ガジェット好きの戯れ言 Atheros Direct Connect(Wi-Fi Direct) ってなんだ?
サンプル
~金なし携帯好きが好き放題語ります~

Atheros Direct Connect(Wi-Fi Direct) ってなんだ?

 「NEC Lavie Light BL350」について、以前こんな記事を書きました。
 
 
 Baidu IMEってなに?

 
 「Baidu IME」についてはとやかく言うつもりはないのですが、初期状態でデフォルトになっているとさすがに怖い気がします。そんなわけで一度インストールされているソフトをチェックすることにしました。

 
 まずはソフトウェアナビゲータを起動、インストールされているソフトをチェックしていきます。以前記事にした「USB Duet」、後は「Luiリモートスクリーン(子機版)」、「パワーオフUSB充電機能の設定」などなかなか面白そうなソフトがインストールされているようです。それぞれさくっと解説。

 
 「USB Duet」--以前の記事をご覧ください

 「Luiリモートスクリーン(子機版)」ーーメインマシンに親機版をいれるとリモートでデスクトップを操作できます。メインマシンはNEC製に限るみたい。だったらVNCで十分ですよね。というかクラウドアプリ(EVERNOTE、DROPBOX、GMAILなど)が充実している今の状況であまり外出先からリモート操作って機会は私はあまりないです。
  
 「パワーオフUSB充電機能の設定」ーー文字どおり電源を落としているパソコンでもUSBポートをつかって携帯などに充電できるよう設定できます。これまではこれが出来るパソコンと出来ないパソコンがあったので、これは親切かも。

 
 ざっとこんなとこなとこですが、唯一ソフトウェアナビゲータにのっていないソフトウェアがあります。それでいて初期状態でタスクバーにアイコンがでている、つまりスタートアッププログラムに入っているソフトウェアがあるんです。それが「Direct Connect」です。正確には「Atheros Direct Connect」っていうみたい。

 
 ともかくどんなソフトなのかヘルプをみるとえらくかたくるしい日本語で説明がされています。要領をえないのでググってみると、わかりました。「Wi-Fi Direct」って機能みたいです。そういえばきいたことあるなって感じで。たしかWi-Fiをつかってファイルのやり取りをする規格じゃなかったかな。以前パソコン雑誌で読んだことあります。

 
 より色々調べて見ました。参考にしたのはこのサイト。

 
 Atheros Direct Connectを利用する 

 
 思っていた以上に色々なことができるようです。特に興奮したのは「インターネットの共有機能」。要は「NEC Lavie Light BL350」をアクセスポイントとして使えるってことですよね。


 「NEC Lavie Light BL350」のUSBポートにウィルコムコアアップグレード回線用のUSB端末HX008ZTを挿して、アクセスポイント化して使えるというのはかなり便利。covia 「CMR-250」はAC電源が使えませんから。

 
 ところが注意事項をよくよむとこんな一文が「LaVie Lightでは、インターネットを共有する機能は使用できません。」・・・プギャー!!一番使いたい機能が使えないなんて!


 ヘルプもよく読むと「インターネットの共有は、Windows 7 Starter エディションでは使用できません」なんて書いてあります。この時点でかなり興味は薄れてしまいました。ファイルのやり取りだけなら、BluetoothやDropBoxがありますからね。あまり意味がないです。一応BluetoothやAd Hocとの比較が下記サイトにありました。参考にしてください。

 
 新規格「Wi-Fi Direct」発表-KONURE

 
 ともかく一応一度はセットアップして試してみましょう。ただ長くなるのでそれは次回以降に。

 
 では!


 
関連記事
web拍手 by FC2
応援してくれるとありがたいです
にほんブログ村 携帯ブログへ
[ 2011/08/11 19:30 ] PC Lavie Light BL350/EW | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

kftv21

書いている人:kftv21

 ただの携帯好きです。

スポンサードリンク
Lc.ツリーカテゴリー