ガジェット好きの戯れ言 シンクライアント+Voyage Linux(0.10.0)でPCオーディオを試してみる
サンプル
~金なし携帯好きが好き放題語ります~

シンクライアント+Voyage Linux(0.10.0)でPCオーディオを試してみる

 今回はシンクライアント+Voyage LinuxでPC-オーディオを試してみようと思います。


 主役は激安だったので3台購入してしまったHP製シンクライアントt5570(正確には1台はt5630w)。


 1台目は無理やり3TBのHDDを接続しArchLinuxをインストールしてファイルサーバとして運用しています。駆動部分がHDDしかないためなかなか快適に使えています。


 もう一台は前回、前々回でご紹介しましたが、Arch Linuxをインストールしhomebridgeサーバとして運用しています。こちらは駆動部分がゼロのため、やはり自室で常時起動しておく用途には最適です。


 スペックを要求しないサーバ用途としてはRaspberry Piがありますがそれよりも安価なのも〇。ストレージが標準2GBなのでインストールするOSはかなり限定されますが、USBメモリからのブートにすればそれも問題なくなりますね。


 で、最後の1台は安直ではありますがPCオーディオを試してみようと思います。駆動系がゼロというのは音楽用途にも最適でしょう。
 
OSの用意

 インストールするOSはVoyage MPD Linuxを選定しました。このLinuxの特徴はMPD (Music Player Daemon) を標準装備し、PC オーディオで高音質を得るためのチューニングが施されたいるところ。音を鳴らすため(外部からのコントロールも含め)の環境はインストールした段階でほぼそろっています。


 しかもLive Imageは非常にコンパクトで標準ではt5570に搭載されている2GB SSDにも余裕でインストール可能です。
 
Voyage MPD Linuxのインストール

 今回インストールしたバージョンは0.10.0ですが、バージョンによってインストール方法はかなり変わるよう。正確な手順は一緒に添付されているドキュメントを読むのが一番だと思います。
 
  1. ダウンロード
     以下よりダウンロードできます。
     http://linux.voyage.hk/voyage-mpd(2月19日現在なぜかアクセスできなくなっています)
     
  2. 起動
     Live ImageをUSBメモリに書き込んだら、USBメモリよりブートします。なおブート段階でSSHが起動していますので、IPアドレスがわかればTera Termなどからでもリモートでアクセス可能です。IDはroot、パスワードはvoyageとなります。しかしセキュリティ的に非常にまずいような。。。
     
  3. ログイン
     IDはroot、パスワードはvoyageです。
     
  4. IPアドレスを調べる
     下記コマンドでIPアドレスを調べます
       
    #ip -f inet addr

     
  5. インストール先のストレージの名称を調べる
     dmesgコマンドを使用します。
       
    #ip dmesg

     私の場合はsda:sda1でした。 
     
  6. インストール用の領域を作成する
     以下のように入力します
       
    #mkdir /tmp/root
    # mount -o loop /lib/live/mount/medium/live/filesystem.squashfs /tmp/root
    # cd /tmp/root
    # mkdir /tmp/cf

     
  7. フォーマットする
       
    /usr/local/sbin/format-cf.sh /dev/sda

     
  8. インストール開始
       
    /usr/local/sbin/voyage.update

     
  9. 質問の回答
    質問に回答していきますが、変更の必要があるのは4番目と6番目ぐらいではないかと思います。

       
    • 1番目-1(default)

    •  
    • 2番目-default

    •  
    • 3番目-2(default)

    •  
    • 4番目-9(Generic PC)

    •  
    • 5番目-3(default)

    •  
    • 6番目-/dev/sda

    •  
    • 7番目-そのままenter

    •  
    • 8番目-そのままenter

    •  
    • 9番目-4(default)

    •  
    • 10番目-そのままenter(grub)

    •  
    • 11番目-そのままenter(1)

    •  
    • 12番目-5(default)

    •  
    • 13番目-2(default)

    •  
    • 14番目-6(default)

    •  
    • 15番目-1(default)

    •  
    • 16番目-7(default)

    •  

     最後はOK to continue (y/n)?でインストールが開始されます。
     終了した後の質問は
     8(default)で終了です。
     

  10.  
  11. 再起動
       
    #reboot

 
Voyage Linuxの設定

 
  1. vi の変更を保存できるようにする
       
    # remountrw

     
  2. 時刻を設定
       
    # dpkg-reconfigure tzdata

     Asia → Tokyo
     
  3. bashrc の編集
       
    # vi ./.bashrc

    以下の行を追記する。
       
    remountrw
    mpd -kill
    /etc/init.d/mpd start-create-dbremountrw

     
  4. rootのパスワードを変更
    その他お使いの環境に合わせてセキュリティを整えてください
       
    #passwd

     
  5. ストレージの空き容量を調べる
    この段階でどのくらいストレージの容量を食っているか調べてみましょう。
       
    #df

       
    dev/sda1 1968620 435712 1432904 24% /

    なんと400MB程度です。ArchLinuxよりもさらに小容量ですね。
 
USB-DACを接続する

 オンボードのサウンドデバイスではさすがにPCオーディオを名乗るのはおこがましい気がします。そこで手持ちのUSB-DAC M-AudioのAudiophile USBを接続し、その出力を手持ちのAVアンプにつなげることにしました。

 
 もう10年以上まえに購入したものですがこれ以外に適当なものは持っていません。Windowsで使っていたときはドライバが不安定で非常に使いにくかったですがLinux ではどうでしょうか。
 
  1. USB-DACをt5570につなぐ
     
  2. デバイスを確認する 
       
    #cat /proc/asound/cards

     
     下記のように表示されあっけなく認識したことを確認。なお私の場合はBiosでオンボードのサウンド機能を無効にしてありますが、向こうでない場合は2種類表示されると思います。USB-DACの数字を確認しておいてください。
       
       
    1 [USBtm ]: USB-Audio - Audiophile USB (tm)
    M-Audio Audiophile USB (tm) at usb-0000:00:10.2-1, full speed 

     
  3. デフォルトのサウンドカードを設定する
    asoundrcというファイルを新規に作成します
       
    #vi /home/.asoundrc

     作成したファイルに以下を記載
       
    pcm.!default {
    type hw
    card 1
    }
    ctl.!default {
    type hw
    card 1
    }

    cardの後ろの数値はUSB-DACのものとしてください。

mdp.confの編集

  1. mpd.confの編集をします。
       
    #vi /etc/mpd.conf

  2. 以下の部分のコメントアウトを解除します(#を外す)
       
    port "6600"
    auto_update "yes"

  3. 以下を書き換えます
       
    audio_output {
    type "alsa"
    name "My ALSA Device"
    device "hw:1,0" # optional

    赤字を使用するUSB-DACの番号としてください。                     
  4. 音楽ファイル用ディレクトリの所有者をmpdにします変更
       
    #chown mpd -R /var/lib/mpd/music

  5. 音楽ファイル用のフォルダを作成する。
    homeにmusicというフォルダを作成します。
       
    #mkdir /home/music

  6. リンクを張る
    mpdのデフォルトの音楽ファイルディレクトリに対してリンクを張ります
       
    #ln -s ln -s /home/music /var/lib/mpd/music

    あとは/home/musicに音楽ファイルをいれるなり、ここをマウントポイントしてNASのディレクトリをマウントしてあげればいいでしょう。

音を鳴らしてみる

まずはコマンドから操作してみます。操作にはコマンドラインで使用するmpd クライアントmpcを使用します。こちらはすでにインストール済みとなっています。
  1. ディレクトリのファイルをプレイリストに追加
         
    mpc ls | mpc add

  2. 再生が始まります。
         
    mpc play


外部からコントロールする

 無事再生まで終了しました。結構いい音のような気はしますが、音に無頓着でハイレゾ音源なども持っていない私にはよくわかりません。ただ音楽を聴くのにコマンドを叩くというのは実際の利用方法としては現実的ではないと思います。そこで今度は外部からコントロールできるよう設定してみたいと思います。

 
 ただ長くなりましたのでこちらは次回ということに。


 では。


 

関連記事
web拍手 by FC2
応援してくれるとありがたいです
にほんブログ村 携帯ブログへ
[ 2017/02/19 20:00 ] シンクライアント | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

kftv21

書いている人:kftv21

 ただの携帯好きです。

スポンサードリンク
Lc.ツリーカテゴリー