEMモード(基板上のFlash ROMから最低限のOSが起動している状態)に移行してセットアップディスクからOSを再構築できるのですが、TeraStationでは無理なようです。なのでまずはBootに必要なファイルを送り込みEMモードに戻すところから始めます。
 
復旧方法

 ネットで調べると結構復旧を試されている先人の方たちがいらっしゃるようです。そちらのサイトを参考に復旧をこころみてみました。
 
HDDを用意する

 SATAのHDDを4台用意しておいてください。私は試験用として400円で売られていた80GBの中古HDDを4つ調達しました。容量不揃いでも可能なのかどうかは未検証です。おそらく大丈夫だとは思いますが。


 またHDDはすべてパーティションを削除しておいてください。パーティションがあるとファームウェアの更新に失敗します。
 
必要なツールをダウンロードする

 OSを復旧するためのファームウェアアップデータをBUFFALOのサイトからダウンロードします。
 

 TS-HTGLシリーズ ファームウェア アップデータ Ver.1.35


 続いてセットアップツールNAS Navigater2をダウンロードします。うまく復旧できたら設定用に必要になります。


 http://buffalo.jp/download/driver/hd/nasnavi.html#1

 
 本来であればそれだけでいいのですが今回は設定用PCからデータを送り込むためのツールも必要です。私はTFTP Boot Recoveryツール(TFTP Boot TS-HTGL-R5 1.20.exe)というものを使用しました(ちょっとアンダーグラウンドな感じなのでリンクは避けます)。こちらはPC上にTFTPサーバを建てられるソフトを使用することでも代用は可能ではないかと思います。
 
下準備

 
  1. TFTP Boot Recoveryツール(TFTP Boot TS-HTGL-R5 1.20.exe)を解凍します。
     
  2. ダウンロードしたファームアップデータを実行(解凍)します
     
  3. 解凍したなかにあるinitrd.imgをinitrd.img.zipと名前変更しそれを解凍する。するとinitrd.buffaloができるはずです。解凍する際パスワードを聞かれるのでぐぐって調べてみてください(やはりちょっとアンダーグラウンドっぽい)。それをTFTP Boot Recoveryツール(TFTP Boot TS-HTGL-R5 1.20.exe)を解凍して出来たフォルダのなかの同名ファイルと置き換えます。
     
  4. やはりファームアップデータを実行(解凍)することによりできるUimage.buffaloをTFTP Boot Recoveryツール(TFTP Boot TS-HTGL-R5 1.20.exe)を解凍してできたフォルダの同名ファイルと置き換えます。

 
TeraStationと上記データを送り込むPCを接続する

 TFTPモードとなっているTerastationのIPアドレスは192.168.11.150となっています。そこで送り込むPCのIPアドレスも同じネットワークレベルに変更する必要があります。送り込むPCのネットワークを変更するのはOSによって異なりますが一般的にはネットワークアダプタのプロパティを選択し下記の画面を表示させます。

 
 IPhennku.png


 囲ってある部分を選択してプロパティボタンを押すと

 
 IPhennku2.png


 ここで下記のIPアドレスを使用するにチェックしIPアドレスは「192.168.11.1」とサブネットマスクは「255.255.255.0」と入力したらOKを押して完了です。


 次にTeraStationとPCをLANケーブルで直接接続します。
 
データを送り込む

 TeraStation を起動したら、TFTP Boot TS-HTGL-R5 1.20.exeを解凍して出来たフォルダ内のTFTP Boot.exeを起動させます。後は特にやることはなく自動的に転送は終了。自動的にシャットダウンとかはしなかったと思うので一旦電源を切って再起動させてください。これでEMモードで起動するはずです。
 
ファームウェアをアップデートする

 次はTS-HTGLシリーズ ファームウェア アップデータ Ver.1.3を解凍してできたフォルダ内のTSUpdater.exeを起動し、ファームウェアを更新します。万一途中で失敗した場合は4台のHDDを一回TeraStationから取り外し、PCにつないでパーティションを削除し、TETP Boot.exeでデータを送り込む手順をやり直す必要があります。一旦パーティションが作成されてしまうともうファームウェアのアップデートはうまく行かなくなりますので。
 
無事復旧

 ファームウェアの書き換えが終わり再起動が済むと、無事復旧しているはずです。DHCPクライアントが有効になっていますのでDHCPが動作している環境であればIPアドレスも自動的に割り当てられています。あとは前もってダウンロードしておいたNAS Navigater2を起動させればネットワーク上のTeraStationにアクセスできますので設定をすればNASとして使用が可能になります。


 IPhanku_20160709194028943.png
 
終わりに

 というわけで無事復旧したTeraStation Proですが、80GB×4 RAID5で実効容量約240GBではファイルサーバとしてはさすがに役立たずです。とりあえず使えることがわかったのでHDDを載せ替えたいのですが、4台ないと使えないため手持ちが足りません。製品ラインナップを見る限り2TB×4までは認識しそうな予感がします。3TBはおそらく2.2TBの壁で無理ではないかと。


 1TB~2TBのHDDで再構築する予定です。

 
 
 
参考リンク

 今回の記事は以下のブログを参考にしました。作者様ありがとうございます。
 
 
 TeraStation Livingのハードディスク交換方法

 
 Terastation Pro (ts-htgl/r5)のリカバリ

 
 死んだTerastationPROを復活&Linuxサーバ化:前編

 
 では。


 
web拍手 by FC2
応援してくれるとありがたいです
にほんブログ村 携帯ブログへ
[ 2016/07/09 23:00 ] NAS | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

kftv21

書いている人:kftv21

 ただの携帯好きです。

スポンサードリンク
Lc.ツリーカテゴリー