ガジェット好きの戯れ言 Google モトローラモビリティを買収
サンプル
~金なし携帯好きが好き放題語ります~

Google モトローラモビリティを買収

 なんかいまさらなニュースで恐縮なのですが、Googleがモトローラを買収するそうですね。なんでもモトローラは創業してから80年以上という老舗メーカーだそうで。それが新興も新興のGoogleさんに買収される。こういうダイナミックな買収劇が平気で行われるアメリカは本当に懐の深い国だと思います。
 
 
 一応特許を取得するのが目的といわれていますが、他にも色々なことがささやかれています。いわく最新技術がモトローラに優先して提供されて、他のベンダーさんがないがしろにされるのではないか、みたいなことですね。各ベンダーはよりいっそうの差別化が要求されるだろうと偉いアナリストさんがいっています。

 
 ただどうやって差別化していくんでしょう。私みたいな凡庸な人間にはスマートフォンでこれ以上なにをすればいいのかわからないんです。何しろいまだって、おサイフ機能やワンセグ機能などは使っちゃいないんですから。やることは外出先でネット見る、ブログの下書きを書く、メール・Twitterなどのチェック位です。時々ブログ自体をあげることもありますが。

 
 大切なのはどんなに高速なCPUをつんだって、斬新な機能を開発したって、それでいったい何をやるのってことです。前も書きましたが、どんなにスペックをあげたって結局今のパソコン業界みたいに喜ぶのはゲーマーさん等一部の人に限られるのではないかと。一般の人にとってはスマホのスペックは今のままでもう十分なんだと思います。むしろ必要なのは通信回線の品質ではないかなとも思っています。

 
 それともGoogleさんは否定していますが、GoogleさんもAppleさんみたいな垂直統合型ビジネスモデルに舵を切るんですかね。たしかにスマートフォンといっても所詮は携帯電話。Androidのセキュリティに疑念を抱く私としては、携帯電話にまでノートン先生とかのお世話になりたくはないんです。そんなのはパソコンだけで十分。私がガラケーとスマホの二台持ちを続けるのはそんな理由です。

 
 もしAppleさんに続いてGoogleさんも垂直統合型ビジネスモデルを志向するのであれば、他のベンダーさんもそれなりの対応を強いられるでしょう。今みたいなAndroid一辺倒ではやっていけなくなりますから、Windows Phoneの出番は増えるでしょう。webOSなんかも十分に市場に食い込めると思います。オープンソースのSymbian OSの復権すらありえるかもしれません。それはそれで面白そうだなと思っています。

 
 で、妄想をひとつ。auさんからKCP3.0プラットフォームを使ったスマートフォンの発売。auガラケーとの親和性が売り!・・・これはまあないわな(笑)

 
 今日はこれにて。 


 -追記-
 
 以前にも書いたのですが、またもや忘れていました。MeeGoの存在を。前の記事では先の見えないプラットフォームなんて書きましたが、GoogleがAppleの志向する方向に転換するのならば、MeeGoも十分出番ありだと思います。

 
関連記事
web拍手 by FC2
応援してくれるとありがたいです
にほんブログ村 携帯ブログへ
[ 2011/08/18 12:15 ] デジモノニュース | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

kftv21

書いている人:kftv21

 ただの携帯好きです。

スポンサードリンク
Lc.ツリーカテゴリー